ピクシブ百科事典

福岡ソフトバンクホークス

ふくおかそふとばんくほーくす

日本のパシフィック・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は福岡県。現在の親会社はソフトバンク。
目次[非表示]

概要

プロ野球パ・リーグの球団の一つ。福岡県全域を保護地域とする。

南海ホークス時代の中百舌鳥球場(堺市北区)や阪神甲子園球場を経て、1950年以降は大阪球場を本拠地としていた。福岡県移転以降の1989年から1992年まで平和台球場1993年から福岡ドーム(福岡Yahoo! JAPANドーム→福岡 ヤフオク! ドーム)を本拠地としている。

交流戦には滅法強いのだがポストシーズンになると冗談のように弱くなるのが例であった(通称「秋の風物詩」)。しかし、2011年にそのジンクスをパ・リーグにおけるプレーオフ導入から7年目にしてついに破り日本一を達成した。

キーワード・歴史

南海軍の創立、古豪球団として

1938年南海鉄道を親会社とする南海軍が結成。その年の秋季リーグから参加。
1939年鶴岡一人が加入。鶴岡は一時応召でチームを抜けるも、南海草創期において重きをなす一人となる。戦前は次々と主力が戦地に応召されるなど苦戦を強いられるが、1941年には球団初の勝ち越しを決めるなど奮戦。1944年近畿日本軍をと改称。
戦後は1946年グレートリング(または近畿グレートリング)として再出発。巨人との優勝争いを制し球団初優勝を決めた。
1947年からは南海ホークスと改称。山本一人(鶴岡から改姓)、柚木進木塚忠助中谷信夫らが主力として活躍した。
1950年の2リーグ分立ではパ・リーグに参加。
1950年代前半は一塁飯田徳治・二塁山本一人・三塁蔭山和夫・遊撃木塚忠助の「100万ドルの内野陣」を擁し1951年1953年まで3連覇。しかし日本シリーズでは巨人に勝てず、後にチームカラーを機動力中心から長打力重視へシフトするも、その後はなかなか勝てなかった。
1954年に名捕手野村克也1957年には稀代の名投手杉浦忠が入団。1950年代後半は南海にとっては新旧の過渡期にあたる時代となったが、1960年代にかけてはこの杉浦と野村を中心にパ・リーグを席巻していく。

1960年代の黄金時代と1970年代の野村選手兼任監督時代

1959年大毎オリオンズとの争いの末見事優勝。日本シリーズでは杉浦の4連投で宿敵巨人を破り初の日本一。
その後野村、杉浦に加え広瀬叙功ジョー・スタンカ皆川睦雄らの活躍で1961年1964年1966年と4度の優勝。1964年には日本一に輝く。
1969年門田博光が入団。1970年からは野村が選手兼任ながら監督に就任。1970年代前半は優勝ができないシーズンが続くも、1973年にリーグ優勝。これが南海としては最後となる優勝だった。
1975年には久しぶりのBクラスとなる5位に沈む。1976年は主力の野村やトム・ロブソン、新加入の江夏豊1977年には山内新一藤原満が不振や故障で離脱するなどして優勝争いに加われず。1977年オフに野村は監督を解任されロッテオリオンズに移籍する。

80年代の暗黒、南海から福岡ダイエーへ

1978年に広瀬が監督に就任。野村時代からの払拭は試みるが就任初年度は最下位、翌1979年も5位と低迷。結局広瀬はAクラスに上がることなく解任され、後継にドン・ブレイザー、ついで穴吹義雄が就任した。
戦力面では1980年に「ドカベン香川伸行が入団。主力には門田、新井宏昌加藤英司らがいた。
ブレイザー、穴吹でもチームは立て直せず、さらに追い討ちをかけるように1985年開幕直前に三塁手レギュラーで1番打者の久保寺雄二が急死し戦力が低下。1986年に杉浦が監督に就任する。
1988年、南海はダイエーに球団を売却し本拠地も大阪府から福岡県へと移転。また、門田が九州行を嫌ってオリックス・ブレーブスへとトレードで移籍している。
1989年、球団名を福岡ダイエーホークスと改称。福岡としては西鉄ライオンズが移転して以来10年ぶりにプロ野球球団を迎えることとなった。
福岡移転初年度の1989年は4位。杉浦はこの年監督を勇退し、田淵幸一が後任監督に就任。
ダイエーになってからはトレードで復帰した門田を含め今井雄太郎島田誠池田親興大野久本原正治といったベテランが目立ったが、それとは別に若田部健一吉永幸一郎村田勝喜佐々木誠ブーマー・ウェルズら若手、新戦力も徐々に台頭していった。
1993年からは根本陸夫が指揮を執る。同時に本拠地を新しくできた福岡ドームに移す。オフにはドラフトで小久保裕紀を、トレードで佐々木ら3人を放出して秋山幸二渡辺智男内山智之を獲得している。
1994年は優勝争いに加わるが4位に終わる。松永浩美ケビン・ライマーブライアン・トラックスラー、秋山といった実績ある選手と浜名千広カズ山本、藤本、吉永らで重量打線を構成。投手陣は若田部、吉田豊彦渡辺秀一らが活躍した。オフにドラフトで城島健司、FAで石毛宏典工藤公康を獲得。新たに王貞治が監督に就任。

王監督の就任とダイハード打線

王政権前期はしばらくBクラスに上がれず、ファンからの目も厳しいものがあった。しかし、井口資仁松中信彦柴原洋らアマチュアの有力選手をドラフトで獲得したり、若手の城島、小久保、藤井将雄らの台頭で徐々に地力をつけていく。
一時は1998年のプロ野球脱税事件で小久保、渡辺、藤井らが離脱するが、柴原洋、井口らの活躍で穴を埋める。投手陣も武田一浩吉田修司西村龍次らが活躍、この年21年ぶりのAクラス(オリックスと同率の3位)に進出した。
1999年はFAで流出した武田の代わりに永井智浩星野順治篠原貴行らが台頭。福岡移転後初のリーグ優勝を決め、日本一にも輝く。翌2000年も連覇したがこの年は日本一は逃す。
2001年2002年は2位。秋山が引退、若田部がFAで移籍した2003年はオープン戦で負傷した小久保がシーズンを棒に振るも川﨑宗則がその穴を埋め、さらにペドロ・バルデス、井口、松中、城島が100打点をたたき出すなど強力打線を形成。投手陣も和田毅斉藤和巳新垣渚らが好投し3年ぶりのリーグ優勝を飾り、日本シリーズでは阪神タイガースを破って日本一に輝くが、以降は日本シリーズから遠ざかる。そしてこの年のオフ、小久保が不可解な無償トレードで巨人へに移籍、多くの選手やファンの怒りを買う。
2004年はレギュラーシーズンを1位で終えたが、プレーオフで西武ライオンズに敗れて優勝を逃す。オフに21世紀に入ってから深刻な経営難に陥ったダイエーが球団をソフトバンクへ身売り。チーム名を福岡ソフトバンクホークスとした。

ソフトバンクと「秋の風物詩」

2005年はレギュラーシーズンこそ1位で通過するもプレーオフで千葉ロッテに敗れる。また、城島健司がFAでMLBシアトル・マリナーズへ移籍。
2006年は3位。小久保が巨人から復帰し、リック・ガトームソン多村仁志を獲得した。2007年は主力選手に故障が相次ぎ3位。2008年は12年ぶりの最下位に落ち込み、胃癌手術のためチームを離れた王貞治監督はシーズン後に勇退し、球団会長に就任する。
2009年からは秋山が指揮を執る。前年のドラフト5位で獲得した攝津正がリリーバーとしてチームを支え、新人王を取る活躍を見せるものの3位。
2010年は攝津に加えてブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩甲藤啓介の「SBM48」(その他、途中から加わった森福允彦を反映した亜種もあり)と呼ばれた救援陣は奮戦。先発も杉内俊哉、和田らが踏ん張り優勝。クライマックスシリーズではまたしても千葉ロッテに敗れる。
2011年は新たに内川聖一細川亨アレックス・カブレラらを戦力に加え、攝津正が先発に転向し圧倒的な強さで完全優勝。鬼門だったクライマックスシリーズも7年目にして初めて勝ち抜き、中日との日本シリーズでも苦戦の末勝ち抜いて8年ぶりの日本一に輝いた。
2012年は打撃陣が不調で3位に終わる。オフに寺原隼人が復帰。他に五十嵐亮太ブライアン・ラヘアらを獲得。
2013年は前年活躍した武田翔太や助っ人のビセンテ・パディーヤ、移籍の寺原ら期待された先発陣が摂津を除いて瓦解。打線は長谷川勇也らが奮闘したが、シーズンでは4位に終わった。
2014年はオリックスと壮絶な優勝争いを繰り広げ、シーズン最終戦にオリックスに勝利したことによりパ・リーグ優勝(最終的なゲームは0)。クライマックスシリーズファイナルステージも最終戦までもつれた末に勝利し日本シリーズ進出。日本シリーズでは阪神に4勝1敗で勝利し3年ぶりに日本一に輝き、秋山監督の勇退に花を添えた。
2015年は監督に工藤公康を迎えた。大リーグから復帰した和田毅に加え武田翔太千賀滉大、攝津正、中田賢一、途中から戦列に加わり9勝無敗という驚異的な成績を上げたリック・バンデンバーグら豊富な投手陣、3割30本塁打30盗塁を成し遂げた柳田悠岐、三拍子揃った内川聖一中村晃、大砲・松田宣浩李大浩ら強力打線が機能してオールスター戦終了後より独走し、9月17日にパ・リーグ史上最速の優勝を決め、日本シリーズでは1敗はするものの、全体としては寄せつけることなくヤクルトスワローズを破った。
2016年は長年投手陣を支えた攝津正が不調で戦列を離れたものの、和田、武田、千賀、バンデンバーグに加え東浜巨が成長。攻撃陣も李大浩が大リーグ挑戦のためチームを離れ、柳田悠岐も前年より成績を落としたものの、内川、中村晃、松田に加え長谷川勇也も復活して他チームを圧倒、リーグを独走する。しかし、最強のライバル・日本ハムは開幕ダッシュに失敗するも7月10日まで14連勝して勢いに乗り、「故障した大谷翔平を打者に専念させる」「不振にあえいでいたクローザー・増井浩俊を先発転向」といった采配が悉くハマり、最大11.5ゲーム差まで広げていたゲーム差を追いつかれたソフトバンクはマッチレースをくり広げた末、9月21・22日の対日本ハム戦に連敗、さらに勢いづいてしまい結果9月28日の西武戦で優勝を決められてしまう。
なおも日本シリーズ進出を目指して戦ったが、クライマックスシリーズにおいて日本ハムに敗れ、屈辱的な結果となってしまった。
捲土重来を期した2017年はシーズン始めに川崎が6年ぶりに復帰。打線では柳田が途中まで三冠王を狙える活躍をした他、ロッテから新加入のアルフレド・デスパイネが本塁打打点の二冠、上林誠知甲斐拓也などが大きく成長、内川がオールスター明けに負傷離脱したものの穴を埋めて余りある打線が築かれた。投手陣でも和田が負傷離脱で中盤戦は抜けていたものの、バンデンハーク、千賀、東浜が二桁勝利。リリーフ陣も森唯斗嘉弥真新也などがフル回転したが、何よりもデニス・サファテがシーズン最多セーブ記録を更新する活躍を見せ、90勝ペースで勝ち続ける楽天を猛追し、夏場に楽天が落ちてきた際も負けることなく首位に。
終わってみれば9月15日にリーグ優勝(パ史上最速)というシーズンになった。
CSでは2連敗からの3連勝で楽天を撃破。日本シリーズでは下克上で勝ち上がった横浜DeNAベイスターズの勢いを打ち砕き、2年ぶり8度目の日本一に輝いた。

pixivでは 

タグホークスソフトバンクソフトバンクホークスなどに分散される。なお、「ソフトバンク」だとホークス以外のイラストも入ってくる。

選手

(2017年11月19日現在)

監督・コーチ

一軍
81工藤公康…監督
79達川光男…ヘッドコーチ
86森浩之…作戦コーチ兼バッテリーコーチ補佐
94倉野信次…投手統括コーチ
72若田部健一…投手コーチ
98高村祐…投手コーチ
83立花義家…打撃コーチ
76藤本博史…打撃コーチ
80水上善雄…内野守備走塁コーチ
93村松有人…外野守備走塁コーチ
95吉鶴憲治…バッテリーコーチ
二軍
71小川一夫…監督
84久保康生…投手コーチ
91佐久本昌広…投手コーチ
75大道典良…打撃コーチ
78飯田哲也…打撃コーチ
74松山秀明…内野守備走塁コーチ
87井出竜也…外野守備走塁コーチ
85的山哲也…バッテリーコーチ
三軍
88関川浩一…監督
82田之上慶三郎…投手コーチ
99入来祐作…投手コーチ
70吉本亮…打撃コーチ
97笹川隆…内野守備走塁コーチ
92高波文一…外野守備走塁コーチ
96加藤領健…バッテリーコーチ
73斉藤学…リハビリ担当コーチ

投手

11中田賢一
13二保旭
14加治屋蓮
16東浜巨
17岩嵜翔
18松坂大輔
20寺原隼人
21和田毅
25田中正義
28大隣憲司
29石川柊太
30武田翔太
35リバン・モイネロ
38森唯斗
39島袋洋奨
40小澤怜史
41千賀滉大
42飯田優也
44リック・バンデンハーク
47高橋純平
48岡本健
49古谷優人
50攝津正
53五十嵐亮太
56星野大地
57嘉弥真新也
58デニス・サファテ
63笠原大芽
66松本裕樹
67笠谷俊介
90ロベルト・スアレス
129野澤佑斗
130児玉龍也
134長谷川宙輝
136中村晨
137渡辺健史

捕手

12髙谷裕亮
31栗原陵矢
33鶴岡慎也
45谷川原健太
62甲斐拓也
65九鬼隆平
77張本優大
132樋越優一

内野手

00川瀬晃
0高田知季
2今宮健太
3松田宣浩
4川島慶三
8明石健志
22西田哲朗
27カイル・ジェンセン
36牧原大成
46本多雄一
52川﨑宗則
55茶谷健太
59古澤勝吾
61黒瀬健太
68三森大貴
69曽根海成
138森山孔介
142松本龍憲

外野手

1内川聖一
6吉村裕基
7中村晃
9柳田悠岐
23城所龍磨
24長谷川勇也
32塚田正義
37福田秀平
43江川智晃
51上林誠知
54アルフレド・デスパイネ
60釜元豪
64真砂勇介
125大本将吾
135田城飛翔
141清水陸哉
144オスカー・コラス


OB

秋山幸二
穴吹義雄
新井宏昌
荒金久雄
新垣渚
飯田徳治
井口資仁
池田親興
井上祐二
岩木哲
江尻慎太郎
江夏豊
江本孟紀
大沢啓二
大野久
大場翔太
大村直之
岡島秀樹
岡村俊昭
岡本伊三美
岡本克道
小川史
香川伸行
柏原純一
片平晋作
加藤伸一
門田博光
金子圭輔
亀澤恭平
岸川勝也
木塚忠助
木村恵二
黒田正宏
小久保裕紀
斉藤和巳
佐々木誠
佐藤誠
佐藤道郎
定岡智秋
篠原貴行
柴原洋
島野育夫
清水将海
下柳剛
城島健司
杉内俊哉
杉浦忠
鈴木正
高柳秀樹
武田一浩
巽真悟
田上秀則
多村仁志
田村藤夫
鶴岡一人
出口雄大
鳥越裕介
永井智浩
西村龍次
野村克也
浜名千広
林孝哉
林俊宏
広瀬叔功
藤井将雄(故人・チーム在籍中に亡くなったため、「背番号15」は現在準欠番となっている)
藤田学
藤原満
帆足和幸
坊西浩嗣
星野順治
細川亨
本間満
広永益隆
松中信彦
松永浩美
的場直樹
馬原孝浩
松本輝
三瀬幸司
皆川睦雄
宮地克彦
村上雅則
森福允彦
森脇浩司
柳瀬明宏
山内和宏
山内新一
山内孝徳
山口裕二
山崎勝己
山田秋親
山田大樹
山中浩史
山本和範カズ山本
山本省吾
養父鉄
吉田修司
吉田豊彦
吉武真太郎
吉永幸一郎
吉野誠
渡辺秀一
渡辺正和
度会純男
李大浩
ジョー・スタンカ
ブーマー・ウェルズ
ロドニー・ペドラザ
ペドロ・バルデス
フリオ・ズレータ
ホセ・オーティズ
レビ・ロメロ
デニス・ホールトン
ブライアン・ファルケンボーグ
アレックス・カブレラ
ウィリー・モー・ペーニャ
ジェイソン・スタンリッジ
エディソン・バリオス


余談

旧球団名である南海ホークス時代から背番号90が2015年シーズン終了まで欠番となっていたが、2016年から封印を解かれ、現在、ロベルト・スアレス投手がつけている。
これは水島新司氏の代表作である「あぶさん」の主人公・景浦安武外野手の漫画内における功績を讃えて行われた、実に珍しいケースであり、2009年をもって景浦選手が引退したおりには、同年10月8日、福岡Yahoo!JAPANドームに水島氏を招いて盛大な引退セレモニーが行われた。
同じ福岡を本拠地とするアビスパ福岡は「福岡の生き恥」「粗大ゴミ」などと呼んで蔑み、馬鹿にしている。一部関係者からは「早く解散しろ」との声も。

ファンを公言する著名人

内田真礼:Pixivユーザーにとって、最も有名なホークスファン。日帰りで福岡ドーム観戦に行ったり、仕事中の合間や移動などでもパ・リーグTVでチェックを入れるガチ勢。
上地雄輔:元々は埼玉西武ライオンズファンであったが、これは高校時代の後輩である松坂大輔が所属していた為で、彼のホークス移籍を機にホークスファンに鞍替え。
阪口大助:南海・ダイエー時代からの古参ファン。

関連タグ

南海ホークス 福岡ダイエーホークス ホークス 南海 ダイエー ソフトバンク ソフトバンクホークス
王貞治 あぶさん 景浦安武 孫正義
日本 パシフィック・リーグ パ・リーグ

pixivに投稿された作品 pixivで「福岡ソフトバンクホークス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 596775

コメント