ピクシブ百科事典

木多康昭

きたやすあき

日本の漫画家。代表作は「幕張」「喧嘩商売」「喧嘩稼業」
目次[非表示]

概要

1969年6月19日生まれO型。

過激な下ネタ、大胆なパロディ、実在する人物への誹謗中傷・暴露ネタなどが特徴。彼の作品が巻き起こした数々の騒動は今でも語り草になっている。

1996年2月、『週刊少年ジャンプ』にて『幕張』を連載。当初は下ネタの多いギャグ漫画であったが、実在の芸能人、さらには『少年ジャンプ』の他作品や作家、編集者をネタにするようになり、特に瓶子吉久(当時のジャンプ編集部員。現・少年ジャンプ編集長。『幕張』劇中にも鬼瓶という名前で登場。)は「私は既婚者でありながら、担当している女性作家と肉体関係を持ちました。」と鬼瓶が白状するというメタ形式で不倫をバラされ、離婚するに至ったというエピソードは特に有名。「休みをよこせ!!」「俺は自由だ!!」との捨て台詞を残して終了。ちなみにネタにされた実在の人物からクレームが入った所為なのか、連載終了後に発刊されたコンビニの文庫版では、大多数のネタに修正を加えられて、モノによっては加筆が加えられている(一例として落合博満の妻、信子夫人の載ってるコマが修正後は堀江貴文になってる…等)。

ちなみに昔から少年ジャンプでは編集者ネタはそこかしこで見られるものだったが、木多が当時は最もえげつないイジり方をしていた。

その後講談社に移籍するも、こちらも大人の事情でストーリーが迷走。
『泣くようぐいす』、野球部漫画だったはずが方向性がずれていって最期は警察に逮捕。

『平成義民伝説 代表人』、なんと最期は作者本人が法廷にかけられる場面で終了。
『アイドルグループ・イガラシには実は6人目のメンバーがいたのです!』『(C)ダイナミックプロ』『ウォーケン、新しい顔だっ!』など…

連載当時も講談社で騒ぎが起きていた。

数年後、脱・パロディをしてヤングマガジン誌にて喧嘩商売を連載開始。中盤ぐらいまでは「いつもの木多」の雰囲気を残しつつも格闘漫画を続けており、それからはギャグシーンは出てこなくなって真面目な格闘漫画となる。
いったん長期の休止を経て2014年に喧嘩稼業とタイトルを改めて連載を再開した。

執筆方法も現在ではPCでの執筆に完全移行した事で絵の描写が今までより緻密になった。この事について「最近ものすごく絵が上手くなったって言われるけど、PCでの執筆で細かいところまで手を入れれるようになったからそう見えるだけ」といったコメントをしている。

ふざけてるかと思いきや一方では真面目な漫画論を呈する事もあり、トークショーにおいてデビュー元だった古巣である「週刊少年ジャンプ」の連載傾向について「各作家さんに文句があるわけではないが」と前置きし「自分が読んでいた頃のジャンプと違ってオタク化している」と見識を示して、「(当時、WJで連載していた)森田よしのり先生も青年誌に活躍を移せばいいのに」と時代の変化による読者層と連載作品の噛み合いがズレてきていた事も指摘している。

2016年、『こち亀』が連載終了された際、自ら連載中のマンガで『こち亀』に対する追悼をやらかしてくれた・・・先生何やってんすか

代表作

幕張
泣くようぐいす
平成義民伝説 代表人
喧嘩商売』→『喧嘩稼業

関連タグ

作者は病気(『 ~代表人』時期に関して)

関連記事

親記事

漫画家 まんがか

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「木多康昭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 38979

コメント