ピクシブ百科事典

メタフィクション

めたふぃくしょん

メタフィクションとはフィクションの特殊な形態の一つである。ここは概要だからリンクや画像を入れられないんだ。
目次[非表示]

あなたはいまPixiv大百科の「メタフィクション」の項目を読み始めようとしている。

概要

meta-は「高次の~」「~を超えた~」という意味の接頭辞。fictionは「作り話」「創作」。

フィクションとは基本的に閲覧者(視聴者、読者、プレイヤー)を現実から虚構の世界に踏み入れさせ、その世界を感じ取る事を目的としている事が多い。
例えば映画を見ていればその視聴者は映画の世界感に漬ることになるし、ゲームをプレイしていればプレイヤーはそのゲームの世界に漬ることになる。

そんな中で、それがフィクションである、ということを意図的に描き出したものをメタフィクションという。別の言い方をすれば、「現実世界」「作品世界」の2つが交わらずに完結するのが非メタフィクション、更なる重層化や階層の混乱を起こす作品がメタフィクションとも言える。

メタフィクションの例

メタフィクションの最もシンプルかつ最も歴史ある形式は作中作、詩中詩、劇中劇である。古くはホメロスの『オデュッセイア』で、主人公オデュッセウスが異国の地で自分の来歴を長々と語るシーンが挙げられる。小説家や漫画家を扱う作品は多かれ少なかれこのタイプのメタフィクションと言える。夢オチも一種の作中作形式のメタフィクションと言えるかもしれない。

作中のキャラクターが作品外部の事情に言及する、メタ発言と呼ばれる形式は現代漫画でギャグとして多用され、かの漫画神手塚治虫もよく用いた。劇中のキャラクターが、「この作品の中ではこう言うパターンなんですよ」と言う(『忍たま乱太郎』)、大人の事情で作中はアルコール飲料が出ない旨を言う(『はれときどきぶた』、劇中人物が作者へ文句を言って展開をなんとかしようとする(『七色いんこ』)、など。

モブや後書きに作者自身をキャラクターとして登場させるという方法もある。たとえば古典の『ドン・キホーテ』では、作者がネタを探して回るシーンが挿入される。原作者が単行本の巻末などに描く楽屋ネタ、創作関係者が描くエッセイが独り歩きしてしまったようなものもある。

また、漫画の中で「漫画を読んでいる人」に対してスポットを当てる、ゲームの中からプレイヤー(≠主人公)に語り掛けるという風に、「受け手」に注目する形式も考えられる。この形で語られる内容は特別に強いメッセージ性を帯びることになる。いきなり「あなたはいまイタロ・カルヴィーノの新しい小説を読み始めようとしている」という書き出しではじまるイタロ・カルヴィーノ『冬の夜ひとりの旅人が』が代表的。小説『トリストラム・シャンディ』は、作中作の作者(主人公のトリストラム)が読者に対して語りかけてきたり、突然展開が「読者の想像」にお任せされたりする。プリキュアスーパー戦隊シリーズ等の子供向け作品で、「もっと応援して!君たちの声援が力になるから!」と子供たちに応援を求めるのもこの形式に含まれるかもしれない。

「『小説とは何か』について論じた小説」のように、媒体そのものについて語るという形式もある。この場合、作中のキャタクターが物理法則を破るわけではないのだが、読者は否応なしに「この理論は今読んでいる小説にも当てはまるだろうか?」などと考えることになる。

そのほか、「何かが壊れた演出として、ページ自体がビリビリに破かれた小説」「圧倒的な力の表現としてゲームシステムに必要なゲージや体力バーを吹き飛ばす攻撃」などの、媒体の枠を超えた演出も一種のメタフィクション的技法と言える。

作品によってはこれらを組み合わせることで非常に複雑な物語構造を形成していることもある。

メタフィクションは使い方次第である。メタフィクション的な表現は得てして(作中の)物理法則を破り、フィクションの世界感に漬っている人を現実世界に引き戻す力を持っているわけであるから、無闇に用いるべき手段ではない。一方で、巧みなメタフィクションは受け手に鮮烈なメッセージを届けることができるため、上手く使われた作品は高く評価される。

ところであなたはこの項目を読み始めた時、いきなり「あなた」と呼びかけられてちょっとドッキリしませんでしたか?

メタフィクション作品

メタフィクションの中でも、単なる1シーンの技巧やギャグ描写、特殊演出に留まらず、メタが作品の根幹となっている作品がある。五十音順。ネタバレ注意。適宜追加して下さい。


関連タグ

メタ メタ発言 第四の壁
フィクション 現実逃避
現実 観客席 夢オチ 楽屋オチ
劇中劇 絵中絵 作中作 事実は小説より奇なり

pixivに投稿された作品 pixivで「メタフィクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 434997

コメント