ピクシブ百科事典

金田正一

かねだまさいち

愛知県中島郡平和村(現:稲沢市)出身の元プロ野球選手・監督、野球解説者・評論家、実業家、タレント。血液型はB型。

概要

1933年8月1日生まれ。ポジションは投手。左投左打。
1950年に高校を中退し、国鉄スワローズ(現東京ヤクルトスワローズ)に入団。弱小球団のエースとして、1951年から15年のうち14回20勝以上を挙げる活躍をみせ、大エースとして「金田天皇」とまで呼ばれるほどであった。
1964年のシーズンオフに読売ジャイアンツに移籍。1969年には日本人投手では史上初にして唯一となる通算400勝を達成。同年、現役を引退。
通算400勝298敗はどちらも日本プロ野球記録であり、その他にも通算完投数365、通算投球回数5526.2、通算対戦打者数22078、通算奪三振数4490、通算与四球1808など、数多くの日本プロ野球・セリーグ記録を保持している。
金田の背番号「34」は、巨人の永久欠番の一つとなっている。1988年、野球殿堂入り。

長嶋茂雄のデビュー戦で、4三振を奪うなどのエピソードにも事欠かない。
また、投手としてだけでなく打者としても優れた実力を発揮しており、通算38本塁打を放っている(うち2本は代打)。投手なのに8回も敬遠されている、
2018年現在、日本人投手の通算本塁打記録は大谷翔平選手が更新し、現在も継続中であるが、二刀流プレイヤーである彼の本塁打は、その大半が指名打者外野手として出場している時に記録されたものであり、「投手として出場している時」に記録した本塁打数は依然として金田の記録が最多である。

現役引退後はロッテオリオンズ(現千葉ロッテマリーンズ)の監督を2度務めており、1974年には日本一に輝いている。
1978年には稲尾和久村山実らと共に名球会を創設。初代会長として、名球会入りした選手が出るたびに、金田がブレザーを贈るシーンは恒例となっている(現在は退会している)。

鉄人28号の金田正太郎の名前の由来でもある。
また、巨人の星侍ジャイアンツでも、主人公の良き理解者として大きな存在感を放っている。

実弟の金田高義、金田星雄、金田留広は元プロ野球選手。(1軍経験があるのは留広のみ)
息子は俳優の金田賢一。甥に元プロ野球選手の金石昭人がいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「金田正一」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2252

コメント