ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

保護地域(ホームエリア)は福岡県

2024年現在北海道日本ハムファイターズと共に本州以外に拠点を置くNPB球団でもある。

現在の親会社は、総合IT企業ソフトバンクグループである。球団会社名はチーム名と同じで、通称は『ソフトバンク』又は『ホークス』。

オーナーはソフトバンクグループの社長・孫正義氏だが、球団運営は元監督である王貞治会長が担当している。

チームカラーは明るい黄土色と黒。


本拠地は、1軍は福岡市中央区福岡ドーム(命名権取得により福岡Yahoo! JAPANドーム→福岡 ヤフオク! ドーム→福岡Paypayドーム→みずほPaypayドーム福岡と変遷)。

ウエスタン・リーグに所属する2軍と3軍は、筑後市筑後船小屋駅前の田園地帯にあるホークススタジアム筑後(命名権取得によりタマホームスタジアム筑後、略称「タマスタ筑後」)である。


チームの起源は、1938年に南海電気鉄道資本で大阪府堺市に拠点を置いた南海軍から始まる。その後の近畿日本鉄道との鉄道会社合併・戦後分離の関係で、チーム名は近畿日本軍、グレートリング南海ホークスと変遷。

1988年オフにスーパー大手のダイエーが買収し、本拠地を福岡市に移して福岡ダイエーホークスとなる。そして2004年オフに現親会社への譲渡とチーム名になる。


これまでに21回のリーグ優勝と11回の日本シリーズ制覇を達成しており、特にソフトバンク資本となってからは資金に恵まれて盤石な戦力強化と好成績に繋がっている。


「世界一の球団になる」というスローガンを掲げており、その為か日本のプロ野球球団で唯一ポスティングシステムを採用していない。(かつては読売ジャイアンツもポスティングシステムを認めていなかったが、山口俊が巨人から初めてポスティングシステムを利用してトロント・ブルージェイズに移籍した為、現在はソフトバンクのみポスティングシステムを認めていない状態。)

ソフトバンクからメジャー移籍した選手は海外FA権を利用している。


球団史

現球団名になるまでの歴史については、南海ホークスおよび福岡ダイエーホークスの個別記事を参照。


「秋の風物詩」

ダイエーからソフトバンクに身売りされ、ユニフォームやチームカラーが一新されたものの、フロント側の意向で本拠地および王貞治監督は据え置かれ、チーム名や応援歌も「ダイエー」を「ソフトバンク」に置き換えたのみ、マスコットも色を変えたのみでそれぞれ続投という最小限の変更に留められた。これは在福の後援会からの強い要望に球団が応えたためと言われている。


ソフトバンクになってから(正確にはダイエー最終年の2004年から)、レギュラーシーズンでよい成績を挙げるもののプレーオフおよびクライマックスシリーズで敗退するという悲劇に何年も見舞われ、ファンからは「秋の風物詩」と揶揄され続けた。

2005年はレギュラーシーズンこそ1位で通過するもプレーオフで千葉ロッテに敗れる。また、城島健司がFAでMLBシアトル・マリナーズへ移籍。

2006年は3位。小久保裕紀が巨人から復帰し、リック・ガトームソン多村仁志を獲得した。2007年は主力選手に故障が相次ぎ3位。2008年は12年ぶりの最下位に落ち込み、胃癌手術のためチームを離れた王監督はシーズン後に勇退し、球団会長に就任する。

2009年からは秋山幸二が指揮を執る。前年のドラフト5位で獲得した攝津正がリリーバーとしてチームを支え、新人王を取る活躍を見せるものの3位。

2010年は攝津に加えてブライアン・ファルケンボーグ馬原孝浩甲藤啓介の「SBM48」(その他、途中から加わった森福允彦を反映した亜種もあり)と呼ばれた救援陣は奮戦。先発も杉内俊哉、和田らが踏ん張り優勝。クライマックスシリーズ(以下、CS)ではまたしても千葉ロッテに敗れる。


秋の風物詩克服、常勝軍団へ

2011年は新たに内川聖一細川亨アレックス・カブレラらを戦力に加え、攝津正が先発に転向し圧倒的な強さで完全優勝。鬼門だったCSも7年目にして初めて勝ち抜き、中日との日本シリーズでも苦戦の末勝ち抜いて8年ぶりの日本一に輝いた。

2012年は打撃陣が不調で3位に終わる。オフに寺原隼人が復帰。他に五十嵐亮太ブライアン・ラヘアらを獲得。

2013年は前年活躍した武田翔太や助っ人のビセンテ・パディーヤ、移籍の寺原ら期待された先発陣が摂津を除いて瓦解。打線は長谷川勇也らが奮闘したが、シーズンでは4位に終わった。

2014年はオリックスと壮絶な優勝争いを繰り広げ、10月2日のシーズン最終戦にオリックスにサヨナラ勝ちしてパ・リーグ優勝(最終的なゲーム差は0)。CSファイナルステージも最終戦までもつれた末に勝利し日本シリーズ進出。日本シリーズでは阪神に4勝1敗で勝利し3年ぶりに日本一に輝き、秋山監督の勇退に花を添えた。


若鷹軍団無双・黄金期到来

2015年は監督に工藤公康を迎えた。武田翔太千賀滉大、攝津正、中田賢一、途中から戦列に加わり9勝無敗という驚異的な成績を上げたリック・バンデンハークら豊富な投手陣、3割30本塁打30盗塁を成し遂げた柳田悠岐、三拍子揃った内川聖一中村晃、大砲・松田宣浩李大浩ら強力打線が機能してオールスター戦終了後より独走し、9月17日にパ・リーグ史上最速の優勝を決め、日本シリーズでは1敗はするものの、全体としては寄せつけることなく東京ヤクルトを破った。


2016年は長年投手陣を支えた攝津正が不調で戦列を離れたものの、大リーグから復帰した和田毅、武田、千賀、バンデンハークに加え東浜巨が成長。攻撃陣も李大浩が大リーグ挑戦のためチームを離れ、柳田悠岐も前年より成績を落としたものの、内川、中村晃、松田に加え長谷川勇也も復活して他チームを圧倒、リーグを独走する。

しかし、最強のライバル・日本ハムは開幕ダッシュに失敗するも7月10日まで15連勝して勢いに乗り、「故障した大谷翔平を打者に専念させる」「不振にあえいでいたクローザー・増井浩俊を先発転向」といった采配が悉くハマり、最大11.5ゲーム差まで広げていたゲーム差を追いつかれたソフトバンクはマッチレースをくり広げた末、9月21・22日の対日本ハム戦に連敗、さらに勢いづかせしまい結果9月28日の西武戦で優勝を決められてしまう。

なおも日本シリーズ進出を目指して戦ったが、CSにおいて日本ハムに敗れ、屈辱的な結果となってしまった。


2017年はシーズン初めに川﨑宗則が6年ぶり復帰。打線では柳田が途中まで三冠王を狙える活躍をした他、ロッテから移籍のアルフレド・デスパイネが本塁打打点の二冠、上林誠知甲斐拓也などが大きく成長、内川がオールスター明けに負傷離脱したものの穴を埋めて余りある打線が築かれた。投手陣でも和田が負傷離脱で中盤戦は抜けていたものの、バンデンハーク、千賀、東浜が二桁勝利。リリーフ陣も森唯斗嘉弥真新也などがフル回転したが、何よりもデニス・サファテがシーズン最多セーブ記録を更新する活躍を見せ、90勝ペースで勝ち続ける楽天を同じく90勝ペースで猛追し、夏場に楽天が落ちてきた際も負けることなく首位に。パ・リーグ史上最速の9月15日にリーグ優勝を決めた。

CSでは2連敗からの3連勝で楽天を撃破。日本シリーズでは下克上で勝ち上がった横浜DeNAベイスターズの勢いを打ち砕き、2年ぶり8度目の日本一に輝いた。


球団創設80周年にあたる2018年は、前年大車輪の活躍を見せたサファテが離脱。しかし、森が37セーブを挙げて最多セーブのタイトルを獲得した。レギュラーシーズンは西武に優勝を奪われての2位だったが、CSではその西武を撃破。日本シリーズではセ・リーグ3連覇を達成した広島東洋カープに4勝2敗で勝利し、2年連続日本一を達成した。


2019年は怪我で昨年を棒に振っていたサファテの調子が戻らず、更にはオープン戦中に負傷した柳田悠岐の怪我が悪化。長期離脱を余儀なくされる。この他にも和田毅、岩嵜翔、石川柊太、バンデンハークらが怪我、更には中村晃が重度の自律神経失調で今シーズン絶望と開幕前に主力が続々と離脱。

一方でオープン戦で活躍した川原弘之周東佑京ら育成上がりの選手が台頭。怪我で空いた選手の穴を埋める活躍を見せ、昨年のポストシーズンで活躍を見せたジュリスベル・グラシアルやアンダースローの高橋礼らも活躍。前半戦は首位で折り返したが、後半戦は徐々に失速。秋頃の怪我の癒えた主力が復活し、なんとか混戦状態に持ち込むものの、力及ばず優勝は去年に引き続き西武に明け渡す結果となった。

CSではファーストステージ第一戦でこそ敗北を喫するものの、以降は連勝に連勝を重ね、セカンドステージではアドバンテージ分を除けば無傷の4連勝で日本シリーズに進出。日本シリーズではこれまで幾度となく同シリーズで苦杯を嘗めさせられてきた巨人と対戦したが、第一試合から一つも落とすことなく勝利を重ね、4連勝で念願の巨人に勝っての日本一を達成。これで日本シリーズは3連覇。


2020年は7月に首位に到達後ロッテとの首位争いを繰り広げていたが、(終盤に失速した)ロッテに14.0ゲーム差をつけ10月下旬に3年ぶりリーグ優勝。CSではロッテ相手に、日本シリーズでは(前年と同じ)巨人相手に2年連続で4連勝。日本シリーズ4連覇を果たした。


2021年。エース・千賀、守護神・森、中軸・グラシアル、俊足・周東など主力選手が相次いで怪我により離脱、またデスパイネやリバン・モイネロの東京五輪キューバ代表選抜による一時離脱やベテラン勢の成績悪化(劣化)により、久しぶりのBクラスとなる4位でシーズンを終了。工藤監督は責任を取り退任した。


4軍制導入後のいま

2011年よりコーチ・2軍監督などを歴任した藤本博史が昇格。主力の年齢層が上がっていたため、若返りを念頭にチームの再建をすることになった。

藤本監督初年度の2022年は三森大貴柳町達などの台頭、独立リーグ上がりの藤井皓哉、移籍組の又吉克樹などの中継ぎ陣の充実で首位を走るも、大事な場面での得点力不足が付きまとい、首位を走るも独走状態に入れないまま最終盤までもつれてしまう。最終的にマジック1までこぎつけたが、10月2日に開催された最終戦でロッテに敗北。同日の試合(こちらも最終戦)で楽天に勝ったオリックスに同率で並ばれた結果、直接対決でオリックスに負け越していたため最後の最後に首位から陥落し、2位に終わった。CSファーストステージでは3位の西武に2連勝してファイナルステージに進出しオリックスへのリベンジを目指したが、1勝3敗(+優勝アドバンテージの1敗)で敗退となった。2011年からはNPB初の3軍制を導入していたソフトバンクであったが、翌2023年から育成選手大量獲得による4軍新設に踏み切った。


NPB他球団からロベルト・オスナ近藤健介などを、さらにはMLBからNPBに復帰した有原航平を獲得するなどして総額80億にも及ぶ大型補強を敢行。しかし2023年は藤本監督は過去の実績元にした選手起用を行ったため若手選手の出場機会が乏しく、投手陣の与四球も目立った。(前身の南海時代に15連敗を喫した)1969年以来54年ぶりに12連敗を記録、オリックスの1強5弱の独走状態・連覇を許しCS進出をかけて勝率5割を超えるのがやっとという状況で、2位ロッテとのゲーム差なしの3位で終了。CSファーストステージでは1勝2敗で敗退している。藤本監督は任期満了に伴い退任、後任は小久保裕紀2軍監督が昇格。


2024年。2010年代の黄金期を支えた倉野信次投手コーチが球団に復帰、与四球の多い投手陣を立て直すことに。


pixivでは

タグは、ダイエー時代との混同を避けるためにソフトバンクホークスが多い。


フィクション作品において

漫画「あぶさん」の主人公・景浦安武が、南海時代からの生え抜き選手→ソフトバンクで現役引退後は助監督として在籍。


選手一覧

(2024年4月1日現在)

監督・コーチ

一軍

背番号名前役職
90小久保裕紀監督
92奈良原浩ヘッドコーチ
94倉野信次投手チーフコーチ(ヘッドコーディネーター兼任)
72若田部健一投手コーチ(ブルペン担当)
71中田賢一投手コーチ(ブルペン補佐)
93村松有人打撃コーチ
78村上隆行打撃コーチ
80本多雄一内野守備走塁兼作戦コーチ
87井出竜也外野守備走塁兼作戦コーチ
84高谷裕亮バッテリーコーチ

二軍

背番号名前役職
74松山秀明二軍監督
73小笠原孝投手チーフコーチ
76寺原隼人投手コーチ
77吉本亮打撃コーチ
88明石健志打撃コーチ
82高田知季内野守備走塁コーチ
96城所龍磨外野守備走塁コーチ
83清水将海バッテリーコーチ

三軍

背番号名前役職
85小川史三軍監督
86佐久本昌広投手チーフコーチ
97牧田和久投手コーチ
75大道典良打撃コーチ
91金子圭輔内野守備走塁コーチ
98高波文一外野守備走塁コーチ
95吉鶴憲治バッテリーコーチ

四軍

背番号名前役職
011斉藤和巳四軍監督
012川越英隆投手チーフコーチ
021奥村政稔投手コーチ補佐
013森笠繁打撃コーチ
014笹川隆内野守備走塁コーチ
015釜元豪外野守備走塁コーチ
016的山哲也バッテリーコーチ
017森山良二リハビリ担当コーチ(投手)
018中谷将大リハビリ担当コーチ(野手)
020星野順治コーディネーター(投手)
019関川浩一コーディネーター(野手)
022森浩之コーディネーター(バッテリー)
023荒金久雄コーディネーター(野手統括兼守備走塁)

所属選手

投手

背番号名前備考
1風間球打
2カーター・スチュワート・ジュニア
11津森宥紀
14又吉克樹
16東浜巨
17有原航平
18武田翔太
21和田毅
26大津亮介
27岩井俊介2023年ドラフト2位
29石川柊太夫人はAKB48SKE48OGの大場美奈
34村田賢一2023年ドラフト4位
35リバン・モイネロ
38澤柳亮太郎2023年ドラフト5位
39尾形崇斗
40杉山一樹
41前田悠伍2023年ドラフト1位
47大関友久背番号変更
48藤井皓哉
49松本晴
50板東湧梧
53大山凌2023年ドラフト6位
54ロベルト・オスナ
56田浦文丸
58木村大成
59長谷川威展日本ハムから現役ドラフトで移籍
60大野稼頭央
63ダーウィンゾン・ヘルナンデス背番号変更
66松本裕樹
67笠谷俊介
68木村光
70田上奏大
120佐藤宏樹育成選手
124宮里優吾育成選手・2023年育成ドラフト2位
125古川侑利育成選手・背番号変更
134大城真乃育成選手
135アレクサンダー・アルメンタ育成選手
136大竹風雅育成選手
137中村亮太育成選手
139井﨑燦志郎育成選手
140三浦瑞樹育成選手
141マイロン・フェリックス育成選手
142藤原大翔育成選手・2023年育成ドラフト6位
143村上舜育成選手
145田中怜利ハモンド育成選手
146藤田淳平育成選手・2023年育成ドラフト7位
147加藤洸稀育成選手
148山崎琢磨育成選手
152瀧本将生育成選手
154佐藤琢磨育成選手
156ルイス・ロドリゲス育成選手
158赤羽蓮育成選手
160長水啓眞育成選手・2023年育成ドラフト8位
161内野海斗育成選手
162岡植純平育成選手
163佐々木明都育成選手
164水口創太育成選手
165宮﨑颯育成選手
167前田純育成選手
169飛田悠成育成選手
172渡邊佑樹育成選手
174鍬原拓也育成選手・巨人から移籍
176ダリオ・サルディ育成選手・新外国人

捕手

背番号名前備考
12嶺井博希
19甲斐拓也
22牧原巧汰
45谷川原健太
62海野隆司
64吉田賢吾
65藤田悠太郎2023年ドラフト7位
79渡邉陸
121石塚綜一郎育成選手
151加藤青空育成選手
171盛島稜大育成選手

内野手

背番号名前備考
0川瀬晃背番号変更
6今宮健太
8牧原大成
13三森大貴
23周東佑京選手会長
25山川穂高西武からFA移籍
33廣瀨隆太2023年ドラフト3位
36イヒネイツア
43井上朋也
46川原田純平
52リチャード
55野村大樹
57緒方理貢支配下昇格
69仲田慶介支配下昇格
99野村勇
122藤野恵音育成選手
124桑原秀侍育成選手・投手からコンバート
128伊藤大将育成選手
129佐倉俠史朗育成選手・2023年育成ドラフト3位
130勝連大稀育成選手
131中澤恒貴育成選手・2023年育成ドラフト4位
149佐久間拓斗育成選手
153三代祥貴育成選手
157小林珠維育成選手
159山下恭吾育成選手
170西尾歩真育成選手
175デービッド・アルモンテ育成選手・新外国人

外野手

背番号名前備考
3近藤健介
7中村晃
9柳田悠岐
24栗原陵矢
28アダム・ウォーカー巨人からトレード移籍
31正木智也
32柳町達
37生海
44笹川吉康
61川村友斗支配下昇格
123大泉周也育成選手・2023年育成ドラフト1位
138佐藤直樹育成選手・背番号変更
144マルコ・シモン育成選手
150山本恵大育成選手
166重松凱人育成選手
168佐藤航太育成選手
173ホセ・オスーナ育成選手

過去に所属した主な選手

※太字は故人

あ行

明石健志

秋山幸二

穴吹義雄

新井宏昌

荒金久雄

新垣渚

飯田徳治

飯田優也

五十嵐亮太

井口資仁

池田親興

泉圭輔

市川友也

井出竜也

井上祐二

岩木哲

岩嵜翔

上林誠知

内川聖一

江川智晃

江尻慎太郎

江夏豊

江本孟紀

大沢啓二

大竹耕太郎

大隣憲司

大野久

大場翔太

大道典良

大村直之

岡島秀樹

岡村俊昭

岡本伊三美

岡本克道

岡本健

小川一夫

小川史

奥村政稔

か行

甲斐野央

香川伸行

加冶屋蓮

柏原純一

片平晋作

加藤伸一

加藤領健

門田博光

金子圭輔

亀澤恭平

嘉弥真新也

川﨑宗則

川島慶三

岸川勝也

木塚忠助

城所龍磨

木村恵二

九鬼隆平

工藤公康

倉野信次

黒田正宏

小久保裕紀

さ行

斉藤和巳

斉藤学

佐久本昌広

笹川隆

佐々木誠

佐藤誠

佐藤道郎

定岡智秋

椎野新

篠原貴行

柴原洋

島野育夫

島袋洋奨

清水将海

下柳剛

城島健司

杉内俊哉

杉浦忠

鈴木正

攝津正

千賀滉大

た行

高田知季

高谷裕亮

高橋純平

高橋礼

高柳秀樹

田口昌徳

武田一浩

巽真悟

田中正義

田上慶三郎

田上秀則

多村仁志

田村藤夫

鶴岡一人

鶴岡慎也

出口雄大

寺原隼人

鳥越裕介

な行

永井智浩

中田賢一

中谷将大

西田哲朗

西村龍次

二保旭

野村克也

は行

長谷川勇也

浜名千広

林孝哉

林俊宏

広瀬叔功

広永益隆

福田秀平

藤井将雄

藤田学

藤本博史

藤原満

帆足和幸

坊西浩嗣

星野順治

細川亨

本田雄一

本間満

ま行

増田珠

松坂大輔

松田宣浩

松田遼馬

松中信彦

松永浩美

的場直樹

的山哲也

馬原孝浩

松本輝

水上善雄

水谷瞬

三瀬幸司

皆川睦雄

宮地克彦

村上雅則

村松有人

森浩之

森福允彦

森唯斗

森脇浩司

や行

柳田聖人

柳瀬明宏

山内和宏

山内新一

山内孝徳

山口裕二

山崎勝己

山田秋親

山田大樹

山中浩史

山本和範(カズ山本)

山本省吾

養父鉄

吉田修司

吉田豊彦

吉武真太郎

吉永幸一郎

吉野誠

吉村裕基

吉本亮

わ行

和田毅

若田部健一

渡辺秀一

渡辺正和

度会純男

助っ人選手(順不同)

ケント・ハドリ

ジョー・スタンカ

トム・ロブソン

トニー・バナザード

ウィリー・アップショー

ブーマー・ウェルズ

ケビン・ライマー

ブライアン・トラックスラー

ケビン・ミッチェル

トニー・ミッチェル

メルビン・ニエベス

ロドニー・ペドラザ

ペドロ・バルデス

フリオ・ズレータ

ホセ・オーティズ

ロベルト・ペタジーニ

レビ・ロメロ

デニス・ホールトン

ブライアン・ファルケンボーグ

アレックス・カブレラ

ウィリー・モー・ペーニャ

ジェイソン・スタンリッジ

ブライアン・ウルフ

李大浩

エディソン・バリオス

アリエル・ミランダ

ロベルト・スアレス

マット・ムーア

リック・バンデンハーク

コリン・レイ

デニス・サファテ

ニック・マルティネス

ウラディーミル・バレンティン

ジュリスベル・グラシアル

ジョー・ガンケル

フレディ・ガルビス

ウイリアンス・アストゥディーヨ

コートニー・ホーキンス

アルフレド・デスパイネ


永久欠番

なし

  • ただし、背番号15はダイエーホークス時代につけていた藤井将雄が現役選手のまま若くして病死したことから、以降欠番扱いとなっており、球団も将来的に永久欠番にすることを示唆している。
  • また王貞治の背番号89も継承者がおらず、欠番化する可能性が高い。
  • 過去には、上記の景浦安武の背番号90が欠番扱いとされていたことがあった(2016年に解除)。

マスコット

他にも「ホークファミリー」が10名近く存在する。


球団歌

現在の球団歌はダイエー時代に原曲が作られた『いざゆけ若鷹軍団』である。詳細はリンク先を参照。


関連項目

野球 プロ野球 NPB パシフィック・リーグパ・リーグ

ソフトバンク 福岡ドーム 10.2決戦 うみひな


球団名の変遷:南海軍近畿日本軍→グレートリング南海ホークス福岡ダイエーホークス福岡ソフトバンクホークス


台鋼ホークス (CPBL)

アトランタ・ホークス (NBA)

シカゴ・ブラックホークス (NHL)

関連記事

親記事

パ・リーグ ぱりーぐ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1710330

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました