ピクシブ百科事典

ドクササコ

どくささこ

ここでは『落第忍者乱太郎』に登場する城の名前を扱う。
目次[非表示]

ドクササコとは、
1,きのこの一種。漏斗のような形をしていて、特異な恐ろしい中毒を起こす毒キノコ
担子菌門のハラタケ綱 ハラタケ目に属し、キシメジ科のParalepistopsis属に分類される

ドクササコの中毒は、一般の食中毒と違って食べてから数日後に症状が出る。そのためキノコ中毒であることに気づかない場合がある。食べると手や足、体の先端を焼け火箸で刺されるような激痛が襲う。指先は赤く腫れ、次第に痛みを増し、ついには大の男でも七転八倒して苦しむほどに激しく、しかも30日以上続く事がある残酷な毒キノコ。

2,漫画『落第忍者乱太郎』に登場する城の名前。


2の概要

アニメ『忍たま乱太郎』および、原作『落第忍者乱太郎』に登場する城。
戦を好む悪い城であり、忍術学園とも敵対している。
しかし、肝心の忍軍はドクササコの凄腕忍者を除き全員ヘボ。
pixivでは主にこの城の関係者であるキャラクターを描いたイラストに付けられているタグ

関係者

城主

毒笹子市村

家臣

鶴山亀蔵

忍軍

ドクササコの凄腕忍者(凄腕忍者凄腕)
凄腕と言われている通り能力は高く、あの土井先生の出席簿を傷付けた実績(?)を持つ。
だが部下は育てるのはヘタクソで苦労している。
ドクササコの凄腕忍者の部下(ドす部下白目)
上記の凄腕の部下の白目の男。今の所名前はない。
下記の人たちよりマシだが、それでもヘボの所がある。
草井兵四郎
覆面の下が面白い男。
凄腕とは別の部署らしい。
八味地黄丸
驚忍の術で町の人々を騙していた男1。細い方。
元々陽忍の知識を持っている。
三黄丸
驚忍の術で町の人々を騙していた男2。横に広い方。
ドクササコの新人忍者 太郎
最近ドクササコに入った男1。
名前はアニメスタッフがアフレコで便宜的に呼ばれているらしい。
ドクササコの新人忍者 次郎
最近ドクササコに入った男2。
上記同じく名前はアニメスタッフがアフレコで便宜的に呼ばれているらしい。

関連タグ

落第忍者乱太郎/忍たま乱太郎 プロ忍 忍たまに登場する城一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ドクササコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1124033

コメント