ピクシブ百科事典

松中信彦

まつなかのぶひこ

熊本県出身の元プロ野球選手。左投げ左打ち。
目次[非表示]

プロフィール

出身熊本県八代市
学歴八代第一高校(現・秀岳館高校)
球歴新日鉄君津(現・日本製鉄かずさマジック)⇒福岡ダイエーホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)
生年月日1973年12月26日
身長・体重183cm、97kg
投球・打撃左投左打※
守備位置左翼手一塁手
プロ入り1996年ドラフト2位


※高校時代に肩を痛めてから社会人の時に手術で治すまでは右投げだった。

経歴

守備位置は主に左翼手。以前は一塁手も守っていた。

1996年ドラフト会議において、福岡ダイエーホークスに2位指名され入団、ちなみに1位は現在千葉ロッテマリーンズ監督の青山学院大学井口資仁内野手、3位に九州共立大学・柴原洋外野手と、上位指名選手が全員チームの主力になる特筆すべき大成功ドラフトであった。
2001年には井口、城島健司小久保裕紀と共にパ・リーグ初の本塁打30本カルテットを形成。2004年三冠王2005年に本塁打王・打点王、2006年に首位打者と主要打撃タイトルをそれぞれ2度ずつ獲得している強打者であり、常勝ホークスを象徴する一人となった。打撃三冠王を達成したのは平成時代では彼だけである。
2012年頃から成績が低迷し、出場機会が減少。2015年オフに長年在籍したホークスを退団した。翌2016年に現役引退を発表。

現役引退後は野球指導者への転身を視野に野球解説者を務めていたが、西田真二の後任として2020年シーズンより独立リーグ・四国アイランドリーグplus香川オリーブガイナーズGM兼監督としてチームを率いることになった。

人物

夫人はフリーアナウンサー林恵子

現役時代は内角球を捌く技術が非常に優れており、通常詰まるかファールになる球でも捌き切って、芸術的なアーチを放っていた。選球眼にも優れている。

髪の毛は短く刈り込まれている。それ以上のことはお察しください。

関連リンク

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「松中信彦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7660

コメント