ピクシブ百科事典

嶋基宏

しまもとひろ

東北楽天ゴールデンイーグルスに所属する選手。イケメンである。

現在の岐阜県海津市出身。

選手として

高校は中京大中京高校に入り、國學院大學に進学。大学の1年後輩に同僚となる聖澤諒がいる。
2006年大学生・社会人ドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。同期入団に永井怜(大学生・社会人1位)、渡辺直人(大学生・社会人5位、現埼玉西武ライオンズ)、田中将大(高校生1位、現ヤンキース)らがいる。



正捕手不在のチーム事情の中、ルーキーイヤーから一軍に定着。一時は不振で二軍落ちを経験するも、プロ入り4年目の2010年から正捕手に定着。
この2010年は規定打席数に到達して打率.315をマーク(パ・リーグの捕手では2005年城島健司、当時福岡ソフトバンクホークス以来)。また球団史上初となるゴールデングラブ賞を受賞。

2011年から選手会長に就任。3月11日に発生した東日本大震災の影響でチームも大変な状況におかれた中、4月2日に行われた慈善試合にて見せましょう、野球の底力をとスピーチし、注目を集めた。スピーチ全文はこちら
この年は攻守に精彩を欠いて不本意な成績に終わった(打率は.223。失策11はパ・リーグの捕手では最多)が、田中将大とともに最優秀バッテリー賞を受賞している。

2012年は5月に骨折で1ヶ月離脱し、復帰後もルーキーの岡島豪朗と兼用され、91試合の
出場にとどまった。
同年オフの12月6日に阪神タイガース新井貴浩の後を継ぎ、第8代日本プロ野球選手会長
に就任した。
2013年は開幕から攻守ともに好調で、Kスタ宮城に2013年に初めて設置されたEウィングへの初ホームランも放った。また、この年に獅子奮迅の活躍を見せた田中将大の女房役として時に打撃で、時に守備でリードで開幕24連勝の偉業、そして球団初の日本一の原動力となった。
この活躍ぶりが認められ、ベストナイン、自身2度目のゴールデングラブ賞を受賞した。



ネットの評判

野村克也が監督を務めていたころはたびたび説教を食らっていたため、ニコニコ動画2ちゃんねるなどではよく嶋説教と言われていた(ちなみに完全になくなったわけではなく、星野仙一にもたまに説教されている。またパワプロの実況プレイ動画などで嶋がやらかすとこの言葉が出てくる)。
別の言い方をすれば野村元監督のツンデレによくあっていた。

pixivに投稿された作品 pixivで「嶋基宏」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5802

コメント