ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ドラフト会議

どらふとかいぎ

複数のチームが存在する集団競技のプロスポーツにおいて新人選手を振り分ける為の会議。一般的には「日本プロ野球におけるドラフト会議」が知られている。
目次 [非表示]

日本プロ野球(NPB)におけるドラフト会議

1965年から始まった日本プロ野球の新人選手を指名するための会議で、毎年シーズンが終了した10月から11月の時期にて行われる。


指名の様子はテレビやネットで生中継されており、プロ野球のシーズン終了直後に行われる名物行事として全国から注目を集めている。

ドラフト本編の放送終了後はその年の目玉と思われる選手(主に高校球児)の家族を追いかけた「お母さんありがとう」というドキュメント風バラエティ番組も組まれている。


指名の対象となるのは過去に日本のプロ野球球団に在籍した経験の無い中学校高校高等専門学校大学社会人独立リーグの選手等でなおかつ日本国籍を有している者、陽岱鋼林威助のように他国から留学してきた者も指名対象になる。

また後述のトラブルが起こった経緯から、本人にプロ入りの意思がない者は現在は対象としてはならないことになっており、2004年より「プロ志望届」制度が設けられた。夏の全国高等学校野球選手権大会終了からドラフト会議開催直前の指定された締切日までに、届けを提出した者が対象となる。


学生の場合は対象ドラフト会議後翌年3月に卒業見込みである事と、プロ志望届を各管理団体に提出している事が条件に含まれ、一般企業が運営する社会人野球の選手は高卒なら3年以上、大卒なら2年以上のキャリアがなければいけないが、企業がチームを解散若しくは休部させた場合、特例により高卒3年、大卒2年の枠を外すこともある。

独立リーグでも日本独立リーグ野球機構(IPBL)所属リーグの選手は1年目から指名できるが、非加盟の関西独立リーグやIPBL加盟球団でもプロ志望届を出さずに入団した選手は社会人野球の選手と同じ扱いとなる。他にもアメリカメジャーリーグに在籍したオリックス・マック鈴木や日本ハム・多田野数人も指名を受けて入団している。


また、指名を受けた選手の年齢層は高校3年生である17・18歳以上から社会人野球出身の26歳ぐらいまでが「目安」。ただし、中学を卒業したばかりの15歳の少年(阪神・辻本賢人)が指名されたことや、30歳で指名されプロ入りした選手も過去に何人か存在している。また、5年制の高等専門学校3年次に指名(巨人・鬼屋敷正人、2009年に規約改正で指名可能に)された選手もいる。

余談だが、学校教育法第1条に準じた学校・組織に生徒として所属していた経歴があれば、野球部に所属していなくても指名可能であり、過去には北海道日本ハムファイターズソフトボール捕手であった大嶋匠を指名し、獲得に至っている。

ルールの上では性別制限はないため女子も指名可能だが、今まで女子選手を獲得に至ったNPBの球団は全く無い。


ルールなどは時代によって異なっており、数多くのドラマや事件がこれまで数多く生まれているが、アメリカメジャーリーグのように、新人選手選択権が前年最下位チームから一番有利に働く完全ウェイバー制ドラフトはまだ一度も実施されていないのが現状である。

現在行われている制度はセパ両リーグに所属する12球団が1位の選手を指名、直後にクジをひいて交渉権を確定、外れたチームは改めて1位の選手を指名、そのくり返しを12球団が1位を確定するまで行う。以後、偶数位指名は下位チームから、奇数位指名は上位チームからの指名が交互に行われる。2位指名以降はウェイバー制であり、各チームが必要とする選手がなくなるまで指名を行う。現状、総定員は決まっていないが12球団で120人というのが暗黙の了解で、その前で指名は打ち切られることとなっている。


これらの指名が終わると希望球団による育成選手の指名が行われ、これを「育成ドラフト」という。このドラフトに指名された選手は正規のドラフトとちがって1軍の試合に出場する権利がなく、育成期間の2年を過ぎると基本的に契約を打ち切られることとなり(延長あり)、2年のうちに正規な選手に登録(支配下登録)されなければならない制約がある。待遇の差はほかにもあり、育成選手には低額の支度金はあるが、高額の契約金はなく(支配下から格下げになったドラフト指名選手には過去に支給されているが)、年俸も低く抑えられ、背番号も3ケタとなっている。

育成から這い上がり、支配下選手として一軍で活躍している選手(例:千賀滉大山口鉄也、いずれもプロ入り後昇格)も少なからず存在する。


因みにあまり知られてないが、独立リーグでもドラフト会議が行われ、各チーム毎年10人ほどが指名され、上限年齢26歳までにNPB入りを目指すことになっている。


球団名の読み上げについて

ドラフト会議上では、「ジャイアンツ」や「タイガース」といった愛称は用いず、「読売」や「阪神」といったように主に企業名で読まれる。


読み上げの変遷

セントラル・リーグ

読売ジャイアンツ→「読売」


阪神タイガース→「阪神」


中日ドラゴンズ→「中日」


広島カープ(1967年まで)→「広島」

広島東洋カープ(1968年以降)→「広島東洋」


サンケイアトムズ(1968年まで)→「サンケイ」

ヤクルトアトムズ(1969年~1972年)→「ヤクルト」

ヤクルトスワローズ(1973年~2004年)→「ヤクルト」

東京ヤクルトスワローズ(2005年以降)→「東京ヤクルト」


大洋ホエールズ(1976年まで)→「大洋」

横浜大洋ホエールズ(1977年~1991年)→「横浜大洋」

横浜ベイスターズ(1992年~2011年)→「横浜」

横浜DeNAベイスターズ(2012年以降)→「横浜DeNA」


パシフィック・リーグ

阪急ブレーブス(1987年まで)→「阪急」

オリックス・ブレーブス(1988年・1989年)→「オリックス」

オリックス・ブルーウェーブ(1990年~2003年)→「オリックス」

オリックス・バファローズ(2004年以降)→「オリックス」


南海ホークス(1987年まで)→「南海」

福岡ダイエーホークス(1988年~2004年)→「福岡ダイエー」

福岡ソフトバンクホークス(2005年以降)→「福岡ソフトバンク」


東映フライヤーズ(1971年まで)→「東映」

日拓ホームフライヤーズ(1972年のみ)→「日拓」

日本ハムファイターズ(1973年~2002年)→「日本ハム」

北海道日本ハムファイターズ(2003年以降)→「北海道日本ハム」


西鉄ライオンズ(1972年まで)→「西鉄」

太平洋クラブライオンズ(1973年~1975年)→「太平洋クラブ」

クラウンライターライオンズ(1976年・1977年)→「クラウンライター」

西武ライオンズ(1978年~2006年)→「西武」

埼玉西武ライオンズ(2007年以降)→「埼玉西武」


東京オリオンズ(1967年まで)→「東京」

ロッテオリオンズ(1968年~1990年)→「ロッテ」

千葉ロッテマリーンズ(1991年以降)→「千葉ロッテ」


東北楽天ゴールデンイーグルス(2004年以降)→「東北楽天」


近鉄バファローズ(1997年まで)→「近鉄」

大阪近鉄バファローズ(1998年~2003年)→「大阪近鉄」


くじ引き

1位指名は各球団が最も必要としている選手を指名するのが基本戦術だが、甲子園や大学野球で華々しい活躍を遂げたスター選手が現れると被ることも多く、毎年恒例のように交渉権をかけてくじ引きが行われている。


このくじ引きには異様な緊張感が漂っており、球団幹部(監督、GMなど、九州共立大学・大瀬良大地投手の指名には広島・田村惠スカウトがくじを引いている)が一斉にくじの中身を開いて一喜一憂する姿はドラフトの名物でもある。

たまに自分の引いたくじを当たりと勘違いして喜び、大恥をかいてしまうハプニングも。裏を返せばそう錯覚してしまうくらいプレッシャーを感じる舞台なのである。

冬イベに向けて随伴艦の取り合いをする空母勢


この一世一代の大勝負の為に前日からくじ運やゲン担ぎを行う球団担当者のエピソードもよく伝わっており、どちらの手で引くかやくじ選び方を真剣に会議したり、その会議で使った食事所の部屋が後に聖地として紹介されたりするなど、傍から見れば珍事のような逸話も残っている。


確実に必要な選手を獲る為あえて第一希望選手を外して第二希望選手を獲りにいく球団もある。ただし、こちらでも被ることがある。


選ばれる選手側も母校や家族と緊張しながら結果を見守っていることが多い。どの球団に行くかは彼らのプロ野球人生を大きく左右するものでもある事から、場合によっては選ばれた後インタビューで口では嬉しいと言いながらも、よく見ると複雑な表情をしている選手もいる。

中には「特定の球団以外が交渉権を獲得した場合入団を拒否する」という強硬姿勢を見せる選手もいる(例:菅野智之内海哲也、どちらも読売ジャイアンツ以外を拒否)。拒否した場合当然選出が翌年以降のドラフトにずれ込むことになるが、前回のドラフト選出時と同等以上の実績を次回指名時に保持できるかは当人次第である。


毎年100名以上が戦力外・引退となるプロ野球選手

プロ野球選手は飽くまでも「個人事業主」であることは最早一般常識である。そんなプロ野球では1・2軍「70人枠」という支配下登録枠の関係で、プロ野球でドラフト会議が毎年行われ新人選手が100名以上入団すると、同時に100名以上の既存選手が戦力外及び引退を余儀なくされざるを得なくなってしまう現状なのが、完全実力主義社会であるプロ野球界の偽りなき実態なのである。

したがって終身雇用制があるサラリーマン業界とは異なり、ベテラン選手ながら実力があれば10年20年以上または30年も奇跡的に生き残れるのに対して、若手選手でありながら故障や首脳陣との折り合いが悪いせいで実力がプロで全く発揮できず、遊びやギャンブルに溺れて練習姿勢も最悪なら、1年も満たずたった数ヶ月でクビになるのも珍しくもなんともない世界なのである。


なお2022年の場合、対象となったのは外国人選手並びに同一球団内で育成選手再契約締結選手を除く総勢145名。その平均年齢は27.8歳。平均在籍年数はたったの7.7年しかないのがシビアで悲しいプロ野球界の現状である。

平均在籍年数の短命ぶりと戦力外選手の増加はこれからもますます強くなる様相である。


ドラフト会議に関する事件

江川卓工藤公康桑田真澄城島健司:それぞれドラフト会議において物議を醸した指名選手。江川の件は俗に「空白の一日」という通称で知られており、工藤、桑田、城島は大学進学予定者だったのに半ば強引に指名されて入団した経緯があり、後の制度改革への一因となっている。


荒川尭:1969年のドラフト会議にて大洋ホエールズから指名を受けたが、入団を拒否。しかし、これを不服と見た大洋ファンは荒川を襲撃。荒川は選手生命が絶たれるレベルの大怪我を負ってしまう。この事件は俗に「荒川事件」と呼ばれ、今なお、プロ野球史上最低最悪の事件として語り継がれている。


小池秀郎:1991年に、1989年の野茂英雄と並ぶ8球団競合指名、ロッテオリオンズが指名権獲得したが入団拒否。 松下電器(現パナソニック野球部)でプレーするが故障で評価を下げた。2年後に近鉄バファローズから1位指名。


小林秀一:1973年のプロ野球ドラフト会議で、読売ジャイアンツから1位指名されるも入団拒否。この年2位・黒坂幸夫、3位・中村裕二、5位・尾西和夫も入団拒否。小林は2020年終了時点で読売ジャイアンツに1位指名されながら入団を拒否した唯一の人物である。(2位と5位の選手は後に他球団で指名され入団、3位の選手は30歳で夭折。小林については片岡鉄心(漫画「ダイヤのA」の登場人物)も参照。)


一場靖弘:2004年のドラフト会議の前に複数が彼に将来的な同選手獲得を目途として金銭を渡していたことが発覚。ほぼ内定していた読売ジャイアンツへの入団が白紙になっただけでなく、当該球団のオーナー・関係者が事件発覚後相次いで辞任した(一場事件)。一場は結局この年誕生した球団である東北楽天ゴールデンイーグルスへ自由枠で指名され、入団することとなった。


大谷翔平:2012年のドラフト会議の前に本人がMLB挑戦を希望しており、指名しても入団を拒否することを宣言していた。このためほとんどの球団が指名を諦めていたが、北海道日本ハムファイターズが単独1位で強行指名した。この前年にも前述の菅野智之を強行指名して交渉権を獲得したが、入団を拒否されており、選手の意思を尊重していないという声もあった。

なお、大谷は交渉の結果、一転して本人が日本ハム入りを決断した。このため、翻意した大谷自身にも批判はあった。

ただし、選手自身の希望は特に拘束力がある訳ではないので、指名そのものがルール違反ではない点に注意が必要である。一方で、選手が契約拒否するリスクや指名予定だった球団(菅野の場合は巨人)との関係は悪化するため、一概に良いとは言えない。


田澤純一:2007年の大学生・社会人ドラフト会議で指名を拒否して残留希望、翌年の記者会見でメジャーリーグ挑戦の意思を表明。同時に日本プロ野球の12球団宛にドラフト指名を見送るよう求める文書を送付したことから『日本のプロ野球のドラフト指名を拒否して海外のプロ球団と契約した選手は、当該球団を退団した後も一定期間(大卒・社会人は2年間、高卒選手は3年間)はNPB所属球団と契約できない』とするルール(いわゆる田澤ルール)が設けられた(ただし、ドラフトでの指名漏れもしくは指名球団入団拒否後に海外プロ球団と契約した場合を除く)。この田澤ルールについては、公正取引委員会が「独占禁止法違反の恐れ」があると指摘した。(朝日新聞より

なお、2020年9月には上述の田澤ルールが撤廃されたため、田澤がドラフト会議での指名を受ける事が可能になったが、同年のドラフト会議にて指名される事は無かった。


番外編

真中満(トップイラスト):選手ではなくヤクルト監督であるが、2015年のドラフト会議で高山俊の指名くじの際に外れを引きながら当たりと勘違いして大喜びをし、周囲も一瞬ヤクルトが交渉権を獲得したと誤認した(実際は阪神が交渉権を獲得)。


ドラフト会議のパロディ

複数のグループが一斉に欲しい人材を指名する、被った場合くじ引きで一喜一憂する、欲しい人材に順位が付くといったドラマ性と人材を取り合う駆け引きの面白さから、野球のドラフト会議を真似てプロスポーツ以外でもテレビ・ラジオの企画や一般人の遊びでドラフト会議のパロディが日夜行われていたりする。

(例:アメトーークの企画「芸人ドラフト会議」等)



関連項目

日本プロ野球 プロ野球 NPB

関連記事

親記事

プロ野球 ぷろやきゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108769

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました