ピクシブ百科事典

大映スターズ

だいえいすたーず

かつて存在したプロ野球チームで1946年から1957年まで活動した。
目次[非表示]

歴史

球団創設期

戦争中、朝日軍は奈良県の御所にあった関連会社の軍需工場に疎開していた。しかし1945年に朝日軍の多くの選手達は軍需工場の工場長と共に一方的に分離独立を宣言、東京をフランチャイズとする事を条件に日本野球連盟の承認を得て1946年にゴールドスターとして発足した。翌1947年には金星スターズと改称した。ところが親会社の規模は小さく、経営は悪化するばかりだった。

国民野球連盟合流

1948年、球団は当時国民リーグ解散で対戦相手のいなくなった大塚アスレチックスに吸収合併された。但し、逆さ合併の形をとったため法人格や名称は金星側を継承した。この時、後楽園イーグルスの流れを汲む結城ブレーブスも吸収し、人員過剰であったため2軍を創設した。

大映時代

一方、産業軍(中日ドラゴンズ)もまた戦後お家騒動が起きていた。戦時中名古屋軍の親会社新愛知と名古屋金鯱軍の親会社名古屋新聞が合併し、中日新聞が成立したのだが、政府側は新聞社の球団保有に否定的な意見を出した。このため名古屋金鯱軍は東京セネターズに吸収合併されたのだが、残った名古屋軍は宙に浮いてしまった。この時赤嶺理事は理研産業をスポンサーとする事としたが、戦後理研産業が解体されると共に経営は中日新聞が再び掌握、赤嶺は解任された。この時赤嶺派が球団を分裂させ1948年に大映をスポンサーとした大映野球を成立させた。ところが大映野球は日本野球連盟の承認を得られず、結局この時は赤字が続いていた東急フライヤーズと合併し急映フライヤーズを成立した。この際、やはり2軍を結成し金星スターズ2軍と共に独自採算を模索、経営面で強い協力体制が作られていた。
1949年、金星スターズが再び経営悪化すると大映野球は再分離した上で金星スターズと逆さ合併。名称を大映スターズと改めた。
1957年後楽園イーグルスのオーナーが1954年に新たに結成した高橋ユニオンズを吸収し大映ユニオンズとなるが、この年最下位の球団を存続させない取り決めがあり、大映ユニオンズが最下位になったため1958年毎日オリオンズと合併し大毎オリオンズとなり現在の千葉ロッテマリーンズに至る。

関連記事

親記事

かつて存在したプロ野球チーム かつてそんざいしたぷろやきゅうちーむ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大映スターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 994

コメント