ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

佐武虎若

さたけとらわか

アニメ『忍たま乱太郎』および、原作『落第忍者乱太郎』の登場人物。
目次 [非表示]

プロフィール

年齢10歳
血液型A型
星座魚座
所属学級一年は組
所属委員会生物委員会
CV小林優子
出身紀伊国
成績(アニメ第1期)教養16点、忍術20点、兵術20点

概要

佐武村の出身。火縄銃の名手・山田先生の指導を受ける為に、忍術学園に入学した鉄砲マニア。

大好きな火縄銃を持つと顔つきが変わる。重い火縄銃を扱うための筋トレを毎日欠かさず、約7kgの銃を平気で持ち上げることが出来る。

厳しくも子煩悩な父、佐武昌義(佐竹鉄砲隊の頭領)のもとで育ったが、虎若のあこがれの眼差しはもっぱら照星に向けられているため、昌義は度々拗ねている。照星が初登場した39巻以降、急激に見せ場が増え、要所要所で活躍している。


アニメ設定では、将来は火縄銃の研究ができる城勤めの忍者を希望している。

忍たま長屋では団蔵同室。教室では、団蔵と金吾同じ席(アニメ初期は、ごんべえ音吉、金吾にそっくりな少年が金吾の代わりにいたこともあった)


余談

第7期第8話「恐怖の用具委員の段」にて、以前は三治郎と共に用具委員会に所属していたことが語られている。


アニメ第1期のごく初期は色白でほっぺが赤く、口調もややあどけなかったが、第11話Bパート「合同授業の段」から改められ、現在のデザインとほぼ同じものになった。

だが三治郎同様、しばらくはセリフがほとんどなく、第13期でのカービン銃のエピソードでスポットライトが当たるまで、一年は組でもっとも地味なキャラだった。

その扱いの変化は、第4期が放送されていた1996年公開の映画版第一作と、2011年に第19期放送に先駆けて公開された二作目を比較するだけでも容易に見てとれるほど。

(上映時間に30分近い差があるとはいえ、前者では庄左ヱ門兵太夫、金吾と一緒に行動しているのに一人だけ画面の外で台詞を発していたり、3人の陰に隠れてその場にいないように描かれてしまったり……。後者では、火器絡みのシーンなどで重要な役割を果たしている)


関連イラスト

未来の狙撃手照星さん大人気


関連タグ

忍たま乱太郎 落第忍者乱太郎

忍術学園

一年生 は組

佐武鉄砲隊 佐武昌義(父)

虎若




関連記事

親記事

一年は組 いちねんはぐみ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1724786

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました