ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ここでは現・埼玉西武ライオンズのうち太平洋クラブがスポンサーを務めていた1973~1976年の歴史を解説する。

球団史

黒い霧事件の影響を受け、球団の親会社だった西日本鉄道が1972年シーズン限りで球団運営から撤退。会社名を「福岡野球」に改名し、親会社なしでスポンサーを募集することになった。
その結果、ゴルフ場などのリゾート開発を営んでいた太平洋クラブがメインスポンサーとなり(保有していたのはロッテオリオンズのオーナーだった中村長芳氏個人で、太平洋クラブは今で言うネーミングライツに近い)、太平洋クラブライオンズが誕生した。
本拠地は引き続き平和台球場を使用していた。

黒い霧事件からの人気回復を図り、パ・リーグでは1973年から前後期制を導入した。
当時の球団は人気が低迷して深刻な財政難に陥っており、特にオーナー中村に対する財界からの不信感がそれを深刻化させていた(ロッテのオーナー時代に起きた放棄試合を主導していたためとされる)。
そこで1973年から1974年にかけてロッテオリオンズとの間に「遺恨試合」を企画し実行。観客動員は盛り返したものの、警察まで出動する騒ぎとなってしまった。
1975年には強打のチームとなり、「山賊打線」として恐れられ前期2位にまで躍り出た(通年は3位)。この打線名は43年後再びライオンズの打線に使用されることになる。
しかし翌1976年は前年と打って変わって前後期とも最下位に沈んだ。
1976年シーズン終了後、メインスポンサー変更によりクラウンライターライオンズとなった(1978年までは太平洋クラブも参画)。

2010年に当時のユニフォームが復刻された。

順位の変遷

総合順位《前期》【後期】監督
1973年4位《4位》【5位】稲尾和久
1974年5位《3位》【4位】稲尾和久
1975年3位《2位》【4位】江藤愼一
1976年6位《6位》【6位】レオ・ドローチャー鬼頭政一


関連項目

西鉄クリッパース西鉄ライオンズ太平洋クラブライオンズクラウンライターライオンズ西武ライオンズ埼玉西武ライオンズ

高橋ユニオンズ - 同じく個人球団でこちらはトンボと提携
松竹ロビンス - LIONと提携していた時代の旧称「ライオン軍」はネーミングライツ球団の走りとなっている。
へ〜ん○しん!! 〜そなたバーディ・ラッシュ〜 - ゴルフ漫画だが、「極貧」「ユニフォームそのものを広告とする」などある意味当球団の状況に近いといえる。

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「太平洋クラブライオンズ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「太平洋クラブライオンズ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5275

コメント