ピクシブ百科事典

大明

だいみん

14世紀中盤から17世紀中盤まで続いた中国の王朝のこと。明/明朝とも。
目次[非表示]

概要

 この中国帝国は1368年、貧農から皇帝となった朱元璋( 太祖・洪武帝 )が、江南、長江の南岸から挙兵し、それまで中国を支配していた大元を北に追いやって立てた王朝である。首都は当初南京、のちに北京
 またこの国の統治は皇帝独裁が最も徹底した時代である。皇帝による粛清( 特に洪武帝後期の「胡藍事件」などが有名 )や肉親の骨肉の争い( 特に後の永楽帝が起こした「靖難の変」。具体的には甥の皇帝に粛清されそうになりクーデターを起こして皇帝一味を殺害した事件 )など血みどろの政争が目立つ。
 さらに、この国に関しては名君と暗君の差が激しい時代とされ、暗君が宦官らに政治を左右されることも珍しくなかった。

海外政策 

 この国の時代、ベトナムを制圧、満州に関しても初期には勢力として組み込んでいた。
 この国に関しては基本的には海禁政策( 一種の鎖国 )をとり、朝貢( 皇帝に対して周辺国の君主が貢物を捧げ皇帝側が君主であると認め恩賜を与えるという形式により成立するもので、本来の目的のほかに貿易としても利用された )以外の交易を禁止していたが、倭寇が沿岸地域で略奪を繰り返していたため、永楽代になって日本足利義満と朝貢関係を築いたり、鄭和( ムスリムの宦官、武将。去勢されのちの永楽帝に献上されたたが、靖難の変にて功績をあげの姓を下賜される。南方船団の長に任命され、7度の航海を行い、東南アジアインドアラビアアフリカまでの航海を行った )率いる船団で南洋の海賊退治や交易をおこなうようになった。
 この航路開発に関しては永楽帝による国内の批判をかわすためともいわれ、従来の陸路であるシルクロードに加えて海路の交易ルート開発で利を得ようとしたことも一因とされ、中国史では珍しく、シャムビルマアラブアフリカまで影響が広まっていた。キリンもこの航海で中華に持ち込まれたとされる。

最後

 中期から末期にかけて、モンゴル系勢力や満州族勢力である後金( 後の )の侵攻が発生。
 その中には宦官の勧めで親征しようとした正統帝が撤退中にオイラトに捕虜となる( 土木の変、オイラトの目的が交易関係の改善だったことと、優秀な部下により新たな皇帝が建てられたり北京が防衛されたり敵の孤立化が行われたため解放された )が発生したりした。
 さらに室町幕府の弱体化により再び倭寇( この時期においては中国国内の商人と結びつき、朝鮮ルソンからの海賊もそれに含まれている )の活動が活発化したため「北虜南倭」と称された。
 そして豊臣秀吉による侵攻の動きに李氏朝鮮が反応せず、朝鮮半島内で戦闘する羽目に陥り、ただでさえ疲弊していた国力が破たん状態になる。
 そして1644年、李自成( 駅伝制度廃止に伴う晋にて発生した農民反乱において、その後首領となり各地を陥落させ、明朝を滅亡させる。しかしその後清と明遺臣の連合軍に敗北し、落ち延びる途中で殺害される )率いる反乱軍に紫禁城を攻められて滅亡した。
 その後王族が南明を建て清に抵抗したものの、1662年に滅亡している。

文化

 この時代においては皇帝の思想弾圧( その中には言いがかりレベルのものも存在し、禿などの文字まで弾圧されたとある )があまりにも激しかったため、この時期の文化はそれまで重きをおかれていた漢詩および歴史の分野では見るべきものは少ない。
 しかし、大衆にも教育が広がったことにより、小説においては、『金瓶梅』や『三国志演義』、『水滸伝』や『西遊記』といった数々の名作が誕生した。また、世界初のSFともいわれる『封神演义』( 「封神演義」の原作 )もこの時期に完成したとされる。

関連タグ

中国王朝
明朝体 

参照

wikipedia:
アンサイクロペディア:朱元璋

pixivに投稿された作品 pixivで「大明」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48192

コメント