ピクシブ百科事典

ドクタケ

どくたけ

漫画『落第忍者乱太郎』及びアニメ『忍たま乱太郎』に登場する城の名前及び、ドクタケ忍軍を描いた作品に付けられるタグ。

概要

応仁の乱のさなか、自身の領土を拡張するために策謀を巡らす城主・木野小次郎竹高(きのこじろうたけたか)と、その腹心の部下にして忍者隊首領である稗田八方斎率いる忍者軍をはじめとする集団の総称。
彼らの常套手段は、様々な城をお互いに仲違いさせて戦に仕向け、双方が疲弊したところで自らの軍勢を差し向けて領地を乗っ取るというもの。
また、海外から硝石を輸入して火薬を密造しようとしたり、庶民から銅を集め石火矢(大砲)を大量に鋳造しようとするなど、大規模な戦略を目論んでいる(史実で織田信長らが使った戦法を考えると、かなり本格的に武力を持とうとしていたようだ)。
しかし、その野望はたびたび忍術学園兵庫水軍に食い止められている。

なお、作中でドクタケの悪行はあまり知られていない(というか、策略を用いて領地を奪い取るのは戦国時代においては普通のことである。さらに忍者をあれだけの数抱えていれば、事実を覆い隠すのはそう難しいことではないであろう)。そのため、忍術学園側がドクタケのあくどさを説明する際、落第忍者乱太郎』のコミックスを作中で読ませて説明するのがお約束である。

当初は悪役として活躍していたが、原作がギャグマンガな為か、だんだんとオバカキャラ集団と化していった。また、八方斎や風鬼、ドクたまなど、悪玉が人気が出たこともその一因であろう。
忍者の名前は一部を除き「○鬼」という名前で統一されている。

ちなみに本作に登場する城の名前のほとんどは日本に生息するキノコから取られているものばかり(タソガレドキ、オーマガトキ、クモの子、ナルトは除く)だが、ドクタケというキノコは実在せず、ほぼそのまま大雑把に毒キノコ全般を指す言葉から来ている。

悪役として分かりやすいと言えば分かりやすいものの、ぶっちゃけ忍たま世界にはドクササコを筆頭にオニタケ、ウスタケ、クサウラベニタケなど他にも毒キノコの名を持つ城は結構多く、何故ドクタケだけこうも適当なのかは不明である。

余談だが、彼らの忍装束の色は、実在の忍者が着用していたとされる「柿色」にかなり近い。これは真っ黒な衣装よりもやや赤みがかっていたほうが暗闇に溶け込みやすいからとされる。

関連タグ

忍たま乱太郎 プロ忍 稗田八方斎 木野小次郎竹高 風鬼 大黄奈栗野木下穴太 愛すべき馬鹿 雪鬼(忍ミュ) ドクタケ壱百七 ドクたま

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクタケ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 121666

コメント