ピクシブ百科事典

北海道日本ハムファイターズ

ほっかいどうにっぽんはむふぁいたーず

日本のパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は北海道。現在の親会社は日本ハム。
目次[非表示]

概要

第二次世界大戦後の1946年セネタースとして発足。
その後1947年東急フライヤーズ1948年急映フライヤーズ1949年には東急フライヤーズと戻すなどしばらくはチーム名が安定しなかったが、1954年東映フライヤーズに改称、定着。
その後、1973年日拓ホームフライヤーズを挟んで1974年からは日本ハムファイターズとし、2004年からは本拠地を北海道に移して現在のチーム名となる。

現在の本拠地は北海道札幌市札幌ドーム。二軍は千葉県鎌ヶ谷市に本拠地を置いている。

補強資金の少なさからチームの特徴としてはドラフトの上位指名選手こそその年の目玉選手を指名するが、下位では無名選手を指名、各球団に許された「育成選手制度」も12球団で唯一使用せず(なお、2016年シーズンにおいては東京ヤクルトスワローズと埼玉西武ライオンズも育成選手を保有していない)、彼らを効率的に主力選手に育て上げる独自の育成システムを確立しており、また「ベースボールオペレーションシステム」(BOS)という独自のシステムにより、効率的な球団運営やチーム編成を行っている。

キーワード・歴史

戦後の「セネタース」復活と東映までの相次ぐ経営譲渡

太平洋戦争終結後の1945年、かつて東京セネタースを立ち上げた横沢三郎が新規にセネタースを立ち上げ、同じく新規球団のゴールドスター(後の大映ユニオンズ)とともに加盟。大下弘飯島滋弥白木義一郎ら即戦力選手を集めたが、財政的に厳しく結局1年で横沢は球団経営をあきらめてしまう。また、9月には日本プロ野球では初となる放棄試合を記録した。
1947年からは東京急行電鉄が球団を買い取って東急フライヤーズと改称する。さらに1948年には国民野球連盟に携わっていた大映が接近、東急大映野球→急映フライヤーズとして運営。もっとも、大映は1949年から金星スターズ(旧ゴールドスター)を買収して大映スターズを経営しているため、急映も1949年からは東急フライヤーズに戻っている。なお1948年、プロ野球で初めてとなる二軍(チーム名は東急チックフライヤーズ)を創設している。
1949年の2リーグ分立ではパ・リーグに加盟。本拠地を後楽園球場、後駒澤野球場(駒沢球場)に移した。
1954年からは東映フライヤーズとする。2リーグ分立以降は「駒沢の暴れん坊」とあだ名されるほど自由奔放なプレーが目立ち、順位もBクラスに低迷。1952年には大下が契約交渉のこじれから西鉄ライオンズへ移籍した。
1960年水原茂が監督に就任。1962年張本勲土橋正幸尾崎行雄種茂雅之らの活躍で初優勝、日本一を飾る。1960年代後半は張本だけでなく大杉勝男白仁天毒島章一ら強打者が多数在籍。しかし優勝からは遠ざかり、1973年に東映が日拓ホームに球団経営権を譲渡。チーム名を日拓ホームフライヤーズとした。

日拓と日本ハム、一瞬の黄金と長きに渡る低迷へ

不人気パリーグを憂いた日拓は、7色のユニフォームなど様々なチャレンジをするも、1973年の球界再編問題の煽りを食って球団経営をわずか1年で日本ハムに譲渡。「フライ」が揚げ物の他ハエを意味する単語で食品会社の日本ハムにはちょっと…ということもあり、シーズンオフより日本ハムファイターズと改称。張本、大杉ら東映時代の主力を次々他球団に放出し、高橋直樹小田義人高橋一三富田勝らの新しい顔ぶれで優勝と「強打のチーム」からの刷新を目指すことになる。
ファイターズになってからもしばらくはBクラスに低迷していたが、1978年ボビー・ミッチェル柏原純一らの活躍でファイターズ初のAクラスに浮上。1980年木田勇が新人ながらMVPに輝く活躍を見せたが結果は3位。翌1981年に優勝したが「後楽園決戦」となった日本シリーズでは読売ジャイアンツの前に敗れ去る。
このころにはシーズン無敗の記録を打ち立てた間柴茂有をはじめ、高橋里志工藤幹夫岡部憲章二村忠美三沢淳西崎幸広大宮龍男大島康徳らが在籍していた。
1988年からは巨人共々東京ドームに本拠地を移す。西崎、柴田保光松浦宏明河野博文ら投手陣は奮闘したもの打線が貧打で優勝からは遠ざかる。その後も若菜嘉晴角盈男藤王康晴ら大物選手を獲得するも状況は変わらなかった。
1990年代中盤からは白井一幸マット・ウインタース酒井光次郎武田一浩金石昭人片岡篤史田中幸雄広瀬哲郎リック・シュー田村藤夫らが在籍。
後半からは岩本勉今関勝島崎毅田口昌徳上田佳範井出竜也芝草宇宙金子誠ら若手が徐々に台頭。移籍組では下柳剛石井丈裕奈良原浩落合博満らが在籍した。
1998年からは田中、小笠原道大ナイジェル・ウィルソン、片岡、西浦克拓らを擁して「ビッグバン打線」としてシーズンを戦い、前半戦こそ絶好調だったものの後半戦で大失速、優勝を逃す。この年限りで落合が引退。
21世紀に入ると中村隼人正田樹ら若手投手が活躍したもののAクラスには上がれず。
そして、常に不人気球団の座に甘んじ続けた日本ハム。2003年オフ、一軍の本拠地を北海道に移すことになる。

北海道移転と常勝軍団への歩み

選手達は北海道移転と同時に、ペナント争いに加え「不人気球団ファイターズを北海道に根付かせる」というもう一つの戦いを始めることになった。そんな中、明るいキャラクターで人気を誇った新庄剛志MLBから復帰。彼の様々なパフォーマンスによりファイターズは前年までとは比べ物にならないほどメディアに取り上げられるようになる。そして新庄は「札幌ドームを満員にする」「チームを日本一にする」を目標に掲げる。
移転1年目の2004年は3位。横山道哉が最多セーブ王、フェルナンド・セギノールが本塁打王に輝く。そしてそのオフ、ヤクルトスワローズからFA移籍で稲葉篤紀(球団初・現在でも唯一のFA獲得)を、ドラフト1位でダルビッシュ有を獲得。
2005年は打線が深刻な不振に悩まされ5位に終わるものの、翌2006年はシーズン始めに新庄が引退宣言という衝撃に見舞われながらも、攻撃力だけでなく守備力・投手力でも圧倒的な力を見せ優勝。その野球は「確実に1点を取り守り切る野球」と謳われた。そして日本シリーズでも中日ドラゴンズを破り44年ぶりの日本一、新庄最後の花道を見事に飾り、「満員の札幌ドームで日本一」という目標も達成された。オフに小笠原が巨人にFA移籍。
2007年は前年の「確実に1点を取り守り切る」がより徹底されて2連覇を飾るものの、再び中日との顔合わせになった日本シリーズでは1勝3敗で迎えた第5戦で山井大介岩瀬仁紀の前に完全継投を喫して敗れる。オフにこの年2000本安打を達成した田中幸雄が引退し、ドラフトで中田翔を獲得。田中の背番号6は中田に引き継がれた。また、あの多田野数人が入ったのもこの年(当時は高校生と大学社会人ドラフトが別だったため、両者ともドラ1)。そしてこの年トレイ・ヒルマン監督は退任。
2008年からは梨田昌孝が監督に就任。1年目は怪我人続出による貧打に悩まされ3位、翌2009年は優勝を飾る。この年は武田勝、ダルビッシュしかまともにいなかった先発陣を林昌範江尻慎太郎宮西尚生武田久菊地和正ら強力リリーフ陣ががっちりカバー。さらに大野奨太二岡智宏の入団と糸井嘉男の大ブレイク、そして金子の打棒の爆発もチームに勢いを与えた。日本シリーズでは巨人の前に敗れる。
2010年榊原諒が新人王に輝く活躍を見せ、陽岱鋼の覚醒もあったが序盤の低迷もありチームは4位。オフに建山義紀がメジャー移籍を目指し、森本稀哲がFA移籍で横浜ベイスターズへと移籍した。2011年は投手陣が圧倒的な力を見せるものの梨田の退任報道が出ると一気に打線が機能不全に陥った結果2位。その梨田が退任した後任は栗山英樹が就任した。
栗山監督1年目の2012年吉川光夫が力を増し、斎藤や武田勝とともにリリーフ不調の穴を埋め、リリーフも後半戦から怒涛の勢いで登板し続けた増井浩俊が活躍、多田野や中村勝谷元圭介が斎藤の抜けたローテを埋め、打線も稲葉や鶴岡が大車輪の活躍を見せ3年ぶりの優勝を飾り、絶好調のまま迎えた日本シリーズでは巨人の前に再び敗れる。オフに糸井嘉男を八木智哉とともに、木佐貫洋大引啓次赤田将吾とのトレードで放出している。
2013年は二刀流・大谷翔平が大いに注目され、ミチェル・アブレイユのホームラン王獲得や陽の盗塁王獲得という明るい話題もあったものの、糸井やメジャー挑戦の田中賢介らの穴を埋められず、また主力選手の多くが不振やけがに苦しんで、北海道移転後では初の最下位に転落(また、9年目で初めて東北楽天ゴールデンイーグルスより下の順位になった。)。オフには正捕手・鶴岡がFA宣言してソフトバンクに移籍。
2014年は名参謀・白井が復帰し、鶴岡の穴を大野が埋めたものの主力が軒並み揃って不振、熱い優勝争いを繰り広げたソフトバンクとオリックスの上位2チームに大きく離された3位。この年をもって稲葉と金子誠が引退し、オフに大リーグから田中賢介が復帰した。しかし、小谷野と大引はFA宣言しそれぞれオリックス、ヤクルトに移籍。
2015年は大谷の開幕7連勝、吉川の復活、増井の球団新記録39セーブ達成と投手陣を中心に明るい話題があったもののソフトバンクの絶好調の前に及ばず2位。ドラフトでは有原航平を1位指名して獲得。
2016年はエース・大谷、有原が二本柱となって投手陣を支えたが吉川の不振もあって開幕ダッシュに失敗、ソフトバンクに最大11.5ゲーム差をつけられる。しかし、6月19日から7月11日まで怒涛の15連勝と勢いづくも、7月14日、エース・大谷が指のマメををつぶして投げられなくなってしまう。しかし、打者としても非凡な大谷はそのまま打者に専念すると22本塁打、67打点を挙げるポイントゲッターとして働き、また西川遥輝、陽、中田、39本塁打を放ったブランドン・レアードら攻撃陣の活躍、リリーフ登板が多かった3年目の高梨裕稔、クローザーを務めていた増井が先発に転向してみごとに大谷の穴を埋めることに成功。こうして独走していたソフトバンクを捉えることに成功するとマッチレースの末、9月28日、4年ぶり7度目のパ・リーグ優勝。クライマックスシリーズにも勝ち上がった後、日本シリーズにてセ・リーグを制した広島東洋カープを破り、2006年以来の日本一を達成(10月29日)、シーズンオフには吉川と石川慎吾を巨人に放出、見返りに大田泰示公文克彦を獲得した。
2017年はシーズン開幕早々、大谷が太もも肉離れにより長期離脱したほか多くの主力選手も故障・不振により離脱、WBC日本代表としてアメリカに遠征した中田や中継ぎとしてチームを支えた谷元の不振、打率4割を超えていた近藤健介が椎間板ヘルニアによりシーズン終了間際まで長期離脱、巨人から移籍した太田の活躍はあるものの、谷元の不振によりストッパーに復帰した増井になかなかつなぐことができなかったばかりか、トレードした吉川のほか、2016年に活躍した大谷・増井・高梨ら先発投手陣の不在も響いて7月の成績は4勝18敗という大不振に陥り、一時は最下位を独走していた千葉ロッテにわずか2.5ゲーム差に追いつかれる苦境が続いた。
千葉ロッテがその後低迷したことにより最下位転落は免れたものの、チームは2013年以来のBクラスに甘んじることとなり、さらにフロントはシーズン中に大黒柱・大谷翔平をポスティングシステムにより大リーグへ送り出すことを容認することを発表した。
この間、チームはトレードを決行している。エスコバー投手を放出して横浜DeNaから黒羽根利規捕手、屋宜を放出して東京ヤクルトから杉浦稔大投手を獲得したほか、7月31日、チームの功労者である谷元を中日に金銭で放出して中継ぎに若手を起用するなど、2018年を見据えたチーム作りに着手している。

ドラフトでは2007年に中田、2010年斎藤佑樹2012年には大谷と、アマチュアの大物選手を次々と指名。ソフトボール界から大嶋匠と言った異色選手を指名している。反面、2011年には「巨人以外入団拒否」と宣言していた菅野智之を強行指名し、前言通り入団拒否されたこともある。

順位の推移

ここでは現在の名称になった2004年以降の順位と監督を記述する。

順位監督
2004年3位トレイ・ヒルマン
2005年5位トレイ・ヒルマン
2006年1位トレイ・ヒルマン
2007年1位トレイ・ヒルマン
2008年3位梨田昌孝
2009年1位梨田昌孝
2010年4位梨田昌孝
2011年2位梨田昌孝
2012年1位栗山英樹
2013年6位栗山英樹
2014年3位栗山英樹
2015年2位栗山英樹
2016年1位栗山英樹
2017年栗山英樹

pixivでは

タグとしては日ハム日本ハム日本ハムファイターズ等に分散している。
B・Bを中心するマスコットの他、武田勝大谷翔平ら人気選手のイラストも多数投稿されている。

現役選手

(所属は2016年4月10日現在)

コーチ

一軍
80栗山英樹…監督
81吉井理人…投手コーチ
87黒木知宏…投手コーチ
79城石憲之…打撃コーチ
88金子誠…打撃コーチ
78高橋信二…捕手コーチ兼打撃コーチ補佐
90白井一幸…内野守備走塁コーチ兼作戦担当
75川名慎一…外野守備走塁コーチ
84厚澤和幸…ベンチコーチ
二軍
72田中幸雄…監督
89伊藤剛…総合コーチ兼投手コーチ
74高橋憲幸…投手コーチ
73林孝哉…打撃コーチ
77小田智之…打撃コーチ
82的場直樹…バッテリーコーチ
70米野智人…捕手兼バッテリーコーチ補佐
85小坂誠…内野守備コーチ
76紺田敏正…外野守備・走塁コーチ
なし中垣征一郎…トレーニングコーチ

投手

1斎藤佑樹
11大谷翔平()兼外野手)
13石井裕也
14加藤貴之
15ルイス・メンドーサ
16有原航平
17浦野博司
19増井浩俊
20上原健太
21武田久
25宮西尚生
28新垣勇人
29井口和朋
30鍵谷陽平
31村田透
34堀瑞輝
35榎下陽大
36中村勝
39高梨裕稔
40高良一輝
42エドウィン・エスコバー
43白村明弘
46瀬川隼郎
47田中豊樹
48高山優希
49公文克彦
51石川直也
53立田将太
54玉井大翔
55クリス・マーティン
57杉浦稔大
59吉田侑樹
63上沢直之

捕手

8近藤健介
10清水優心
27大野奨太
42黒羽根利規
56市川友也
60郡拓也
66大嶋匠
68石川亮

内野手

2杉谷拳士
3田中賢介
4飯山裕志
5ブランドン・レアード
6中田翔
7西川遥輝
9中島卓也
12松本剛
23渡邉諒
24森本龍弥
32大累進
38石井一成
45平沼翔太
58横尾俊建
62高濱祐仁
65太田賢吾
70今井順之助

外野手

18岡大海
26淺間大基
33大田泰示
37矢野謙次
44森山恵佑
50宇佐美塁大
61姫野優也
64谷口雄也
67岸里亮佑


OB

1.新庄剛志(タレント)
1.森本稀哲
1.陽岱鋼(巨人軍)
2.小笠原道大(FAで巨人軍から中日ドラゴンズに移籍、現・中日二軍監督)
5.稲田直人STVスポーツキャスター)
6.小谷野栄一オリックス・バファローズ
7.坪井智哉横浜DeNAベイスターズ一軍打撃コーチ)
7.糸井嘉男(オリックス・バファローズ)
8.片岡篤史阪神タイガース一軍打撃コーチ)
9.マイカ・ホフパワー
10.張本勲
11.ダルビッシュ有テキサス・レンジャーズ
16.金村曉
18.岩本勉(解説者、タレント)
20.マイケル・クロッタ
22.建山義紀(解説者)
22.鶴岡慎也福岡ソフトバンクホークス
23.二岡智宏
27.中嶋聡
29.八木智哉(中日ドラゴンズ)
29.木佐貫洋
34.吉川光夫(巨人軍)
36.マイケル中村
41.稲葉篤紀(スポーツ・コミュニティ・オフィサー兼所属タレント)
43.星野八千穂(打撃投手)
44.鵜久森淳志(ヤクルトスワローズ)
65.多田野数人ベースボール・チャレンジ・リーグ石川ミリオンスターズ選手兼任コーチ)

監督経験者

86.大沢啓二(故人)
88.トレイ・ヒルマンロサンゼルス・ドジャースコーチ)
88.梨田昌孝東北楽天ゴールデンイーグルス監督)

永久欠番

100.大社義規(日本ハム球団の初代オーナー)
※1981年の日本ハムのリーグ優勝の胴上げの時に大社氏が着ていたユニフォームの背番号『100』は2009年にオーナーとしては日本プロ野球史上初めて永久欠番になった。
因みにMLBではセントルイス・カージナルスの元オーナー、オーガスト・ブッシュの「85」が永久欠番として、また背番号はないがレイ・クロック(サンディエゴ・パドレス2代目オーナー)、ウォルター・ハースJr.(オークランド・アスレチックス2代目オーナー)、ウィリアム・シェイ (ニューヨーク・メッツ創設者)が「欠番扱い」として表彰されている。

なお、2017年現在の日本プロ野球において、100以降の背番号は育成選手のために使用される規定になっており、先述の通り育成選手制度を利用しない日本ハムにおいては、この方針が撤回されない限り、100番の永久欠番を解除したとしても実際に使用される可能性はない。また、同じく球団の方針によって、自然数以外で支配下選手の背番号として使用可能と規定されている0番と00番も使用しないことを表明している。

ファンを公言する著名人

伊集院光:東京時代からの大ファン。二軍の本拠地である千葉県鎌ヶ谷市にも足しげく通うレベル。
高橋陽一代表作のせいかサッカーファンのイメージが強いが、実際には東京時代からの大ファン。単行本の書き下ろしイラストで、主人公に当時のファイターズのユニフォームを着させたイラストを公開している。
NACS:北海道で生まれ育った彼らもファイターズファンを公言している。


関連タグ

プロ野球 パ・リーグ
北海道 札幌 札幌ドーム
B・B カビー ポリーポラリス ファイティー
地域密着

pixivに投稿された作品 pixivで「北海道日本ハムファイターズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1295107

コメント