ピクシブ百科事典

東京ヤクルトスワローズ

とうきょうやくるとすわろーず

日本のセントラル・リーグに所属するプロ野球球団の一つ。保護地域は東京都。現在の親会社はヤクルト本社。
目次[非表示]

概要

本拠地は東京都新宿区明治神宮野球場。二軍は埼玉県戸田市にある。
1950年セ・リーグ国鉄スワローズとして加盟。以降、サンケイスワローズサンケイアトムズアトムズヤクルトアトムズヤクルトスワローズと名称を変え、2006年より現在のチーム名となっている。
チームに得点が入ったり、勝ったりすると「東京音頭」に合わせて、ビニール傘を持って踊る応援スタイルが特徴。マスコットはつば九郎つばみトルクーヤ

キーワード・歴史

国鉄の球界参入と「400勝投手」金田正一の入団

1949年シーズンオフ、プロ野球の2リーグ分立に合わせて国鉄が球団を設立。日本国有鉄道法の関係で国鉄自体が親会社になることができなかったため、外郭団体が主体となって1950年セ・リーグに加盟する。
しかし参入、新球団設立が他球団より遅かった(後にできた球団は1954年高橋ユニオンズ2004年オフに東北楽天ゴールデンイーグルスの2つだけ)ため選手の確保がままならず、鉄道局野球部の選手やアマチュア在籍者をかき集めるよりほかがなく、戦力は著しく低かった。
そのためチームは恒常的に貧打に悩まされながらも、1950年途中に入団した金田正一の活躍に支えられ最下位になることは少なかった。
1961年に初のAクラス入り、勝率5割を記録。しかし国鉄時代は1961年以外はAクラス入りできず、1963年にフジサンケイグループとの経営譲渡問題が浮上すると金田は10年選手制度(現在でいうFAのようなもの)を行使して読売ジャイアンツに移籍。結果経営意欲を喪失した国鉄は1965年途中にサンケイへ球団譲渡。チーム名をサンケイスワローズとしている。
国鉄時代の主な主力選手は中村栄森谷良平宇佐美一夫土屋五郎佐藤孝夫宇野光雄町田行彦宮地惟友飯田徳治豊田泰光ら。

相次ぐ身売り、そして27年目での初優勝へ

1965年、この年初めて行われたドラフトでは指名した11名中9名に拒否されるという辛酸をなめる。翌1966年からは、手塚治虫が球団後援会副会長を務めていたということもあり、ペットマークに鉄腕アトムを用いてチーム名をサンケイアトムズと改称する。
その後もなかなかAクラスには上がれず、さらに1969年には経営不振からサンケイ球団の株式の一部をヤクルトへ売却。チーム名をさらにアトムズとし、翌1970年にはヤクルトが単独経営権を獲得しチーム名をヤクルトアトムズとした。
ヤクルトになってからもしばらくはBクラスに沈んでいたが、虫プロ倒産(一説には手塚が「これほど弱いのならもうアトムの名を使わないでくれ」と申し入れたためとも)の影響で1973年からヤクルトスワローズにチーム名を変更。この年実に13年ぶりとなるAクラス入りを果たすと、1977年にはチーム初の2位に浮上。
そして1978年松岡弘安田猛ら投手陣と大杉勝男若松勉ら強力打線ががっちりかみ合い初優勝を飾る。日本シリーズでも阪急ブレーブスを破り日本一を決めた。
この時代の他の主力選手は、石戸四六デーヴ・ロバーツ東条文博浅野啓司杉浦亨チャーリー・マニエル船田和英ら。

1980年代、再びの低迷から1990年代の野村ID野球の元での「ヤクルト黄金時代」へ

優勝を飾った1978年から一転、1979年は最下位に沈む。1980年に2位に浮上した以外は総じてBクラス止まり。このころの主力選手には荒木大輔高野光八重樫幸雄大矢明彦ボブ・ホーナー荒井幸雄伊東昭光栗山英樹ラリー・パリッシュ笘篠賢治らがいる。
そして1990年からは野村克也が監督に就任。彼はこの年入団したルーキーの古田敦也を正捕手に抜擢。これを受け当時捕手だった飯田哲也はセカンド、にコンバートされることとなり、後にセンターにコンバートされた。そして1992年広沢克己池山隆寛ジャック・ハウエルら長距離砲ぞろいの打線の活躍に手薄ながらも西村龍次岡林洋一ら先発陣が応え14年ぶりの優勝を飾る。日本シリーズでは高卒新人の石井一久を起用するが、総力戦の末西武ライオンズの前に惜敗。
1993年も優勝し、西武との日本シリーズはまたも総力戦となるもリベンジを果たして日本一。その後1995年1997年にも優勝、日本一。高津臣吾伊藤智仁川崎憲次郎土橋勝征山部太田畑一也と言った生え抜き戦力に加え、吉井理人辻発彦小早川毅彦渡辺久信といった移籍組、外国人ではハウエルの他ドゥエイン・ホージーらが活躍した。

2000年代・「ヤ戦病院」とメークミルミル

1999年からは若松勉が監督を務める。2001年には藤井秀悟五十嵐亮太岩村明憲ら若手選手と入来智前田浩継ら「リストラ組」、そして古田、稲葉篤紀宮本慎也ロベルト・ペタジーニらレギュラー選手が安定した強さを誇り優勝。日本シリーズでは大阪近鉄バファローズの強力いてまえ打線を2失点に封じて日本一。その後も安定してAクラスを確保するも優勝はできず、2005年Bクラスに転落して若松は監督を退任。
2006年からは古田が選手兼任監督に就任。チーム名を地元密着の東京ヤクルトスワローズと改称。2006年はなんとかAクラスを確保するが、2007年は五十嵐、高津、石井弘寿ディッキー・ゴンザレスアダム・リグスら主力選手が次々と離脱。セス・グライシンガーアレックス・ラミレス青木宣親らの活躍もあったが最下位に沈んでしまう。古田はこの年限りで引退、監督辞任。
2008年からは高田繁が監督就任。アーロン・ガイエルらの離脱でシーズンは5位に終わるが、福地寿樹飯原誉士林昌勇押本健彦松岡健一らが台頭し浮上のきっかけをつかむと、2009年は新たに相川亮二を戦力に加え、川島慶三田中浩康高木啓充鬼崎裕司らの活躍でAクラスに食い込む。
2010年は極度の成績不振から高田がシーズン途中で辞任、小川淳司が監督代行を務める。小川に代わってからジョシュ・ホワイトセル山岸穣渡辺恒樹らを補強し、さらに畠山和洋の台頭ももあって驚異の進撃を見せた。結局この年は4位だったが、石川雅規館山昌平由規村中恭兵の4人が2ケタ勝利を記録した。
2011年ウラディミール・バレンティンの加入でシーズン序盤から首位を独走。しかし9月に主力選手の戦線離脱などで大ブレーキを喫し中日ドラゴンズに大逆転優勝を許してしまう。ラスティングス・ミレッジが加入した2012年は3位に終わり、福地、宮出隆自、林昌勇が退団。この辺りから「ヤ戦病院」と揶揄されるケガ人の続出が問題化してくる。
岩村が7年ぶりの古巣復帰した2013年は主力選手にケガ人が続出、また投手陣の不振もあって6年ぶりに最下位に転落。しかしこの年は、バレンティンのシーズン本塁打記録更新、小川泰弘が新人王獲得など、明るい話題もあった。2014年も最下位。
2015年より監督が真中満に交代する。またFAで成瀬善久大引啓次を獲得。この年のセリーグは1992年同様稀に見る大混戦で、最後に抜け出たヤクルトはそのまま逃げ切り、2001年以来実に14年ぶりのリーグ優勝を果たした。主軸の山田哲人トリプルスリーを達成したほか、秋吉亮トニー・バーネットら救援陣が安定して機能した事などが、優勝を手繰り寄せたと言える。
2016年は怪我人続出で低迷、終盤にDeNA・阪神と熾烈なCS争いを繰り広げるも力尽きて5位。
2017年は長年にわたりチームを支えた石川が防御率4点台と不安定な上館山も故障、故障のため離脱→抑え転向失敗の小川と結果が出ない山中が二軍落ちしたため先発投手陣が崩壊、中継ぎも前年までリリーフを支えたオンドルセクが退団、秋吉も故障したため壊滅。2年続けて3割30本塁打30盗塁を達成した山田が不振、川端が故障でシーズン前からいないのに加え畠山、雄平、大引が次々と故障。相対的に戦力不足となりチームはセ・リーグ最下位に低迷、10連敗2度、5点差逆転負けなどかなりの惨状となり真中の監督退任が発表されている。

pixivでは

タグとしてはヤクルトスワローズヤクルトスワローズなどに分散されている。
イラスト投稿比率は選手<<<つば九郎。ほか、燕太郎(引退)のイラストもぽつぽつ投稿されている。

選手

(2017年2月26日現在)
監督・コーチ
一軍
77真中満…監督
88三木肇…ヘッドコーチ
84伊藤智仁…投手コーチ
98石井弘寿…投手コーチ
74杉村繁…チーフ打撃コーチ
76宮出隆自…打撃コーチ
73福地寿樹…外野守備走塁コーチ
75森岡良介…野手コーチ補佐
78野村克則…バッテリーコーチ
81押尾健一…戦略コーチ兼投手コーチ補佐
二軍
99高津臣吾…監督
89水谷新太郎…チーフ兼内野守備走塁コーチ
83赤堀元之…投手コーチ
72小野寺力…投手コーチ
85北川博敏…打撃コーチ
82松元ユウイチ…打撃コーチ
79笘篠誠治…外野守備走塁コーチ
80野口寿浩…バッテリーコーチ

投手
11由規
12石山泰稚
13中尾輝
14秋吉亮
16原樹理
17成瀬善久
18寺島成輝
19石川雅規
20山本哲哉
21松岡健一
22竹下真吾
24星知弥
25館山昌平
26久古健太郎
28デービッド・ブキャナン
29小川泰弘
32風張蓮
34ロス・オーレンドルフ
35菊沢竜佑
38梅野雄吾
43村中恭兵
44岩橋慶侍
45土肥寛昌
47高橋奎二
48ジュリアス
53ジョシュ・ルーキ
54中澤雅人
58杉浦稔大
61プレストン・ギルメット
62徳山武陽
67平井諒
68山中浩史
70近藤一樹
71中島彰吾
117田川賢吾
118古野正人

捕手
30西田明央
37星野雄大
51藤井亮太
52中村悠平
55山川晃司
57古賀優大
63井野卓
120大村孟

内野手
1山田哲人
2大引啓次
3西浦直亨
5川端慎吾
8武内晋一
10荒木貴裕
33畠山和洋
36廣岡大志
40ディーン・グリーン
46谷内亮太
49渡邉大樹
56奥村展征
59今浪隆博
60三輪正義
66大松尚逸

外野手
0比屋根渉
4ウラディミール・バレンティン
9飯原誉士
31山崎晃大朗
41雄平
42坂口智隆
50上田剛史
64榎本葵
65原泉
91鵜久森淳志


OB
相川亮二
青木宣親
赤川克紀
浅野啓司
荒井幸雄
新垣渚
荒木大輔
飯田哲也
飯田徳治
五十嵐亮太
池山隆寛
石井一久
石戸四六
伊勢孝夫
一場靖弘
伊東昭光
稲葉篤紀
入来智
岩村明憲
宇佐美一夫
宇野光雄
大杉勝男
大矢明彦
岡林洋一
小川淳司
押本健彦
小野公誠
尾花高夫
金田正一
川崎憲次郎
川島慶三
川島亮
河端龍
木田優夫
衣川幸夫
栗山英樹
小早川毅彦
坂元弥太郎
佐藤孝夫
真田裕貴
城石憲之
杉浦亨
鈴木健
角富士夫
副島孔太
高木晃次
高野光
武上四郎
田中浩康
田畑一也
辻発彦
土屋五郎
東条文博
土橋勝征
笘篠賢治
豊田泰光
内藤尚行ギャオス内藤
長嶋一茂
中村栄
成本年秀
西村龍次
橋上秀樹
秦真司
広澤克実
広永益隆
藤井秀悟
藤田太陽
藤本敦士
船田和英
古田敦也
前田浩継
増渕竜義
町田行彦
松岡弘
宮地惟友
宮本賢治
宮本慎也
森谷良平
八重樫幸雄
安田猛
柳田浩一
山部太
山本樹
吉井理人
米野智人
若松勉
度会博文
デーヴ・ロバーツ
チャーニー・マニエル
ボブ・ホーナー
ラリー・パリッシュ
ジャック・ハウエル
テリー・ブロス
トーマス・オマリー
ドゥエイン・ホージー
ジェイソン・ハッカミー
ロベルト・ペタジーニ
ブライアン・シコースキー
トッド・ベッツ
グレッグ・ラロッカ
アレックス・ラミレス
セス・グライシンガー
ディッキー・ゴンザレス
林昌勇
アーロン・ガイエル
ジョシュ・ホワイトセル
トニー・バーネット
オーランド・ロマン
ラスティングス・ミレッジ
ローガン・オンドルセク


関連タグ

野球 プロ野球 セ・リーグセントラル・リーグ
ヤクルト ヤクルトスワローズ  産経新聞
国鉄 国鉄スワローズ つばめ
松嵜麗:熱狂的なヤクルトファンとして知られ、2015年の日本シリーズの際、神宮球場で観戦している様子をテレビ中継された。

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「東京ヤクルトスワローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 862538

コメント