ピクシブ百科事典

稗田八方斎

ひえたはっぽうさい

落第忍者乱太郎及び忍たま乱太郎の登場人物。

概要

声:飯塚昭三
ドクタケ忍者隊首領兼ドクタケ忍術教室校長。49歳、水瓶座、A型。
初期からの登場人物(原作コミックスでは第6巻から登場)で悪役として欠かせない存在。初登場は1989年の朝日小学生新聞で、コミックスの解説では「後ろ姿がよく鹿島アントラーズアルシンド選手と間違えられる」と記載されている。懐かしい時代である

城主への忠誠心が高く、城主の命により、様々な悪事を働いている。かなり卑怯な手も堂々と使うが、その一方で部下やドクたまたちを思いやる一面もあり、飯塚が声をあてていることからも、憎めない人物。部下と彼は深い絆で結ばれており、一時は乱太郎の父親が本気でドクタケ忍者隊に入ろうとしたほど。頭も大きいが、人間としての度量も大きい

数々の悪さをしてきたおかげで忍術学園を含め他の城や町の人からも評判が悪く、忍者に暗殺されかかったこともあり(ただし、その忍者は「ドワタケ城の首領」を暗殺するよう依頼されていたが、ドワタケ城が存在するのかは不明)、命を狙われた際に居合わせた土井半助に「思い当たる敵はいないの?」と問われると、「○○城にも嫌がらせしたし、○○城も怒らせちゃったし、○○城にも不幸の手紙を送ったし……」とあまりにもたくさんの城の名前を挙げたため、土井から「それだけ敵が多けりゃ今助けてもいつか暗殺されるでしょ……」と呆れられている。

アニメ版では既婚者かつ婿養子という設定であり、妻の名前は稗田西瓜(ひえた すいか)であり、美人だが怒ると恐く、婿養子故に逆らえず、なお妻に奉仕する生活に疲れ単身赴任でドクタケ城に就職したということになっている。
忍者としての実力は高く、様々な兵法に通じているほか、相手を欺くのは天下一品(自分が騙されることも多いが)。また、原作では、一流の幻術使いに匹敵する腕前を披露したこともある(その理由は読者からの応援のハガキをもらったから)。

上記のように、『落第忍者乱太郎』及び『忍たま乱太郎』でも読者や視聴者の人気が高い。本人もそれを自覚しており、腹心の部下の風鬼に「あんまり悪いことをすると人気に傷がつくぞ」と呼びかけたり、乱太郎忍術学園の下級生を全員誘拐した際は、彼らが「もしかしてあいつは漫画のタイトルを乗っ取る気じゃないか!?」と心配する(彼らの考えたタイトルは「悪徳忍者八方斎」)などの楽屋ネタも多い。後に八方斎が主人公で忍術学園が悪役の漫画「ドクタケ忍者八方斎」が作中で登場している。

禿げ頭で、顔と頭が異常に大きく、胸をそらして高笑いするとひっくり返って転ぶ(または部下に支えてもらう)のがお約束のギャグとなっている(余談だが、実写映画で八方斎を演じた松方弘樹氏は、たびたびビートたけしから「松方さんが刑事やるんなら、頭がでかいから頭デカ」などネタにされており、キャスティングもそういったネタである可能性がある。)。コミックスでも、長いアゴがしょっちゅう枠線からはみ出す
転ぶと一人で起き上がれないため、部下に起こして貰っている(この際、部下のボケで「起こせ」をもじったオコゼおこしを出されることもある)。
また、乱太郎らに「冷えたザーサイ」だの「冷めたチンゲンサイ」などと名前を間違えられるのもお約束
しかも、名前を素直に呼ばれると寂しがり、乱ちゃんやきりちゃんがワザと呼んであげると大喜びして彼らの頭を叩くのもこれまたお約束
名前の由来は「冷えた八宝菜」のもじり。
サラサラストレートヘアーランキング第3位受賞。先代お頭に感謝しているようだ。

八方斎様
八方斎様まじイケメン



関連タグ

憎めない悪役

pixivに投稿された作品 pixivで「稗田八方斎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186035

コメント