ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

池上遼一にも似た劇画調のタッチと、やる気がないようにすら見えるストーリーとシュール極まるギャグが特徴。
前述した通りやる気のない事で有名な漫画家。デビュー作となった「SUPER BASEBALL CLUB」は投稿作品として送られた際、原稿の約半分が下書き状態であった。
自分の作品やキャラクターに無関心で思い入れがない態度を巻末の後書きなどで度々示しており、よく過去の作品のキャラが姿や設定を変えて登場するが、それはスターシステムやファンサービスを意識しているわけではなく「使いまわし」だと発言。
週刊少年マガジンにて連載を始めた理由は「(当時のマガジンに)巻末コメントがなかったから」とし、巻末コメントが導入された後は「特にありません。」のコメントを連発。まともに書いたのすら「スーパーで豚肉とアルカリイオン水を買う」くらいである。
やる気のなさは徹底しており、最終回を迎えて物語がきちんと完結した作品はが亜桜まるが作画を担当した「だぶるじぇい」のみ。

その一方、休載はマガジンの作家の中ではかなり少ない方である。
高橋留美子の「うる星やつら」完全版の『34人の著名人が描くラムちゃん』という企画で、似ても似つかないラムちゃんのイラストを描いた参考リンク)。完全版の帯で野中は「本気度を見てもらうために、あえて資料を見ずに描いた」と述べている

しかしだぶるじぇいを皮切りに自身で作画をするのをやめ、原作者に転向した。どうやら作画が面倒になったようである。

主な漫画作品

原作および作画

魁!!クロマティ高校
未来町内会
課長バカ一代
ドリーム職人

原作のみ

だぶるじぇい
メカ沢くん

関連タグ

漫画家 週刊少年マガジン

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「野中英次」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25654

コメント