ピクシブ百科事典

大洋ホエールズ

たいようほえーるず

かつて存在した日本のプロ野球チーム。「横浜DeNAベイスターズ」の源流のプロ野球球団。
目次[非表示]

本記事では、1977年までの球団の歴史について記述する。それ以降については「横浜大洋ホエールズ」「横浜ベイスターズ」「横浜DeNAベイスターズ」の個別記事を参照。

球団史

プロ野球草創期、「松竹ロビンス」との合併

1929年に誕生した大洋漁業(現マルハニチロ食品)の実業団チームを起源とする。この大洋漁業の社会人チームは、過去4回都市対抗野球大会に出場した(ただし、同時期に後に西鉄ライオンズとなる強豪西日本鉄道が存在し優勝できなかった)。1949年に日本野球連盟に加盟、まるは球団から1950年セ・リーグ加盟後に大洋ホエールズに改称した。
当初の本拠地は遠洋漁業の根拠地である山口県下関市であった。

1953年松竹ロビンスと合併(形式は対等合併、実質的には大洋が松竹を吸収)、大洋松竹ロビンス(1954年洋松ロビンスが正式名称)となり、大阪府の大阪球場へ移転したが、1954年オフに松竹が経営から撤退すると、チーム名を大洋ホエールズに戻し、本拠地は神奈川県川崎球場に移転した。
なお、基本的に松竹は現在の横浜DeNAの歴史においては傍系扱いで優勝回数などはカウントされない。

川崎球場時代

しばらくはBクラスの中を低迷していたが、1960年に初優勝。さらに日本シリーズ毎日大映オリオンズ(現・千葉ロッテマリーンズ)を破り日本一に輝く。
その後は秋山登青田昇を筆頭に近藤和彦桑田武松原誠平松政次ジョン・シピンクリート・ボイヤーら、1970年代には山下大輔基満男高木豊ら名選手を輩出するもののなかなか優勝は出来なかった。
1978年シーズンより本拠地を神奈川県川崎市から横浜市に移転し、横浜大洋ホエールズへ改称。以降2021年現在までチーム名こそ変わるものの本拠地は移転していない。

関連タグ

大洋ホエールズ横浜大洋ホエールズ横浜ベイスターズ横浜DeNAベイスターズ

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「大洋ホエールズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 61420

コメント