ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

日本シリーズ

にっぽんしりーず

日本プロ野球機構(NPB)における、セ・パ各リーグの勝ち抜き球団同士による日本一決定戦。
目次 [非表示]

概要

正式名称は「日本選手権シリーズ」

セントラル・リーグパシフィック・リーグクライマックスシリーズの勝者同士が対戦し、日本一を決める。


全7試合行われ、先に4勝したチームが日本一となる。6戦目までに日本一が決定した場合その時点で終了し、残りの試合は行われない。第6戦までは延長は12回まで行われ、それ以降は延長無制限となる。第7戦終了時点でどちらのチームも4勝していなかった場合は8試合目以降も行われることになっており、1986年の西武対広島は第1戦が引き分けとなり、8試合目で決着した例がある。


元々は1950年、2リーグ制がスタートした際に行われたのが始まりで、当時はMLBワールドシリーズにならって「日本ワールドシリーズ」という名称だったが、後に「日本シリーズ」に改められた。

現在ではスポンサーがつくようになり、2011年から2013年まで、ゲームメーカーコナミが協賛し、「コナミ日本シリーズ」の名称で開催。2014年以降は三井住友銀行が協賛し、「SMBC日本シリーズ」として開催されている。


なお、2003年以前は単純にそれぞれのリーグ戦の1位(優勝)チーム同士の対戦であった。また、パ・リーグが前後期制をひいていた時期は、前後期で優勝チームが分かれた場合プレーオフを行い勝ち抜いた球団が日本シリーズに進出していた。

その後パ・リーグでは2004年から、1シーズン制の1~3位チームによるプレーオフが行われ、これを発展させる形で2007年からセ・リーグでも同様の制度を開始。クライマックスシリーズと銘打たれ勝ち抜いたチームが日本シリーズに進出するという現行と同様の方式が始まった。


球団ごとの出場記録(消滅球団含む)

現行の12球団で、最も多く日本一になっているのは読売ジャイアンツで出場回数も最多。逆に最も少ないのは東北楽天ゴールデンイーグルスで出場回数も最小である。

2013年に東北楽天ゴールデンイーグルスが日本一になったことにより、現存する全12球団が日本一を経験した(前身球団時代を含む)。ただし、横浜DeNAベイスターズのみ現行球団では達成していない。なお、イーグルスは2023年現在1回の出場にとどまっているため、唯一日本シリーズで敗退したことがない。

なお、消滅した球団はいずれも日本一になれずに終わっている。


球団創立から最も早く球団初の日本一を達成したのは千葉ロッテマリーンズ(1950年、創設初年度、当時毎日オリオンズ)、逆に最も遅かったのは阪神タイガース(1985年、創設から51年目※1リーグ時代を除く。現行リーグ制になって以降では36年目)である。

前回の日本一から次の日本一まで最も期間が空いたのは中日ドラゴンズの53年(1954年から2007年まで)、出場の期間が空いたのは横浜DeNAベイスターズの38年(大洋ホエールズ時代の1960年から横浜ベイスターズ時代の1998年まで)である。

2023年時点で最も日本一から遠ざかっているのは広島東洋カープ(1984年以来達成なし)、出場から遠ざかっているのは埼玉西武ライオンズ(2008年以来出場なし)である。


セントラル・リーグ所属の球団

※それぞれの記録には前身球団を含む。

球団出場回数/優勝回数最終出場年度最終優勝年度
読売ジャイアンツ36/2220202012
中日ドラゴンズ10/220112007
東京ヤクルトスワローズ9/620222021
広島東洋カープ8/320181984
阪神タイガース7/220232023(New!!)
横浜DeNAベイスターズ3/220171998
松竹ロビンス(消滅球団)1/01950(優勝できず)
西日本パイレーツ(消滅球団)0/0(出場なし)

パシフィック・リーグ所属の球団

※それぞれの記録には前身球団を含む

球団出場回数/優勝回数最終出場年度最終優勝年度
埼玉西武ライオンズ21/1320082008
福岡ソフトバンクホークス20/1120202020
オリックス・バファローズ15/520232022
千葉ロッテマリーンズ6/420102010
北海道日本ハムファイターズ7/320162016
東北楽天ゴールデンイーグルス1/120132013
大阪近鉄バファローズ(消滅球団)4/02001(優勝できず)
大映ユニオンズ(消滅球団)0/0(出場なし)
高橋ユニオンズ(消滅球団)0/0(出場なし)


歴史

ここからは、10年毎に区切って過去の日本シリーズの結果を紹介する。

2023年終了時点で74回開催されており、リーグごとの日本一の回数で見ると、2023年終了時点でセ・リーグ37回、パ・リーグ37回と互角である。


回次にリンク先があるものには、個別記事がある。

プレーオフおよびクライマックスシリーズが導入されていた年(1973年~1982年および2004年以降)は、レギュラーシーズンの順位を【】で表す。


1950年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
1950年(第1回)毎日(湯浅禎夫)〇〇●●〇〇松竹(小西得郎)別当薫ミサイル打線VS水爆打線
1951年(第2回)巨人(水原茂)〇〇〇●〇南海(山本一人)南村不可止日米野球開催のため、日程が繰り上がった
1952年(第3回)巨人(水原茂)〇〇●〇●〇南海(山本一人)別所毅彦別所が3勝を挙げる
1953年(第4回)巨人(水原茂)●〇△〇〇●〇南海(山本一人)別所毅彦この年から敢闘賞が導入、日米野球の影響で移動日はなかった
1954年(第5回)中日(天知俊一)〇〇●●〇●〇西鉄(三原脩)杉下茂杉下が7試合中5試合登板、うち4試合完投し3勝1敗
1955年(第6回)巨人(水原円裕)〇●●●〇〇〇南海(山本一人)別所毅彦別所が第4戦から4連投
1956年(第7回)西鉄(三原脩)●〇〇〇●〇巨人(水原円裕)豊田泰光巌流島の戦い」、稲尾は6試合全てに登板
1957年(第8回)西鉄(三原脩)〇〇〇△〇巨人(水原円裕)大下弘引き分けを挟んで4連勝、すべて1点差ゲーム
1958年(第9回)西鉄(三原脩)●●●〇〇〇〇巨人(水原円裕)稲尾和久「神様・仏様・稲尾様」
1959年(第10回)南海(鶴岡一人)〇〇〇〇巨人(水原円裕)杉浦忠史上初の引き分けを挟まない4連勝

1960年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
1960年(第11回)大洋(三原脩)〇〇〇〇大毎(西本幸雄)近藤昭仁4試合すべて1点差ゲーム
1961年(第12回)巨人(川上哲治)●〇〇〇●〇南海(鶴岡一人)宮本敏雄雨天中止が4度もあった
1962年(第13回)東映(水原茂)●●△〇〇〇〇阪神(藤本定義)土橋正幸種茂雅之この年のみMVPが2人出た(バッテリー同士での受賞)
1963年(第14回)巨人(川上哲治)●〇〇●〇●〇西鉄(中西太)長嶋茂雄長嶋が初のMVPを受賞
1964年(第15回)南海(鶴岡一人)〇●●〇●〇〇阪神(藤本定義)ジョー・スタンカ東京オリンピックの年は御堂筋決戦
1965年(第16回)巨人(川上哲治)〇〇〇●〇南海(鶴岡一人)長嶋茂雄V9の始まり
1966年(第17回)巨人(川上哲治)〇●〇〇●〇南海(鶴岡一人)柴田勲鶴岡監督はこれが最後の出場
1967年(第18回)巨人(川上哲治)〇〇〇●●〇阪急(西本幸雄)森昌彦阪急はこれが初出場
1968年(第19回)巨人(川上哲治)●〇〇〇●〇阪急(西本幸雄)高田繁高田が近藤昭仁以来の新人でMVP受賞
1969年(第20回)巨人(川上哲治)〇●〇〇●〇阪急(西本幸雄)長嶋茂雄第4戦でシリーズ初の退場事件が起こる

1970年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
1970年(第21回)巨人(川上哲治)〇〇〇●〇ロッテ(濃人渉)長嶋茂雄どちらも東京が本拠地だった
1971年(第22回)巨人(川上哲治)〇●〇〇〇阪急(西本幸雄)末次民夫王のサヨナラ本塁打
1972年(第23回)巨人(川上哲治)〇〇●〇〇阪急(西本幸雄)堀内恒夫前年と同じ勝敗で決着
1973年(第24回)巨人(川上哲治)●〇〇〇〇南海【前期1位】(野村克也)堀内恒夫巨人9連覇達成、南海最後の出場
1974年(第25回)ロッテ【後期1位】(金田正一)●〇●〇〇〇中日(与那嶺要)弘田澄男当時ロッテは宮城球場を暫定本拠地としていたが、後楽園球場で開催
1975年(第26回)阪急【前期1位】(上田利治)△〇〇△〇〇広島(古葉竹識)山口高志広島初出場、両監督とも広島OB
1976年(第27回)阪急【前後期共に1位】(上田利治)〇〇〇●●●〇巨人(長嶋茂雄)福本豊阪急は6度目の挑戦で巨人に初勝利
1977年(第28回)阪急【前期1位】(上田利治)〇〇●〇〇巨人(長嶋茂雄)山田久志阪急として最後の日本一
1978年(第29回)ヤクルト(広岡達朗)●〇●〇〇●〇阪急【前後期共に1位】(上田利治)大杉勝男1時間19分に及ぶ抗議
1979年(第30回)広島(古葉竹識)●●〇〇〇●〇近鉄【前期1位】(西本幸雄)高橋慶彦江夏の21球で広島初の日本一

1980年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
1980年(第31回)広島(古葉竹識)●●〇〇●〇〇近鉄【後期1位】(西本幸雄)ジム・ライトル近鉄主催試合は日生球場や藤井寺球場ではなく大阪球場
1981年(第32回)巨人(藤田元司)●〇●〇〇〇日本ハム【後期1位】(大沢啓二)西本聖全試合後楽園球場で開催された「後楽園決戦」
1982年(第33回)西武【前期1位】(広岡達朗)〇〇●●〇〇中日(近藤貞雄)東尾修流れを変えた「石ころ事件」
1983年(第34回)西武(広岡達朗)〇●●〇●〇〇巨人(藤田元司)太田卓司終盤逆転4度、サヨナラ勝ち3度の大激闘
1984年(第35回)広島(古葉竹識)〇●〇〇●●〇阪急(上田利治)長嶋清幸9年越しの雪辱、阪急最後の出場
1985年(第36回)阪神(吉田義男)〇〇●●〇〇西武(広岡達朗)ランディ・バース阪神が初の日本一
1986年(第37回)西武(森祇晶)△●●●〇〇〇〇広島(阿南準郎)工藤公康史上唯一第8戦まで縺れた
1987年(第38回)西武(森祇晶)●〇〇●〇〇巨人(王貞治)工藤公康KK対決、清原の涙
1988年(第39回)西武(森祇晶)〇●〇〇〇中日(星野仙一)石毛宏典昭和最後の日本シリーズ、台湾人対決
1989年(第40回)巨人(藤田元司)●●●〇〇〇〇近鉄(仰木彬)駒田徳広平成最初の日本シリーズ、「巨人はロッテより弱い」

1990年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
1990年(第41回)西武(森祇晶)〇〇〇〇巨人(藤田元司)オレステス・デストラーデ「監督がヘボだから負けた」
1991年(第42回)西武(森祇晶)〇●〇●●〇〇広島(山本浩二)秋山幸二広島はここから25年間遠ざかる
1992年(第43回)西武(森祇晶)●〇〇〇●●〇ヤクルト(野村克也)石井丈裕7試合中4試合が延長戦の死闘
1993年(第44回)ヤクルト(野村克也)〇〇●〇●●〇西武(森祇晶)川崎憲次郎前年の雪辱、森監督の不敗神話途切れる
1994年(第45回)巨人(長嶋茂雄)●〇〇●〇〇西武(森祇晶)槙原寛己長嶋が監督として初の日本一
1995年(第46回)ヤクルト(野村克也)〇〇〇●〇オリックス(仰木彬)トーマス・オマリー小林・オマリーの14球
1996年(第47回)オリックス(仰木彬)〇〇〇●〇巨人(長嶋茂雄)トロイ・ニール星取りが前年と同じ、最初で最後のイチローVS松井
1997年(第48回)ヤクルト(野村克也)〇●〇〇〇西武(東尾修)古田敦也ホージーのグリップエンド打法
1998年(第49回)横浜(権藤博)〇〇●●〇〇西武(東尾修)鈴木尚典マシンガン打線で38年ぶりの日本一
1999年(第50回)ダイエー(王貞治)〇●〇〇〇中日(星野仙一)秋山幸二35年ぶり福岡移転後初の日本一

2000年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
2000年(第51回)巨人(長嶋茂雄)●●〇〇〇〇ダイエー(王貞治)松井秀喜20世紀最後の日本シリーズ、最初で最後のON対決
2001年(第52回)ヤクルト(若松勉)〇●〇〇〇近鉄(梨田昌孝)古田敦也21世紀最初の日本シリーズ、近鉄最後の日本シリーズ
2002年(第53回)巨人(原辰徳)〇〇〇〇西武(伊原春樹)二岡智宏ゴジラ松井VSリトル松井
2003年(第54回)ダイエー(王貞治)〇〇●●●〇〇阪神(星野仙一)杉内俊哉内弁慶シリーズ
2004年(第55回)西武【2位】(伊東勤)〇●〇●●〇〇中日(落合博満)石井貴2位からの日本一
2005年(第56回)ロッテ【2位】(ボビー・バレンタイン)〇〇〇〇阪神(岡田彰布)今江敏晃両軍の総得点は33-4
2006年(第57回)日本ハム【1位】(トレイ・ヒルマン)●〇〇〇〇中日(落合博満)稲葉篤紀「シンジラレナーイ!」44年ぶりの日本一
2007年(第58回)中日【2位】(落合博満)●〇〇〇〇日本ハム【1位】(トレイ・ヒルマン)中村紀洋前年の雪辱、山井大介の準完全試合
2008年(第59回)西武【1位】(渡辺久信)〇●●〇●〇〇巨人【1位】(原辰徳)岸孝之岸のカーブが巨人を封じた
2009年(第60回)巨人【1位】(原辰徳)〇●〇●〇〇日本ハム【1位】(梨田昌孝)阿部慎之助巨人7年ぶりの日本一

2010年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
2010年(第61回)ロッテ【3位】(西村徳文)〇●〇●〇△〇中日【1位】(落合博満)今江敏晃3位からの下剋上
2011年(第62回)ソフトバンク【1位】(秋山幸二)●●〇〇〇●〇中日【1位】(落合博満)小久保裕紀ソフトバンクになってから初の日本一
2012年(第63回)巨人【1位】(原辰徳)〇〇●●〇〇日本ハム【1位】(栗山英樹)内海哲也多田野数人VS加藤健
2013年(第64回)楽天【1位】(星野仙一)●〇〇●〇●〇巨人【1位】(原辰徳)美馬学楽天初の日本一
2014年(第65回)ソフトバンク【1位】(秋山幸二)●〇〇〇〇阪神【2位】(和田豊)内川聖一守備妨害で日本一決定
2015年(第66回)ソフトバンク【1位】(工藤公康)〇〇●〇〇ヤクルト【1位】(真中満)李大浩トリプルスリー対決
2016年(第67回)日本ハム【1位】(栗山英樹)●●〇〇〇〇広島【1位】(緒方孝市)ブランドン・レアード札幌VS広島の遠距離シリーズ
2017年(第68回)ソフトバンク【1位】(工藤公康)〇〇〇●●〇DeNA【3位】(アレックス・ラミレス)デニス・サファテ3年連続で外国人がMVP
2018年(第69回)ソフトバンク【2位】(工藤公康)△●〇〇〇〇広島【1位】(緒方孝市)甲斐拓也甲斐キャノンが炸裂した平成最後の日本シリーズ
2019年(第70回)ソフトバンク【2位】(工藤公康)〇〇〇〇巨人【1位】(原辰徳)ジュリスベル・グラシアル令和最初の日本シリーズ、ソフトバンク史上初の3連覇および2010年代内における日本シリーズでのセ・リーグ全6球団撃破達成

2020年代

年(回次)勝利チーム(監督)星取り(左から順)敗退チーム(監督)MVP備考
2020年(第71回)ソフトバンク【1位】(工藤公康)〇〇〇〇巨人【1位】(原辰徳)栗原陵矢60年ぶりとなる2年連続の4タテ
2021年(第72回)ヤクルト【1位】(高津臣吾)●〇〇〇●〇オリックス【1位】(中嶋聡)中村悠平直近2年最下位同士の対決、59年ぶり3球場開催、セ・リーグ球団9年ぶりの日本一
2022年(第73回)オリックス【1位】(中嶋聡)●△●〇〇〇〇ヤクルト【1位】(高津臣吾)杉本裕太郎前年の雪辱、球団合併後初の日本一
2023年(第74回)阪神【1位】(岡田彰布)〇●●〇〇●〇オリックス【1位】(中嶋聡)近本光司59年ぶりの関西勢同士の対決、阪神なんば線シリーズ、38年ぶりの日本一

巨人のV9などがあったため昭和末期時点ではセ・リーグの日本一が多かったが、現行12球団が成立した平成中期以降はパ・リーグ優位が続いている。近年の成績からパ・リーグが勝ち越し続けていると思われがちだが、日本一の回数でパ・リーグが上回っていたのは1950年、2020年、2022年の通算3年間だけしかない。


余談

現行制度ではリーグ優勝チーム同士の対決とは限らず、勝率2位以下からでも出場できる可能性がある。ただし、日本シリーズに出場できなくてもリーグ優勝が剥奪されることはない。

勝率2位以下でも日本一になることができる分、「リーグ優勝と日本一を同時に達成する」ことがより価値のあるものと見なされており、この同時達成は俗に「完全制覇」と呼ばれている。

この考え方に基づけば、例えば中日ドラゴンズは1954年を最後に完全制覇を達成できていないことになる。


北海道日本ハムファイターズは、対決する2チームの本拠地球場間の距離が最も長かったシリーズ(2016年、1231km、相手は広島)と、最も短かったシリーズ(1981年、0km、当時日本ハムファイターズ、相手は巨人)の両方を経験している。


関連項目

野球 プロ野球/NPB

セントラル・リーグ/セ・リーグ

パシフィック・リーグ/パ・リーグ

クライマックスシリーズ ポストシーズン ペナントレース 西日本シリーズ


ワールドシリーズ米国カナダの球団で構成される、メジャーリーグ(MLB/大リーグ)における北アメリカ一決定戦。

関連記事

親記事

プロ野球 ぷろやきゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 539043

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました