ピクシブ百科事典

玉皇大帝

ゆーふぁんだーでぃ

玉皇大帝とは道教の神。

概要

道教における最高神たち「三清」の一柱である原始天尊の化身であり、天帝と呼ばれる存在の一人。
道教において三清を補佐する四人の高位神「四御」の一柱である。

名前にある「玉」とは翡翠を意味し、彼の呼び名の一つ「玉皇」は英語では「Jade Emperor」と訳される。

記録上においては後漢の時代から現れ、宋の時代から最高存在としての記述が現れる。北宋の皇帝たちは彼を篤く信仰し、尊称を送り、中国全土の道教寺院に玉皇大帝の像を建立するといった事業を行った。
その影響もあり、道教全般において最高神として受け入れられることとなった。

関連タグ

中国神話

pixivに投稿された作品 pixivで「玉皇大帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224

コメント