ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

石川県かほく市出身、2001年4月16日生まれ、星稜高校で2019年全国高等学校野球選手権準優勝に導く。

2019年ドラフト1位で読売ジャイアンツ阪神タイガースとの競合で東京ヤクルトスワローズ入団。

スリークォーターから155㎞の速球とスライダー・フォーク・カットボール・カーブを投げるが、制球力もあるのが特徴。


ヤクルトの2020年最終戦となる11月10日の広島戦(神宮球場)でプロ初登板初先発したが初黒星。

しかし翌年は4月8日の広島戦で2度目の先発登板をし、5回5失点も援護に恵まれプロ初勝利。

更にチームトップタイ、リーグ8位タイの9勝を記録して優勝に大きく貢献。

11月10日、巨人とのクライマックスシリーズ第1戦にて、98球でプロ初完投初完封(無四球)を記録、「マダックス」達成。


2022年 シーズンキャンプから右足のコンディション不良が伝えられ、3月29日の巨人戦で今季初登板を果たすが、右肘を痛めて登録抹消、さらに7月にはCOVID-19の陽性反応の診断を受けたため登板はこの1試合のみとなった。最終的には保存的療法を選択、同年オフに背番号を11から18に変更。


2023年4月18日にイースタン・リーグで385日ぶりに実戦復帰。

20s4年、満を持して臨んだ2年ぶりの今春キャンプも、完走前に腰痛で離脱。

それも乗り越え、6月14日のオリックス戦に先発。最速151キロで5回7安打1失点と好投し、21年10月8日阪神戦(神宮)以来となる自身980日ぶりの白星を挙げた。

関連記事

親記事

東京ヤクルトスワローズ とうきょうやくるとすわろーず

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 287

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました