ピクシブ百科事典

落合博満

おちあいひろみつ

元プロ野球選手。2004年から2011年まで中日ドラゴンズ監督。その後、2014年から2016年までチームのゼネラルマネージャー
目次[非表示]

概要

1953年12月9日生まれ。秋田県出身。右投右打。
長嶋茂雄に憧れて野球を始めたものの、体育会系の風習や厳しい上下関係が嫌いで、高校時代は先輩たちの理不尽なしごきに耐えかねて野球部を退部する。しかし、落合以上の実力を持った選手が居なかったため、試合の時だけ駆り出される形で7度も入退部を繰り返した。東洋大学でも同じ理由で部に馴染めず、故障も重なり僅か半年で野球部を退部し、大学も中退。
その後はプロボウラーを目指したこともあったが、受験料がスピード違反の罰金で飛んだこともありこれまた挫折。そんな時に社会人野球東芝府中に誘われ、入社。主力選手として活躍し、1978年にドラフト3位でロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)に入団。
ポジションは主に一塁手だが、三塁手二塁手をしていた時期もある。

プロ入り後も後に「オレ流」と呼ばれる事になる自分の流儀を貫き通し、稲尾和久監督(当時)の理解もあり、次第に試合で使われるようになり、4年目の1982年には史上最年少となる28歳で三冠王を獲得。その後1985、1986年と三冠王を3回も獲得するなど、名実ともに日本を代表する打者となる。
1986年オフに稲尾の退任などもあり、1対4の大型トレードで中日ドラゴンズに移籍。同時に西武ライオンズ東尾修と共に日本プロ野球初の日本人年俸1億円プレイヤーとなった。

なお、プロ野球80年以上の歴史の中で三冠王を達成した打者は7名のみ(1リーグ時代含む)、150年の歴史を誇るメジャーでも15名と、長い歴史に反して決して多くない。
複数達成者ともなると、日本では王貞治ランディ・バース、メジャーではロジャース・ホーンスビーテッド・ウィリアムズの2名ずつで、みな2回しか達成しておらず、3回も達成したのは日米あわせても未だに落合のみである
歴代通算記録こそ王や野村、ウィリアムズやバリー・ボンズらに及ばないが、三度の三冠王を達成した落合は彼らと並び称される偉大な打者の一人であることは間違いないだろう。

中日では打点王と本塁打王を二度ずつ獲得し、プロ野球史上で初めてセ・パ両リーグで本塁打王を達成 (以後タフィ・ローズ近鉄と巨人)、山崎武司(中日と楽天)が達成)。1993年にはプロ野球史上初の両リーグ200本塁打も達成した。
その1993年オフに、導入されたばかりのFA制度で憧れの長嶋監督率いる巨人へ移籍し、4番打者として2度の優勝に貢献。
その後1996年オフには清原和博の入団に伴い、自ら自由契約を申し入れた上で巨人を退団し、日本ハムに移籍。
1998年に現役を引退。2011年、野球殿堂入り。

2004年にかつてFAで巨人入りした事で、その反発からないだろうと思われていた中日の監督に就任。1年目からリーグ優勝するなど、8年間ですべてAクラス入り、優勝4回、日本シリーズ出場5回、日本一1回という実績を挙げ、2011年退任。2013年のシーズン終了後にゼネラルマネージャーとして復帰(2016年まで勤め、2017年1月に退団)。

また、選手として現役中に「サムライ街道/そんなふたりのラブソング」(1986年、「そんなふたりの…」は夫人の信子とデュエット。5万5000枚を売り上げた。)を始め歌手としてレコードも何枚か発売している。

評価

選手として一流、なおかつ監督としても名監督であったのは間違いない(特に2011年は打率・得点ともリーグ最下位、得失点差は僅か+9の史上最低ながらもリーグ優勝した)が、「オレ流」と言われる悪く言えば自分勝手・自己流を貫き通し、またマスコミにリップサービスをせず、「プロ野球選手の評価は金」と公言するなど、その実績に反して人気は低く、さらには多くのフロント陣からも嫌われていたといわれている。また監督時代には基本が守り勝つ野球であるために、「面白くない野球をしている」と言われることもあった。
ただ、マスコミに見えないところで密かにバッティング練習をしていたり、2006年のリーグ優勝の際に見せた涙など、決して人間味がないわけではない。
他にも監督室で独り言をブツブツと言っていたというエピソードも有名である。

なお、かのドアラがブレイクしたのも落合の監督時代の話であり、ファン感謝デーなどではコンビを組んで絡むなど、前任者の1人である星野仙一がその手のパフォ-マンスを嫌ったのとは対照的で、現在の球界のマスコットブームに一役買った事は紛れもない事実である。ちなみにGM時代にチームの総年俸25%コストカットした際には、ドアラもきっちり25%カットされている。球団に対してはドアラが望む限り、終身雇用するよう嘆願している。
また長男の落合福嗣声優をやっていることも有名だが、彼自身もオタクエピソードが相当あることでも知られる。下はその一例。

  • 息子の影響でガンプラ、というかガンダム好きに。
    • その息子にわざわざ作ったF91を記者の目の前で壊された際はガチで悲しむ。
    • ガンプラ工場を視察した時の記者「野球やってる時より楽しそうだった
    • 週刊誌に「ウイングガンダムが好きと書かれる」→困惑し、「ウイングゼロカスタムが好きなんだが」と発言。
    • CSで巨人を3タテし、その時に録画した「機動戦士ガンダム00」を見て「勝った後のガンダムは最高
    • バンダイからもその熱心さを認められ落合博満専用ガンダムエクシア(ドラゴンズカラーに塗装され、両肩にはドラゴンズロゴと落合の背番号66が入っている)のプラモデルを貰う。
    • さらに中村悠一のファンになり、中村が主演の「CLANNAD」を見ていた。

ロッテ入団時から選手時代の殆どを通じつけていた背番号である「6」に強いこだわりを持つことでも知られ、巨人入団時には篠塚和典が付けていた6の代わりに「60」を付け、監督時代の背番号が「66」だった。この他和歌山県にある記念館や、つけているメガネのフレームのデザインにも6が取り入れられている。
一方で監督・GM時代には選手への背番号にもこだわりを持っていた。

通算2371安打で名球会の資格を持っているが、本人は現在まで入会を固辞し続けている。詳細は明らかにされていないが、入会を拒否している理由はプロ入りして間もない頃に名球会の初代会長である金田正一に自分の打撃を面と向かって酷評されたためともされ、金田との長年にわたる確執が取り沙汰されている。一方で落合は歴代プロ野球ベストナインの問いかけに、投手にその金田を選んでおり(他に捕手野村、一塁王、三塁長嶋を選んでいるところを見ると、嫌味や嘘で選んだとも考えづらい)、金田の400勝の実績は実績として認めているなど割り切り方はあっさりしている。

発言

横浜ベイスターズ佐々木主浩の決め球であったフォークボールについて、「あれはフォークではなくカーブ」と発言。

「日本プロ野球での真のホームランバッターは誰?」と聞かれ、田淵幸一山本浩二の2人を挙げた。さらに「王貞治さんはホームランバッターじゃないんですか?」と再び質問され、「俺も王さんもホームランバッターではないね」と自分と王貞治を比肩して回答した。

「野球は仕事」と認識しており、「俺は野球を見るのが嫌いだし、大リーグも見ないし、高校野球も見ない」という。その一方、GM時代はチーム建て直しの一環として即戦力が見込める社会人野球や大学野球を中心とした視察が多く、GM退任後は息子を連れて解説をしながら観戦もしている。

昨今はその言動を息子に面白おかしくツイッターでネタにされたりも(一例として「まずは相手に全部言わせる。それをさせた上でこちらのカードを一枚ずつ切っていく」と交渉のコツを息子に語った上で「ただ、それが通用しないのが信子(落合夫人)」とオチをつけられたり)。

pixivに投稿された作品 pixivで「落合博満」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 107088

コメント