ピクシブ百科事典

秦良玉

しんりょうぎょく

秦良玉とは、明王朝の軍人で、正史に列伝を持っている唯一の女性武将である。
目次[非表示]

誘導

Fate/GrandOrderの同名人物。→秦良玉(Fate)へ。マイナス検索と言う意味でもタグはこちらを推奨する。

概要

1574~1648年の明王朝の軍人。少数民族の出身ながら漢民族のため戦った女性。
姓は秦、名は良玉、字は貞素。
彼女の軍はトネリコで出来た槍を持って戦ったため、白杆兵と呼ばれた。
武力だけでなく教養にも優れ詩文を良くしたという。
正史に列伝を持っている唯一の女性武将である。

生涯

四川の忠州の出身で、同地を収めていた馬千乗の妻。
要応龍の乱が起きた時、夫と共に従軍し、戦功一等ともされた活躍をしたが、夫は無実の罪で獄中死した。
その後も兄弟と共に後金や反乱軍と戦った。
当時は(歴代の皇帝が政治に不熱心であったり、宦官の魏忠賢を代表とする悪臣が蔓延ったりしたせいで)大いに国が乱れた時期であり、このような反乱は珍しくなく、良玉も勧誘されていたのだが、良玉は使者を斬り殺すと、親族と共に鎮圧に乗り出し、成功する。
ある時、時の皇帝・崇禎帝から呼び出しを受ける。
てっきり責任の追求をされると考えた良玉は、軍費を兵に分け与えた上で北京に赴いた。
ところが崇禎帝はこれまでの良玉の功績を称賛するために謁見させたのであり、崇禎帝が作った詩を4つとその他の恩賞をもらい帰還した。
その後も多くの賊退治で活躍した。
大量虐殺で有名な張献忠と戦うも苦戦し、四川は張献忠に支配されてしまった。
李自成の乱により崇禎帝が死亡し、民が滅亡すると、良玉は亡命政権である弘光帝に仕え、官爵を得、張献忠が死ぬまで戦い続けた。

同じく張献忠と戦った少女軍人として沈雲霊が知られる。

関連タグ

Fate/GrandOrder:同名のサーヴァントが登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「秦良玉」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1352467

コメント