ピクシブ百科事典

雪鬼

ゆきおに

雪の精が鬼の姿に化したもの。吹雪ですべてを吹き飛ばす。

区別注意
忍ミュに登場するキャラクターに関しては雪鬼(忍ミュ)を参照

CV:加藤治(初代)、二又一成(2代目)
初登場回 - TV第63話「アンパンマンとクリスマスの谷」
 体がでできていて非常に大きな。普段は氷の国のナダレ谷に眠っている。クリスマスの谷へはナダレ谷を通らなくてはならない。その通行人を通せんぼして口から吐き出す吹雪で遭難させる恐ろしい怪物。ただしナダレ谷を通る描写や、雪鬼に襲われる描写がクリスマス回に毎回みられるわけではない。
 本人曰く「吹雪の中では不死身」、赤鼻のトナカイくん曰く「ばいきんまんのようないい加減な悪者とちがって強敵」とのこと。
 ホームグランドのみ現れるため、カレーパンマンのカレー攻撃やアンパンマンのアンパンチだけではすぐ再生してきりがない。
 ちなみにアンパンマンにとって氷の国とは元気百倍でもない限り非常に不利なエリアである。
 カレーパンマンとしょくぱんまんの連携プレーで雪崩に沈められるも、再び巨大化して現れる。アンパンマン、しょくぱんまん、カレーパンマンが束になっても歯が立たなかったが、ひのたまこぞうの熱によって弱体化し、成敗された。
 分身もできたり(すなおとこどろみずまんも同様)、スキー場や雪山にも現れたり移動したりもする。
 ばいきんまんに味方するつもりはないが、彼の口車に乗ってアンパンマンを襲ったこともある。アンパンマンやメロンパンナの説得を聞き入れないわからずやで、今でもばいきんまんに騙されただけで暴れてもアンパンマン達と和解した話は挙がっていない。が、どんなにひどいやられ方をしてもまた再登場する生命力は確かである。冬のカレンダーでは、なだれおにこおりおにたち同様、笑顔にて映っていることもある。
なだれおにが登場してからは、より凶悪な表情のデザインになっている(つりあがった目、目だった牙)。
 氷の国に住んでいるかぜこんこん、こおりおに、氷の女王との共演はOPのみ確認できる。序列的に氷の女王の次(こおりおにと同様)くらいである。

関連記事

親記事

それいけ!アンパンマンの登場人物 それいけあんぱんまんのとうじょうじんぶつ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「雪鬼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 150986

コメント