ピクシブ百科事典

忍ミュ

にんみゅ

アニメ『忍たま乱太郎』および、漫画『落第忍者乱太郎』を原作とした、ミュージカル『ミュージカル忍たま乱太郎』の略称。
目次[非表示]

概要

ミュージカル忍たま乱太郎は、尼子騒兵衛著作の漫画「落第忍者乱太郎」および、アニメ「忍たま乱太郎」を原作とした2.5次元ミュージカル。
2010年1月に東京ドームシティ シアターGロッソにて『ミュージカル忍たま乱太郎』の初演が上演され、同年6月に一部ストーリーとキャストに変更が加えられた再演が上演された。
以降、毎年1月~2月に新作ストーリーの初演、6月~7月に再演(初演公演のマイナーチェンジ版)が行われている。
詳しいあらすじやキャストなどは、Wikipediaを参照。

原作アニメとは異なり、ミュージカルは上級生をメインに(一弾~七弾は六年生、八・九弾は五年生)、ギャグや殺陣、アクションなど、原作の世界観を活かしたオリジナルストーリーとなっている。
また2015年に「通算200回公演記念コンサート」として、これまでのミュージカル楽曲から選りすぐりの曲をまとめたコンサート形式のステージ「忍術学園学園祭」が行われて以降、毎年9月~10月に学園祭が行われている。

公演初期はミュんたまが公式の略称として用いられていたが、ファンの間では「忍ミュ」の略称が定着していた。現在では公式も「忍ミュ」の略称を用いている。

公演リスト

第一弾「がんばれ六年生!」会場
初演2010年1月13日(水)~1月24日(日) 全16公演シアターGロッソ
再演2010年6月30日(水)~7月7日(水) 全11公演シアターGロッソ
第二弾「予算会議でモメてます!」会場
初演2011年1月13日(木)~1月23日(日) 全15公演シアターGロッソ
再演2011年7月1日(金)~7月10日(日) 全13公演シアターGロッソ
第三弾「山賊砦に潜入せよ」会場
初演2012年1月12日(木)~1月22日(日) 全16公演シアターGロッソ
再演2012年7月4日(水)~7月15日(日) 全17公演サンシャイン劇場
第四弾「最恐計画を暴き出せ!!」会場
初演2013年1月9日(水)~1月20日(日) 全17公演サンシャイン劇場
再演2013年6月21日(金)~7月7日(日) 全21公演シアターGロッソ
第五弾「新たなる敵!」会場
初演2014年1月8日(水)~1月24日(金) 全21公演サンシャイン劇場
再演2014年6月20日(金)~7月6日(日) 全21公演シアターGロッソ
第六弾「凶悪なる幻影!」会場
初演2015年1月9日(金)~1月23日(金) 全19公演サンシャイン劇場
再演2015年6月19日(金)~7月5日(日) 全21公演シアターGロッソ
第七弾「水軍砦三つ巴の戦い!」会場
初演2016年1月9日(土)~1月23日(土) 全19公演サンシャイン劇場
再演2016年6月18日(土)~7月3日(日) 全20公演シアターGロッソ
2016年7月15日(金)~7月17日(日) 全5公演あましんアルカイックホール(尼崎)
2016年7月23日(土)~7月24日(日) 全3公演静岡市民文化会館 中ホール(静岡)
第八弾「がんばれ五年生!技あり、術あり、初忍務!!」会場
初演2017年1月7日(土)~1月22日(日) 全21公演シアターGロッソ
再演2017年6月16日(土)~7月2日(日) 全21公演サンシャイン劇場
2017年7月21日(金)~7月23日(日) 全5公演森ノ宮ピロティホール(大阪)
第九弾「忍術学園陥落!夢のまた夢!?」会場
初演2018年1月6日(土)~1月21日(日) 全21公演シアターGロッソ
2018年2月3日(土)~2月4日(日) 全3公演春日井市民会館(愛知)
再演2018年6月15日(金)~7月1日(日) 全21公演サンシャイン劇場
2018年7月12日(木)~7月16日(月祝) 全7公演梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪)
第十弾「これぞ忍者の大運動会だ!」会場
初演2019年5月 シアターGロッソ


学園祭

公演名公演期間公演回数会場
200回公演記念コンサート「忍術学園学園祭」2015年10月16日(土)~10月17日(日)全3公演エプソン品川アクアスタジアム ステラボール
第七弾 忍術学園学園祭2016年9月24日(土)~9月25日(日)全4公演舞浜アンフィシアター
第八弾 忍術学園学園祭2017 東京公演2017年9月22日(金)~9月24日(日)全5公演舞浜アンフィシアター
第八弾 忍術学園学園祭2017 大阪公演2017年9月29日(金)~10月1日(日)全5公演森ノ宮ピロティホール
第九弾 忍術学園学園祭2018 東京公演2018年10月12日(金)~10月14日(日)全5公演舞浜アンフィシアター
第九弾 忍術学園学園祭2018 大阪公演2018年10月20日(土)~10月21日(日)全4公演NHK大阪ホール


備考

  • ミュージカルのみのオリジナルキャラクターが登場する(第一弾の赤壁・新吉、第二弾の曇鬼(丹波忍者)、第三弾の山賊一号、第四弾のイブ・ボーマンカン、第六弾の雪鬼、第八弾の壱百七・寅吉など)
  • 原作アニメとの相違点として、一部を除くドクタケ忍者隊の名前が〇鬼ではなく、ドクタケ壱、ドクタケ弐……と漢数字になっている。
  • ドクタケ忍者隊の中で、キャプテン達魔鬼風鬼・曇鬼・雪鬼大黄奈栗野木下穴太がミュージカル出演を果たしているが、前述の通り曇鬼と雪鬼に関しては漫画・アニメと同名の別人である。
  • 第一弾~第四弾までは忍術学園VSドクタケの構図だったが、第五弾でタソガレドキが登場して以降、兵庫水軍ドクササコ忍者などのキャラクターも登場するようになった。逆に、第七弾以降はくのたまユキトモミおシゲの登場がなくなっている。
  • 忍術学園関係者の中で、前述のくのたまとメインキャラクターである六年生五年生学園長山田先生土井先生以外でミュージカル出演を果たしているのは、山田利吉山村喜三太鶴町伏木蔵平滝夜叉丸綾部喜八郎田村三木ヱ門の6名である。
  • 兵庫水軍兵庫第三協栄丸を筆頭に、船中の四功の蜉蝣鬼蜘蛛丸、鉤役の義丸、水練の舳丸、水夫の間切網問が登場している。
  • 本編終演後、アフターおたのしみ会・アフターイベントとして、キャストのトークショーや運動会、「マルチエンディング」として舞台本編のその後のエピソードやアナザーストーリーが公演されたことがある。
  • 成人の日には、来場者全員プレゼントやプレゼント抽選会などのイベントが行われたことがある。
  • 七弾再演にて、忍ミュ初となる地方公演を行った。なお、初めての地方公演が行われた場所は「忍たま」の聖地でもある尼崎。
  • 通算50ステージごとに達成記念として来場者全員に、アニメ「忍たま乱太郎」の卓上カレンダーや、キャストの集合写真ポストカード等のプレゼントを行っている。なお、99・101ステージも同様に行った。
    通算公演回数公演名日付会場
    50ステージ二弾再演2011/7/7(木) 夜シアターGロッソ
    100ステージ四弾初演2013/1/18(金) 昼サンシャイン劇場
    150ステージ五弾再演2014/6/21(土) 夜シアターGロッソ
    200ステージ六弾再演2015/6/28(日) 夜シアターGロッソ
    250ステージ七弾再演2016/7/16(土) 夜あましんアルカイックホール(尼崎)
    300ステージ八弾再演2017/7/22(土) 夜森ノ宮ピロティホール(大阪)
    350ステージ九弾再演2018/7/14(土) 昼梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ(大阪)


音楽・映像情報

  • 一弾初演よりDVDが販売されているが、諸般の事情により「二弾再演」のDVDは、販売が無期延期となっている。
  • 一弾初演より現在まで、公演前にキャストコメント動画を公式サイトにて公開している。
  • 2010年1月21日(木)放送の「笑っていいとも!」にて、ゲスト出演された食満役片岡信和さんが、忍ミュの宣伝を行った。
  • 三弾再演から、一部公演がニコニコ生放送されるようになった。なお、千秋楽(東京楽)公演が放送されるようになったのは五弾初演から。全景固定カメラが導入されたのは六弾初演から。また学園祭もニコ生放送が行われている。
  • 五弾初演にて千秋楽公演がライブ・ビューイング開催された(ただし、本公演の開演1時間後から追っかけ中継)。その後、五弾再演六弾再演七弾初演再演八弾再演九弾再演と不定期にライブ・ビューイングが開催されている。
  • 一弾初演からエンディング曲として「勇気100%」をキャスト全員で歌っているが、三弾再演以降のDVDではカットされている。またニコ生やライビュでもカットされたり、別の特典映像に差し替えられている。なお、曲中に一部キャストが客席に降りてきて観客とハイタッチをしたり、通路で踊ったりすることがある。
  • 二弾以降「勇気100%」のサビをキャスト・観客全員で踊れるように振り付けが作られた。過去には開演前に振り付け講座を行っていた時もあったが、現在は行われていない。
  • 三弾初演にて「忍者はガッツ!」が使用されて以降、舞台オリジナルのエンディング曲として毎公演歌われている。なお、三弾・四弾では1番までしか歌詞がなかったが、五弾から2番の歌詞が追加された。
  • 四弾再演で劇中歌CDが販売されて以降、九弾までCDが販売されている。基本的に初演で使用した楽曲の録りおろしであるため、再演で追加された曲はCDに含まれていない。また、一年生がダブルキャストの場合は合唱の形で収録されている。 ※例外として、初演・再演で大幅なストーリーの変更および劇中歌の全曲変更があった五弾では再演のCDも販売されている。
  • 七弾初演でドクタケ壱~肆が歌った「抜け忍のバラード」は、諸般の事情によりDVD、CD共に未収録。
  • 七弾学園祭CDでは、七弾初演・再演のアナザーストーリーで披露された六年生兵庫水軍の楽曲と学園祭テーマソング「君に捧げる歌」が収録。八弾学園祭CDでは、八弾のアナザーストーリーで披露された五年生の楽曲と八弾再演で追加された「滄海のボレロ」が収録されている。
  • 八弾初演の本編DVDには、ドクタケ参と肆が病欠のため降板となった回が収録されているが、特典DVDには全員揃っているバージョンが一部収録されている。
  • 九弾初演ではドクタケ肆(小姓)が一時的に代役となった回があるが、こちらはDVDに収録されていない。ただし、DVD初回封入特典のブックレットには代役を務めたキャストの写真も掲載されている。
  • 九弾再演ではアフターイベントで披露された楽曲の稽古場映像が、公式サイトにて公開された。
  • 2017年1月11日(水)にBSスカパー!『2.5次元フェス(仮)完全密着ガイド』にて、忍ミュ五年生が出演した模様が放送された。
  • 2017年11月26日(日)にNHK BSプレミアムにて、七弾再演が放送された。「忍ミュ」がテレビ放送されたのは初。


本公演以外のイベント・キャスト出演情報


関連イラスト

【ミュ】 文次郎、よろしく



マナー

冬の時期による忍ミュマナー
忍ミュマナー


ニコニコ動画:NINたまとのおやくそく!
【公式HPからの注意】
観劇マナーに関して
楽屋入り待ち・出待ちについてのお願い
八弾より、公式で販売されているものを含め、パペットや人形などの持ち込み禁止が追加された。
学園祭はコンサート形式であることから、立ち上がっての応援・歓声、うちわやペンライト持ち込みが可能となっている。また2018年に行われたファン感謝祭でも、うちわやペンライト等の応援グッズの使用が可能だった。
ただし、注意事項は今後変更となる可能性が十分にあるため、観劇の際は必ず公式サイト内の「Q&A」「よくあるご質問」を確認すること。

関連タグ

忍たま乱太郎 ミュんたま 舞台化 

外部リンク

ミュージカル『忍たま乱太郎』 公式サイト
ミュージカル『忍たま乱太郎』 公式Twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「忍ミュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5357879

コメント