ピクシブ百科事典

埼玉西武ライオンズ

さいたませいぶらいおんず

日本のパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は埼玉県。現在の親会社は西武鉄道。
目次[非表示]

概要

1950年福岡県福岡市において、西鉄クリッパースとして創設。
1951年西日本パイレーツと合併し、西鉄ライオンズに改称。
1973年太平洋クラブライオンズ1977年クラウンライターライオンズとなり、1979年西武鉄道に身売りし西武ライオンズとなり、埼玉県所沢市へ移転。
2008年に現在の名称に改称。
本拠地は西武プリンスドーム

キーワード・歴史

西日本鉄道が描いた九州からのプロ野球参戦と「神様仏様稲尾様」

1949年末、埼玉西武ライオンズの前身である西鉄クリッパーズ福岡市に誕生。
戦前西日本鉄道(以下西鉄)は大洋軍(後に西鉄軍と改称、1943年に解散。大洋ホエールズ、後の横浜DeNAベイスターズとは無関係)という球団を経営していたことがあり、戦後の1949年年初にそれを復活させようとするが頓挫していた。また、西鉄は当初西日本新聞と共同で球団を設立しようとしたがそれができず、後に西日本新聞は単独で西日本パイレーツを結成している。
パ・リーグに所属していた西鉄に対し、セ・リーグ巨人戦などのドル箱を抱えていた西日本の方が人気・観客動員数で上回っていたが、西日本の上層部が経営の素人で経営悪化を招き、それを察知した西鉄側が早々に合併を提案。翌1951年からはチーム名を西鉄ライオンズに改称した。
合併初年度の1951年に巨人から三原脩を迎え、また合併元の西日本から主力選手を獲得。1954年南海ホークスとの激しい争いの末初優勝を決めた。
1956年に初の日本一。1957年も連覇し、さらに1958年は日本シリーズで稲尾和久が4連投4連勝の獅子奮迅の活躍で日本一に導き、見事3連覇を達成した。
その後も大下弘中西太豊田泰光仰木彬高倉照幸野武士軍団と呼ばれることになる名選手を擁した西鉄は常にAクラスを維持。1964年に一度Bクラスに転落した以外は安定した強さを誇った。

「黒い霧事件」からの暗黒時代、埼玉移転

1967年が西鉄最後のAクラス入り。以降、成績が低迷する。さらに1969年永易将之八百長行為を行ったとして球界を永久追放処分にされる。この事件が発端となり「黒い霧事件」に発展。この騒動は球界全体を巻き込み、西鉄は当時の若きエースだった池永正明を含む3人を1970年シーズン中に球界を永久追放される(池永は後に復権)。このことで戦力と人気の低下に歯止めがかからなくなり、西鉄は1972年に球団経営から撤退。オフにチーム名を太平洋クラブライオンズと改称。
また、1973年から1974年にかけてロッテオリオンズとの間に「遺恨試合」が勃発。また太平洋クラブもわずか数年で球団をクラウンガスライターへ売却、クラウンライターライオンズへと改称。しかしクラウンライターもわずか1年で球団を手放し、1978年オフに西武鉄道がライオンズを買い取って本拠地を埼玉県所沢市へ移転。球団名を西武ライオンズとした。
西武になってからもしばらくはBクラスが続く。

西武黄金時代の到来

1982年広岡達朗が監督に就任。チーム改革を行う。その年のうちにパ・リーグ優勝を果たし、日本シリーズでも中日ドラゴンズを破って24年ぶり日本一に輝く。
1983年も連覇。このころの戦力には田淵幸一山崎裕之といったベテランから後の黄金時代を支える秋山幸二石毛宏典らがいた。
1986年からは森祇晶が監督に就任。打撃・守備では秋山、石毛に加え、清原和博オレステス・デストラーデ伊東勤辻発彦平野謙田辺徳雄ら、投手陣は渡辺久信郭泰源工藤公康石井丈裕鹿取義隆らがずらりと並んでいた。1986年から1994年までの9年間で優勝は8回、日本一6回という驚異的な記録を達成。
1994年限りで森が監督を勇退、翌1995年からはかつて西鉄から西武までの過渡期を支えた東尾修が就任した。このころになるとこの頃導入されたFAでダイエーに行った秋山・石毛・工藤、巨人に行った清原と、主力が次々チームを離れるようになる。それでも新たに松井稼頭央髙木大成、さらに松坂大輔といった若手の有望選手をそろえて1997年1998年と2連覇する。それ以外の年でも毎年優勝争いに加わるなどパ・リーグの強豪としての地位を守り続けた。

21世紀のライオンズ

2002年から2年間は伊原春樹が指揮を執る。特に2002年はアレックス・カブレラが日本プロ野球シーズンタイ記録となる55本の本塁打を放つなど活躍し見事リーグ優勝し日本一。2003年は2位に終わり、現役を引退した伊東勤が監督に就任して伊原は退任。
伊藤監督1年目の2004年はレギュラーシーズンでは2位だったもののプレーオフ福岡ダイエーホークスを破り優勝。日本シリーズでは激闘の末中日を破って12年ぶりの日本一に輝いた。
2005年2006年とAクラスを確保するが2007年は26年ぶりのBクラスに。伊東が引責辞任し、後継に渡辺久信が就任。また、地域密着をはかって2008年よりチーム名を現在の埼玉西武ライオンズとした。
その2008年は野手陣は片岡治大栗山巧中島裕之中村剛也G.G.佐藤、投手陣は涌井秀章岸孝之帆足和幸といった若手が台頭。それを石井一久西口文也平尾博嗣江藤智といったベテラン勢が支え圧倒的な強さでリーグ優勝し、日本シリーズでも巨人との激戦を制し日本一。2009年は4位に終わるものの、2010年は再びAクラスの2位に返り咲き。ドラフトでは2009年に菊池雄星、2010年には大石達也といったアマチュアの目玉選手を相次いで獲得している。
2011年は3位、2012年は2位に終わっている。
2013年は土壇場で2位に食い込むも、クライマックスシリーズファーストステージで敗退。オフに渡辺監督が辞任を発表し、後任には伊原が10年ぶりの復帰となった。
しかし、2014年は調子が上向かず、伊原はシーズン途中で休養。田邊徳雄が代行で指揮するが、一向に調子が上がらないまま、あわや35年ぶりの最下位かと思われたが、前年優勝した楽天が最下位に落ちたことで、どうにか最下位は免れた。
2015年2016年もそれぞれ4位に終わったことで、田邊監督は無念の辞任。黄金時代の二塁手だった辻発彦にチーム再建を託す。

成績

※現在の名称になった2008年以降を記述する。
それ以前の成績は、1972年までは西鉄ライオンズ1976年までは太平洋クラブライオンズ1978年まではクラウンライターライオンズ2007年までは西武ライオンズをそれぞれ参照。

2008年1位渡辺久信
2009年4位渡辺久信
2010年2位渡辺久信
2011年3位渡辺久信
2012年2位渡辺久信
2013年2位渡辺久信
2014年5位伊原春樹田邊徳雄
2015年4位田邊徳雄
2016年4位田邊徳雄

pixivでは

タグとしては西武ライオンズライオンズなどに分散される。
同じ埼玉県つながりでらき☆すたや、最近では2012年入団の小石博孝(こいし・ひろたか)投手つながりで東方project古明地こいしとのコラボ絵もちらほら増えてきている(なお、らき☆すたとは公式でコラボされ、柊かがみ柊つかさが西武のユニフォームを着た公式絵が存在する)。
マスコットレオライナも人気。

現役選手・スタッフ

2017年1月23日現在)

監督・コーチ

一軍

85辻発彦…監督
73橋上秀樹…野手総合コーチ
72土肥義弘…投手コーチ
89森慎二…投手コーチ
84秋元宏作…バッテリーコーチ
80嶋重宣…打撃コーチ
76阿部真宏…打撃コーチ
83馬場敏史…守備・走塁コーチ(内野)
70佐藤友亮…守備・走塁コーチ(外野)

二軍

86潮崎哲也…監督
75高木浩之…野手総合コーチ兼打撃コーチ
74西口文也…投手コーチ
91清川栄治…投手コーチ
82野田浩輔…バッテリーコーチ
87黒田哲史…守備・走塁コーチ(内野)
77赤田将吾…打撃コーチ兼守備・走塁コーチ(外野)
81星孝典…育成コーチ

トレーニングコーチ

92坂元忍
98里隆文
95黒川春樹
96工藤建太


投手

11今井達也
12郭俊麟
14増田達至
15大石達也
16菊池雄星
17高橋光成
18多和田真三郎
19豊田拓矢
20野上亮磨
21十亀剣
22中塚駿太
23野田昇吾
25平井克典
26川越誠司
28藤原良平
29小石博孝
30岡本洋介
31岩尾利弘
34佐野泰雄
35牧田和久
36南川忠亮
38玉村祐典
40田村伊知郎
41
43高橋朋己
45本田圭佑
47ブライアン・シュリッター
48武隈祥太
50福倉健太郎
54ブライアン・ウルフ
57國場翼
59フランク・ガルセス
63佐藤勇
66松本直晃
67藤田航生
68アレクシス・キャンデラリオ

捕手

10森友哉
27炭谷銀仁朗
37岡田雅利
49上本達之
62駒月仁人
64中田祥多
78藤澤亨明

内野手

00水口大地
3浅村栄斗
5鬼崎裕司
6源田壮亮
8渡辺直人
32永江恭平
33山川穂高
39呉念庭
44外崎修汰
52山田遥楓
56金子一輝
60中村剛也
99エルネスト・メヒア
121木村昇吾

外野手

1栗山巧
2金子侑司
9大崎雄太朗
46鈴木将平
51木村文紀
53愛斗
55秋山翔吾
58熊代聖人
61田代将太郎
65斉藤彰吾
71戸川大輔
88坂田遼


OB

青木勇人
秋山幸二
安部理
石井一久
石井茂雄
石井貴
石井丈裕
石井義人
石毛宏典
伊東勤
稲尾和久
犬伏稔昌
伊原春樹
岩崎哲也
植田幸弘
江草仁貴
江藤智
仰木彬
大久保博元
大下弘
大田卓司
大塚光二
大友進
大沼幸二
岡村隆則
岡本篤志
岡本慎也
長田秀一郎
小野寺力
小関竜也
小野和幸
小野和義
小野寺力
貝塚政秀
垣内哲也
片岡治大
片平晋作
鹿取義隆
金森栄治
河田雄祐
岸孝之
清原和博
工藤公康
後藤武敏
黒田正宏
後藤光貴
小林宏
坂元弥太郎
佐々木誠
G.G.佐藤
柴田博之
清水崇行
新谷博
杉本正
杉山賢人
鈴木健
高木大成
高橋直樹
高山郁夫
高山久
竹下潤
竹原直隆
立花義家
田邊徳雄
谷中真二
田淵幸一
デニー友利
土井正博
笘篠誠治
豊田清
豊田泰光
中﨑雄太
中島裕之
中西太
奈良原浩
西岡良洋
西崎幸広
野村克也
橋本武広
東尾修
平尾博嗣
平野謙
福地寿樹
藤田太陽
船田和英
古沢憲司
帆足和幸
星野智樹
細川亨
MICHEAL
松井稼頭央
松坂大輔
松永浩典
松沼博久
松沼雅之
真弓明信
三井浩二
宮地克彦
森繁和
森本稀哲
森山良二
山﨑浩司
山崎裕之
横田久則
米野智人
脇谷亮太
涌井秀章
和田一浩
渡辺智男
渡辺久信
スティーブ・オンティベロス
郭泰源
タイラー・リー・バンバークレオ
オレステス・デストラーデ
許銘傑
アレックス・カブレラ
スコット・マクレーン
ホセ・フェルナンデス
クレイグ・ブラゼル
アレックス・グラマン
ブライアン・シコースキー
デニス・サファテ
ランディ・ウィリアムス
エステバン・ヘルマン

永久欠番

24・稲尾和久・・・前身の西鉄ライオンズのエース。

関連タグ

野球 プロ野球 パ・リーグ(パシフィック・リーグ)
西武 西武ライオンズ ライオンズ 松崎しげる
レオ ライナ 堤義明
俺達 西武の中継ぎ
ジャングル大帝
大宮アルディージャ大宮公園野球場での試合の際、イメージカラーを此処と同じオレンジにする。

アニメ関係

埼玉県を舞台にしたアニメとのコラボイベントが多い。以下は一例。

pixivに投稿された作品 pixivで「埼玉西武ライオンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 318299

コメント