ピクシブ百科事典

山田伝蔵

やまだでんぞう

『落第忍者乱太郎』および、アニメ『忍たま乱太郎』の登場人物。
目次[非表示]

プロフィール

年齢46歳
血液型A型
星座蟹座
担当学級一年は組(実技担当)
CV大塚周夫(第23シリーズ第21話まで)→大塚明夫(第23シリーズ第26話から)
寺島進(実写映画版)、螢雪次朗(夏休み宿題大作戦!の段)
出身氷ノ山


概要

忍術学園一年は組の実技担当教師で、ギターの弦のような眉毛とダリ髭が特徴。
既婚者で、家族は妻(名前は不明)と息子の利吉、ペットの狂暴な猫がいる。
忍術学園の単身赴任は10年にも及んでおり、たまにしか家に帰らないので家族からたしなめられることもしばしば。
特に妻は様々な嫌がらせの贈り物をしたり、忍術学園で大ゲンカしたりもしたが、全て愛情あってのこと。何だかんだで仲は良好で、なかなかの愛妻家でもあるようだ。
息子・利吉の実力も素直に認めており、やはり良好な関係を築けている。
こうした家族関係については後述。

人物像 

元々は戦忍びで、忍術学園の教師としてもかなりのベテラン。
ドクタケ忍者隊や様々な城との戦いに巻き込まれた際は彼が作戦を立案することが多く、相当の策略家である事をうかがわせる。
他にも視聴者にいまいち解り難い忍者という集団を丁寧に教えてくれる。
生徒たちには基本的に厳しく接するが、それは愛情の裏返し。また、生徒に向かって忍の道を説いた後に「まあそれは建前だが」として暖かく接してやることも忘れない(コミックス第3巻他)。そして、彼の教え子たちもそれを分かっている(きり丸はよく毒づいて殴られているが)。
アニメでも頼れる人物として、他の先生から相談を持ちかけられることも多い。
また、地元の領主の用心棒として悪の道を進んでいた、彼と同じほどの実力を持つ忍者と本気でやり合い(結末はギャグになっているが)、そして彼の実力を惜しみ、もう一度忍者としてやり直すべきだと説得し(その光景はアニメで描かれている)、忍術学園に入学させる(コミックス第7巻)など、忍でありつつ、人間として間違ったことはしないという哲学も持ち合わせている。
原作者の尼子騒兵衛は、横山光輝作品が本当に好きだったと公言している(文庫版『伊賀の影丸』あとがき)のだが、作中で最も横山作品の正義の忍者に近い人物が彼なのかもしれない。

忍術学園では、同じ一年は組の教科担当である土井先生と同室。
1996年の劇場版第1作では、『忍たま乱太郎』の録画をしている事が判明した。

家族について

妻は元くの一という設定で声優も決まっているが、その素顔は未だ不明である。アニメでは、乱太郎きり丸しんべヱの三人組の他に、土井先生が思わず見とれて赤くなるほど、とてつもない美人らしい。
尼子騒兵衛女史によると「合戦場で知り合ったのではないか」とのこと。
アニメでは、伝蔵がやきもちを焼く話や、家からまた忍術学園に行く時に、いってらっしゃいの口吸い(KISSの室町時代準拠の表現)をしているという話があるので、倦怠期どころかなんだかんだでラブラブな夫婦である事がうかがえる。

息子の利吉とも関係は良好であり、忍術学園で大規模な作戦を行う際は利吉が変装して敵の中枢に忍び込んで作戦を進めたり(ただしこれが定番となったため、稗田八方斎辺りに見抜かれることも有る)、また伝蔵は息子が窮地に陥った際に協力するなど、忍びの道からは外れるが深い親子関係が続いている。

女装

誰もが見た瞬間、色々な意味で言葉を失う素晴らしい変装である
脛毛を剃り忘れていたり、髭の剃り痕が残っている事もあるのだが、なぜか本物の女性として通用することが多い。本人が完全に女性になりきっているため、周囲も信じて疑わないようである。
なお鎌倉時代室町時代では、男性同士の同性愛が普通に行われていた(『徒然草』などにみられる)ので、それを意識した描写と考えることもできる。そういった意味で、忍者の変装としては最高の腕前なのかもしれない
一番最初に女装した時(コミックス第1巻)は「なんでこうなるんや!?」(変装の目録を開いて適当に出たのが村娘だった)と言っていたが、その後、コミックス第6巻で、8年前に女装してとある城に忍び込んだ際に若武者に口説かれた経験がある、と本人が語っている。実際劇中でも、女装と見抜かれないばかりか異性として本気で男性から好意を寄せられたことがある(劇場版2作目など)。
ちなみに、この姿の時は山田先生ではなく伝子さんと呼ばないと漏れなく怒られる。
なお、アニメでは女装を行う理由を「視聴者サービス」と発言している場面がある(16期第7話)。下手をすれば、くのたま達よりも出番が多いかもしれない為、忍たま真のヒロインといえる・・・かもしれない。

今日の山田先生
伝子さん



忍たまがやってくる

2005年まで行われていたキャラクターショー『忍たまがやってくる』では着ぐるみになって登場。
メインの3人組以外で着ぐるみ化された唯一の人物で、ショーの冒頭は4人で会場に挨拶し、『100%勇気』を踊るのが定番だった。

中の人関係

忍たまがアニメ化される際に、山田先生の声優が大塚周夫に決まったのは、実は原作者の尼子騒兵衛の推薦によるものである
だが、放送開始から22年近く経った、2015年1月15日に、大塚が虚血性心不全のため突然病没してしまい、後任が決まらない事で注目の的となり、当然心配の声も上がっていた。
それから3か月、ようやく後任が決まったが、白羽の矢が立ったのは息子である大塚明夫であった。彼はその時、「山田先生を演じると、亡き父と会えたような気持ちになって、自分でも吃驚します。なんだか不思議です。本当にありがたい……」とコメントしている。
なおオファーを貰った際は「似せて演じてください」という要望を受けたといい、実際父と遜色ない好演を見せている。
親子というだけではなく、彼自身の高い技量も相まってなしえた業といえるだろう。

ちなみに大塚明夫は岡野浩介(利吉役)とも親子役で共演した経験を持ち、1995年に放送された怪盗セイント・テールがそれ。

岡野は生前の周夫が「最近俺の(芝居の)マネをしやがるんだよ」と面白がって話していたことを明かし、故人の冥福を祈ったという。

関連タグ

忍たま乱太郎 山田先生 伝子
山田利吉 土井半助 一年は組
大塚周夫 大塚明夫

関連記事

親記事

忍たま教師リンク にんたまきょうしりんく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「山田伝蔵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5278241

コメント