ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

プロフィール

出身千葉県千葉市若葉区
生年月日1973年9月9日
身長・体重185cm、100kg
投球・打撃左投左打
守備位置投手
プロ入り1991年ドラフト1位
引退2013年

経歴

1991年オフのドラフト会議にて、ヤクルトスワローズから1位指名されてプロ入り。

1993年にプロ初勝利を挙げる、ストレートボールと変化球を武器に三振を奪い取り、相手打者を惑わせねじ伏せる技巧派投手として名を掲げた。

1995年に最高勝率を獲得するなどヤクルトの2年ぶりの日本一に貢献し1997年には横浜戦でノーヒットノーランを達成しチームも2年ぶりの日本一に輝く。


チームが4年ぶりの日本一となった2001年オフにアメリカへ渡りロサンゼルス・ドジャースに入団。2005年にニューヨーク・メッツに移籍。

2006年に東京ヤクルトスワローズに復帰し安定した投球を披露していたが、2007年シーズン終了後、「新しい友達を作りたかったから」という理由で埼玉西武ライオンズにFA移籍。2013年まで現役でプレーした。

日米通算成績182勝137敗1セーブ4ホールド。




2018年8月からは東北楽天ゴールデンイーグルスにフロント入りし、ゼネラルマネージャー(GM)に就任。「長期的に優勝ができる」チーム作りを目指して様々な改革を実施し、2019年シーズンには、FA移籍で西武の浅村栄斗などを引き入れることに成功し、ヤクルトOBの伊藤智仁野村克則三木肇らを1・2軍の首脳陣に迎え入れ、新外国人のアラン・ブセニッツジャバリ・ブラッシュの2名を招くなど選手陣の補強で2年ぶりの3位返り咲きに貢献。

しかし、その一方では、12球団最多の15名の所属選手に対して成績不振などを理由に戦力外通告を発したり、体調問題や故障などから登板機会が少なかった嶋基宏や、フロントとの方針の相違から1年契約に留まった平石洋介監督など一部の首脳陣メンバーの流出を招いたりするなどで、古参のファンからは失望と怒りを買うこととなった(⇒詳しくは『楽天ライオンズ』を参照)。


2021年からは3シーズンに渡って、東北楽天ゴールデンイーグルスの1軍監督として自ら指揮を執っていた(2022年まではGM兼任)。現在はシニアディレクターとして再びフロント入りしている。


背番号

背番号使用年所属チーム備考
161992年〜2001年ヤクルトスワローズ選手
172002年〜2004年ロサンゼルス・ドジャース選手
232005年ニューヨーク・メッツ選手
162006年〜2007年東京ヤクルトスワローズ選手
612008年埼玉西武ライオンズ選手
162009年〜2013年埼玉西武ライオンズ選手
992021年〜2022年東北楽天ゴールデンイーグルスGM兼1軍監督
162023年東北楽天ゴールデンイーグルス1軍監督

人物


関連項目

関連記事

親記事

引退したプロ野球選手一覧 いんたいしたぷろやきゅうせんしゅいちらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3126

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました