ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

週刊少年マガジン

しゅうかんしょうねんまがじん

【掲載作一覧有り】週刊少年マガジン(Weekly Shonen Magazine)とは、講談社から発行されている少年漫画雑誌である。
目次 [非表示]

概要

1959年3月17日に創刊。ライバルの週刊少年サンデー(サンデー)と創刊日が同じであった。創刊号の表紙を横綱(3代目)朝潮が飾っている。


歴史の詳細はここに記されているため簡潔に書くが、過去に手塚治虫と大喧嘩してしまった(こちらも参考までに)事がきっかけで、劇画メインのリアル路線をとるようになっており、それがこの雑誌の特徴となっている。なお、手塚は、後に講談社と和解している


創刊当初はトキワ荘の漫画家が多く連載していたサンデーにかなり差をつけられていたが、「巨人の星」「あしたのジョー」の大ヒットで部数は上昇、サンデーを追い抜く事に成功した。だが、編集部の方針ミスでその後暫く部数は伸び悩むようになってしまい、サンデーはおろか創刊したばかりの週刊少年ジャンプ(ジャンプ)や週刊少年チャンピオン(チャンピオン)にも抜かれ、週刊少年誌最下位の少年キング(1982年廃刊)と競っていた時期もあった。


1980年頃より劇画路線から転換したことによりジャンプに次ぐ位置まで回復し、1997年に発行部数でギネス世界記録まで残したというジャンプを上回り、ジャンプ黄金期を終了させて代わりにマガジン黄金期を迎えるまでになったが、2002年に再びジャンプに抜かれてしまい、現在に至っている。


雑誌のイメージキャラクターはモグラの「ピモピモ」。1982年26号で初登場した。本誌の表紙ほか、「はじめの一歩」単行本のカバー背表紙で見ることができる。


特徴

方針

週刊少年ジャンプ(集英社)のアンケート至上主義月刊少年ガンガンスクエニ)の単行本売上主義に対し、マガジンは編集部の方針で特徴が変わることが多く、打ち切り基準もアンケートだったり単行本売上だったりと曖昧な部分が多い。


また、編集長が変わると内容もガラリと変わり、創刊から1970年代は劇画が多かったが1980年代になるとコメディ漫画、1980年代末期から1990年代初頭にかけてはスポ根ヤンキー漫画が多くなるなど様変わりし、1990年半ばから『ラブひな』がヒットした影響で所謂「萌え」系の作品が増え、さらに同じ頃にはそれまでの『マガジン』では珍しかった『RAVE』や『SAMURAIDEEPERKYO』といったファンタジーバトルものが増えるなど、特定のジャンルに捉われず多種多彩な状態となった(それでも依然としてジャンプより高い年齢層向け)。2000年代はブームに便乗した作品が増えたが、2010年代以降は再びファンタジーやバトルもの、さらにはラブコメ作品が増えている。


少年誌としてスクエニやKADOKAWAに比べるとグロテスクな描写は厳しい反面、性描写は比較的寛容な側面がある。それがジャンプやスクエニ、KADOKAWAより高い年齢向け雑誌と言われる側面がある。

他方、編集部の方針が強いことが仇になっているのか引き伸ばしや完結能力が弱い指摘が多く、前者は『東京卍リベンジャーズ』『ダイヤのA』、後者は『エデンの檻』『ベイビーステップ』の例が挙げられる(引き伸ばしはともかく完結能力の弱さはライバル誌ほどではないという擁護もある)。


メディアミックス

ゲームやアニメ関連ではコミックボンボンの緒を引いている為なのか、同業他社や自社他誌の作品に比べて、アニプレックスやバンダイ制作関与作品が少なく、代わりにコナミポニーキャニオンでの制作関与作品が多い(特に真島ヒロ関連)。


同業他紙と比べてテレビドラマ化されることが多い。この傾向は1995年の黄金時代から2013年の転換期まで根強く、当初は樹林伸原作や編集担当の作品がドラマ化される傾向であったが、2005年以降は樹林に関係なくテレビドラマ化され、同年から2013年までの7年間で8作品、2010年にいたっては1年で3作品もテレビドラマ化(しかもいずれもTBS系列)されている。


一方でテレビアニメ化される作品が少なく、マガジンオリジナルで通算5年以上放送された作品は『FAIRY TAIL』のみである(サンデーでも連載された作品を含めれば『ゲゲゲの鬼太郎』と『天才バカボン』も)。21世紀になってアニメが一切放送されなかった時期(例:2007年10月から12月)もあり、『ONEPIECE』(ジャンプ)と『名探偵コナン』(サンデー)が「連続で」20年以上放送されているのと比較してもマガジンのドラマ偏重アニメ軽視がわかると思われる。


但し2013年の転換期以降はテレビドラマの低迷とテレビアニメ環境の変化によりテレビアニメ化される作品のほうが多くなっている。


又、コミックCMはアイドル声優や夢グループなど芸能人を起用するCMが多い。

特に雑誌のCMの場合、その傾向が顕著になる。

アニメの主題歌に関してもアイドル的な歌調の曲が比較的多く、アーティスト路線型の主題歌をメインとする集英社やスクエニとは一線を画しているのも特徴。


表紙

表紙(と巻頭数ページ)にグラビアアイドルを中心とした女性タレントを起用することがしばしばある(ライバルのサンデーもしかり)。ちなみに初めて表紙を飾った女性は藤圭子である。1970年の事。

その延長線上として、グラビアオーディション企画である「ミスマガジン」を開催していた。詳細は該当項目を参照。

なお、これが高じてか、講談社はグラビア雑誌「DELUXEマガジン」を1982年8月から1986年1月まで、「DELUXEマガジンORE」を1986年6月から1991年6月まで、それぞれ刊行している。

また、1996年から2000年まで、ヤングマガジン単独でミスヤングマガジンなるミスコンが開催されている。


漫画家

他社から移籍したり掛け持ちする連載する漫画家が多く、大暮維人雷句誠鈴木央などがそれに該当する。一方で編集部と仲違いしてバイバイマガジンする漫画家も多く、山田恵庸のように意味深な説明を残す者や木多康昭のように打ち切り漫画の最終回で自分が裁判にかけられたという描写をする者(実際かけられたわけではない)、某男性アイドル漫画を描いていた某女性漫画家のようにハラスメントを告発する者まで様々である。


また平成初期まで「女性漫画家はマガジンの誌風に合わない」という理由からか女性でもペンネームで男性風にしている作者が多かった(塀内真人さとうふみや久保ミツロウなど)。現在は時代の流れからペンネームでも女性風にしている作者が多く、また先に取り上げた作者も塀内のように本名の塀内夏子に戻したり、さとうや久保のようにメディアで女性であることを公表している者もいる。


ジンクス

週刊少年マガジンで都市伝説的なジンクスとしてメインヒロインの人気が出ない問題があった。(それを象徴する指標はいくつかあるが投票数が少なかったり基準が曖昧だったりするため)pixiv基準で記述すると2016年までに連載開始した作品を基準にタグ付け投稿数(2024年1月時点)のうち、各出版社・雑誌のヒロイントップ投稿数を以下の表で表したもので比較する。

キャラクター名作品名雑誌名出版社投稿数(※)
ナミONE PIECE週刊少年ジャンプ集英社35000
毛利蘭名探偵コナン週刊少年サンデー小学館15000
イカ娘侵略!イカ娘週刊少年チャンピオン秋田書店16000
ミカサ・アッカーマン進撃の巨人別冊少年マガジン講談社21000
ルーシィ・ハートフィリアFAIRY TAIL週刊少年マガジン講談社5000

※下3桁切り捨て

この通り四大週刊少年誌で圧倒的に投稿数が少なく、それどころか分家にすら大差で負けているあり様である。どうしてこうなったと思う惨状であるが、以下の理由が挙げられる。

  • 女性キャラが少ない、または女性キャラが活躍できる場が少ない。マガジンのこれまでの誌風が1980年代のコメディと2000年代の萌え要素を除けば劇画、不良、スポ根中心とヒロインが重視されないか人気が出ない状況であった。また漫画家も女性キャラを描くのが苦手な人が多かったのも一因である。
  • 1990年代後半から2000代後半の全盛期もドラマ偏重アニメ軽視だったことが影響している。『金田一少年の事件簿』や『GTO』といった作品のヒロインはキャラクター人気というより女優俳優)人気になってしまい、さらに言うとテレビドラマから入った人が漫画やアニメの二次元ヒロインを見て「イメージと違う」と逆転現象まで起きていた。
  • 脇役のほうが人気が出てしまうことが多い。象徴する例として『魔法先生ネギま!』の公式キャラクター人気投票で、1位になったのは脇役の宮崎のどかでメインヒロインの神楽坂明日菜は宮崎に3倍以上差をつけられ5位という結果に。週マガ萌え漫画の本丸がこの状況なので他の作品も同様のことが起きていたのは想像に難くないであろう。

但し、2017年に『五等分の花嫁』というこのジンクスを破る作品が登場。メインヒロインが5人いる状況で、かつpixivのキャラクタータグ付け投稿数が全員16000以上(2024年1月時点、ちなみに中野三玖は24000以上とミカサ・アッカーマンを超えている)と週刊少年マガジンのヒロイン投稿数では上位独占となっている。


掲載漫画

連載中の漫画(連載開始時期順)


休連又は不定期連載の漫画


他誌に移籍した漫画

※現在も継続中の作品のみ記載。


連載終了の作品

週刊少年マガジンに連載されていた作品の内、ピクシブ百科事典に記事があるか、pixivへの投稿作品が確認できるものをまとめる。


一覧内の作品名は全てリンクにする。

まだ記事が書かれていないページ(リンクの文字が赤いページ)でも、イラストが投稿されている場合は最大12点まで表示される。ただし全年齢向けの作品に限られる。

R-18、R-18Gの作品しか投稿が無い場合もあるため、投稿作品の存在の確認用にピクシブ内の検索結果へのリンクを併記している。


A・Iが止まらない! / iコンタクト検索)/ あいつとララバイ検索) / 愛と誠 / 悪魔くん / ACMA:GAME / アゲイン!! / あしたのジョー / アトワイトゲーム / A-BOUT! / 阿部のいる町検索) / アホガール
1・2の三四郎 / インフェクション
兎山女子高校2年1組!! / うしろの百太郎検索) / ウルトラセブン / ウルトラマン
エア・ギア / 英戦のラブロック / エイトマン / AKB49〜恋愛禁止条例〜 / エデンの檻 / MMR マガジンミステリー調査班 / エリアの騎士 / えるのわ!〜恋愛弱者とペケ天使〜検索) / 炎炎ノ消防隊
Over Drive / 男おいどん / おれは鉄兵
快傑ハリマオ / ガクラン八年組 / 疾風伝説 特攻の拓 / 風のシルフィード / カノジョも彼女 / 我間乱〜GAMARAN〜 / 神さまの言うとおり弐 / 仮面ライダー / 空手バカ一代
寄宿学校のジュリエット / 北沢くんはAクラス / きみが女神ならいいのに / 君のいる町 / KIMURA×CLASS / キャプテンキッド検索) / ギャンブラーズパレード検索) / 巨人の星 / 巨竜戦記検索) / きらぼしお嬢様の求婚 / 金田一少年の事件簿 / 金田一少年の事件簿R
GE~グッドエンディング~ / クニミツの政
激烈バカ / ゲゲゲの鬼太郎 / GetBackers-奪還屋- / ケンコー全裸系水泳部ウミショー / 幻魔大戦
恋か魔法かわからない! / 剛Q超児イッキマン / 聲の形 / コータローまかりとおる! / CØDE:BREAKER / ゴッドハンド輝 / 五等分の花嫁 / こもりちゃんはヤる気を出せ検索) / コンポラ先生(コンポラ先生II大ちゃんJR⇒コンポラキッド)(検索
サイコメトラーEIJI検索) / サイボーグ009 / 魁!!クロマティ高校 / SAMURAI DEEPER KYO / さよなら絶望先生
GTO / シチハゴジュウロク検索) / 紫電改のタカ / 死なないで!明日川さん検索) / 死神サイ殺ゲーム検索) / シバトラ検索) / シュート! / 手天童子検索) / 湘南純愛組! / 女子大生家庭教師濱中アイ / 新約「巨人の星」花形検索
スーパードクターK / スクールランブル / 凄ノ王検索) / 涼風 / スマッシュ!
生徒会役員共 / ゼウスの種 / SECOND BREAK!! / せっかち伯爵と時間どろぼう / XEVEC検索) / ゼロセン検索) / 聖マッスル / 川柳少女
それでも歩は寄せてくる
タイガーマスク / 第九征空騎兵師團検索) / ダイヤのA / ダイヤのA act2 / だぶるじぇい / 男子高校生を養いたいお姉さんの話 / 探偵学園Q / 探偵犬シャードック検索
地上最強の男竜 / 中華一番! / ちょっと盛りました。検索
杖ペチ魔法使い♀の冒険の書検索) / ツバサ-RESERVoir CHRoNiCLE- / 釣りキチ三平 / 徒然チルドレン
DAYS / テスラノート / 鉄の王 / 哲也-雀聖と呼ばれた男- / デビルマン / 天才バカボン / 天才料理少年_味の助
東京卍リベンジャーズ / トッキュー!! / ドメスティックな彼女
七つの大罪 / 波打際のむろみさん / なれの果ての僕ら
ネクロマンス検索
脳みそプルン!検索
バイオレンスジャック / ばくだん!〜幕末男子〜検索)/ 化物語 / 8畳カーニバル検索) / バツ&テリー検索) / ハッピープロジェクト検索) / ハリスの旋風 / バリバリ伝説 / ハンマーセッション!
HERO'S / ヒットマン / 日向さん、星野です。
ファイ・ブレイン 最期のパズル / 風夏 / FAIRY TAIL / BLOODY MONDAY
ベイビーステップ / VECTOR BALL / へなちょこシリーズ(ポチのへなちょこ大作戦→へなちょこ大作戦Z) / 変身忍者嵐
BOYS BE… / 星野、目をつぶって。検索
マグロ一本釣り伝説_じょっぱれ瞬! / マコさんは死んでも自立しない検索) / マックミランの女子野球部検索) / 魔法先生ネギま!
ミスター味っ子 / 三つ目がとおる / 未来人カオス検索
無敵の人 / 無二の一撃検索
名門!第三野球部
もののけの乱
野球狂の詩 / 山田くんと7人の魔女 / ヤンキー君とメガネちゃん
UQ HOLDER!
世が夜なら!検索
ラブひな / ランウェイで笑って / ランカーズ・ハイ検索
リアルアカウント
RAVE / レインボー戦隊 / LET'Sぬぷぬぷっ検索) / 煉獄のカルマ
ロボット刑事
我妻さんは俺のヨメ / WARASHI / W3

関連イラスト

海マガジンっ子

おに8の日だよ!アスナさん

また会える日を楽しみに五つ子の誕生日


関連タグ

講談社 少年漫画 マガジン 別冊少年マガジン マガジンポケット

競合誌

週刊少年サンデー 週刊少年ジャンプ 週刊少年チャンピオン


外部リンク

関連記事

親記事

少年マガジン しょうねんまがじん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1615041

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました