ピクシブ百科事典

封神演义

ふぇんしぇんやんいー

『封神演义』は中国の明代に成立した神怪小説。世界最古のSFともいわれる。なお「封神演义」は簡体字での表記で、日本語(および繁体字)での表記は「封神演義」。
目次[非表示]

概要

中国大明時代に成立した神怪小説。『商周演義』、『封神伝』、『封神榜』(榜とは立て札のこと)『封神榜演義』などともいう。史実の易姓革命を背景に、仙人道士妖怪が人界と仙界を二分して大戦争を繰り広げるスケールの大きい作品である。

あらすじ

封神演義の世界において、世界は仙界と人界に分かれ、仙界はさらに、人間からなった仙人・道士達からなる崑崙山の仙道「闡教(せんきょう)」と、それ以外の動物・植物・森羅万象に由来する仙道「截教(せっきょう)」とに二分されていた。

人界では時は商(殷)の紂王の治世。名君と呼ばれた紂王はその心に兆した慢心から、女媧廟の祭祀において女媧への無礼にあたるふるまいを行った。

すなわち『女媧は人間界のどの人間より美しい。この女媧が私のものであったら良い』という意の詩を読んだわけである。この紂王の「人」と「神」を混同した行動に女媧は怒り、千年生きた狐狸の精に紂王を陥れるよう命じた。

狐狸精は、朝歌の紂王の後宮に入ることになっていた美女、冀州侯の娘・妲己の魂魄を滅ぼしてその身体を手に入れ、紂王を籠絡し始めた。これ以降紂王は、妲己に操られるまま次第に暴政を行うようになっていった。

一方仙界では、闡教の教主・元始天尊門下の十二人、つまり崑崙の十二大仙が、千五百年に一度の逃れられぬ劫として、人を殺さねばならないという罰を受けることになった。

また昊天上帝(天帝)が彼ら十二人を臣下に命じたことから、商周革命に関わる闡教徒、截教徒、人道の中から三百六十五位の「神」を「封(ほう)」じる「封神」の儀式を行うことになった。

天命により、この封神の執行者として選ばれたのが、崑崙の道士の一人であった姜子牙……後に周国の丞相となる太公望である。

斯くして商代末期の商周革命の動乱を舞台に、四不相(四不像)に乗った姜子牙(太公望)がまきおこす商周両国の間の戦乱、ひいては闡教と截教の対立が描かれながら、数多くの仙人、道士の魂魄が封神榜の掲げられた「封神台」へと飛んでいくこととなる。

中華圏での受容

中国の地で生まれた古典作品であるが、中国の文化人からの評価は芳しいとは言えない。いわゆる「四大奇書」に数えられる『西遊記』『三国志演義』『水滸伝』『金瓶梅』に比べると文学的な価値は劣ると評される。

しかし民衆に広く受け入れられ、道教信仰に影響を与えるまでになった。その影響たるや本作オリジナルの仙人である通天教主申公豹が中国古来の神仙とともに寺院に祀られるほどである。

中国や台湾では数年ごとのスパンで映像作品が制作されるなど、娯楽作品としての人気は現代に至るまで非常に高い。

日本での受容

安能務翻訳版」問題

日本でも三つの翻訳版が存在するが、特に有名なのが『安能務版』である。
しかしこの安能版、安能氏よる加筆・修正が大きく入っており、原本を知るファンからは大きな批評の的となってもいる。

【例】

  • 申公豹は本来“純粋な悪役”なのだが、安能版では“中立的なライバル 闡教と天界こそが、権謀術数を弄して故意に易姓革命を引き起こした元凶。目的は異端と決めつけた截教を粛正すること。
  • 楊戩竜吉公主一晩を共にする。
  • 漢字の誤読・誤表記が多く、特に哪吒太子(なたたいし)を((なた“く”たいし))としているなど、人物の誤りが多い。
……など

二次創作』『新解釈』として見ると楽しむことはできるが、やはり原本を知るファンからの批判は大きく、「安能版は原作とは別物」とする意見は多く、中には「安能版は原作を貶めた」と言い切るほど辛辣な言い方するファンもいたりする。
もちろん、安能氏独特の切り込み方や人物描写、権力・偽善・儒家への強烈なテーゼを好んでいる人も多い。

のちに安能氏は問題となった改変を「中華思想論のための布石」と釈明し、敢えて独自の解釈を多分に盛り込んだことを明かしている。実際に文中には「OB」や「ヒステリー女」といった言葉が飛び出している。

安能版は藤崎竜による漫画『封神演義』の原作となった。安能版を原作としつつも大胆なSF的アレンジを加えた同作は『週刊少年ジャンプ』連載作品のなかでもまれにみる大ヒット作となった。pixivに投稿されている『封神演义』関連イラストの大半を同作のファンアートが占めるのはその現れの一つである。

登場人物の名前の読み方について安能版は『封神演義』関連作品いがいにも影響を与えた。「哪吒」を「ナタク」と読む誤りは複数の作品に引き継がれた。
グランブルーファンタジー』や『千年戦争アイギス』のような比較的近年の作品にも、哪吒をモデル、モチーフとし、「ナタク」という名前を持つキャラクターが登場している。

翻訳

残念ながら、『封神演義』を完訳できている翻訳版は長らく存在していなかった。原型に一番近い形で読める日本語訳は光栄版『完訳 封神演義』とされているが、こちらは“完訳”と銘打ちながら漢詩の翻訳が無かったり、簡体字の誤訳による間違いがあったり、解説のための注釈がなかったりと、不備が多い。またこれらの問題点を改正した「文庫版」が存在するが、読みやすさを優先した結果として、一部の文面が差し替えられていたりする。

2017年9月より、勉誠出版より『全訳 封神演義』が刊行されている。全4巻、2018年完結予定。神仙思想や『封神演義』の研究者が監訳を務める決定版。

興味のある人は読み比べてみるのも一興だろう。

関連タグ

海外文学 / 伝奇小説 / 小説の一覧
封神演義 - 藤崎竜による少年漫画
殷周伝説 - 横山光輝の漫画。横山氏の遺作ともなった。
ナーザの大暴れ - 封神演義の一挿話を題材とした1980年のアニメ映画
光栄封神演義 - 光栄(現:コーエーテクモ)から発売されたゲームシリーズ

外部リンク

封神演義 - Wikipedia
必読のスーパーサイキック仙人アクション!―『全訳 封神演義』全4巻刊行開始記念特集

pixivに投稿された作品 pixivで「封神演义」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21347

コメント