ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

所属東北楽天ゴールデンイーグルス
出身兵庫県伊丹市
生年月日1988年11月1日
身長・体重187cm、97kg
投球・打撃右投右打
守備位置投手
プロ入り2006年高校生ドラフト1位


あだ名は「まーくん」「まさお」など。
坂本勇人前田健太斎藤佑樹らと同世代。

概要

2005年に2年生エースとして夏の甲子園を席巻し、駒大苫小牧連覇の原動力となる。2006年の3年夏、3連覇のかかった甲子園の決勝では、早稲田実業の斎藤佑樹と投げ合って、延長15回引き分けの死闘を演じ、再試合で敗れ涙を飲んだ。その年のドラフトで東北楽天ゴールデンイーグルスに入団する。背番号は18。

当時、2年連続圧倒的最下位で、戦力不足だった楽天で1年目から11勝を挙げるなど大活躍し、新人王を獲得。2008年の北京五輪、2009年のWBCなどの国際試合でも快投した他、2009年の楽天2位進出に大きく貢献した。

主なタイトルは新人王しかなかったが、2011年、19勝を挙げ最多勝(ホールトンと同数)、最優秀防御率など奪三振以外の先発投手主要タイトルを総なめにし、この年の沢村賞を受賞。名実ともに日本を代表する投手になった。
この年に限らず、勝ち運には非常に恵まれており、田中の投げる試合では序盤に失点しても、打線が奮起したり、意外な逆転劇が起こったりする事が多いため、野村克也監督(当時)は、「マー君、神の子、不思議な子」と評していた。

2013年8月16日、それまで稲尾和久(元西鉄ライオンズ)が保持していたシーズン跨ぎでの20連勝を打ち破り、21連勝の金字塔を打ち立てた。

田中将大


さらに9月6日、対北海道日本ハムファイターズ戦にて、同じく稲尾の持つシーズン20連勝に並ぶと、9月13日オリックス・バファローズ戦でシーズン21連勝および連続25連勝を達成し、カール・ハッベル(ジャイアンツ)が19361937年にかけて記録した24連勝の記録を76年ぶりに更新する世界新記録を樹立。最終的に24勝0敗1Sで史上4人目の規定投球回数に達しての無敗投手となり、史上初の無敗での最多勝投手となった。
11月2日、読売ジャイアンツとの日本シリーズ第6戦で連勝はストップしたが、最終的に記録は30連勝まで伸びていた。
この大活躍は楽天に、チーム創設9年目にしての初優勝及び初日本一の栄冠をもたらした。

2014年1月23日アメリカ大リーグの名門:ニューヨーク・ヤンキースへの移籍を発表。
ヤンキースの先発ローテーション投手として活躍し、2019年シーズンまで6年連続2桁勝利を達成した。
MLBでの通算成績は78勝46敗だった。

2020年シーズン終了後、COVID-19の影響でヤンキースを始めとするMLBの各球団との契約交渉が難航していたが、2020年1月28日に古巣の楽天への復帰が発表された。背番号は再び18(ちなみに田中移籍以降誰もつけていなかった)。
復帰初登板は3月27日の日ハム戦の予定だったがふくらはぎの故障で登録抹消。4月17日の日ハム戦までズレこんだ。結果はホームラン2発を含む5回3失点、打線も上沢の前に沈黙し1得点のみと敗戦。レギュラーシーズンの連勝記録は28でストップした。
前年大幅に試合数が削減されたMLB(日本とは比較にならない感染状況であり、開催は60試合しかなかった)でロクにマウンドで投げられず調整が上手くいかなかったことが響いた他、決して投球内容そのものは悪くなかったものの、神の子と呼ばれた姿とは程遠い勝ち運に悉く見放されたムエンゴ状態で、最終的には4勝9敗と大きく負け越す等、通算15年目にして自己ワーストの成績に終わる他、チームも3位に終わってしまった。

人物像

まーくんと里田まい


  • 大のアイドルファン。その熱狂ぶりに一部のファンからは(親しみをこめて)「ドルオタ」の愛称を付けられている。そしてファンが高じて、本物のアイドル・里田まいを嫁にした。
    • ももいろクローバーZとは特に仲が良く、入場時にももクロの曲を使用している他、ももクロ側もそのものずばり『田中将大』という題名のアルバムが存在する(歴代応援歌を収録)。
  • またアイドル以外にもガキの使いファンでもあり、2009年及び2010年の大晦日SPに出演している。ちょっとは仕事選べ。
  • FUNKYMONKEYBABYSの曲『あとひとつ』のPVに本人が出演。この縁があってリード時の9回に限ってこの曲を入場曲に使っている。そしてそれがあの伝説の夜(後述)を演出することになった。
  • ポケモンSM』のCMに“たんぱんこぞうマー君”役で出演したことがある(手持ちはトゲデマル)。「もう ストーリーは クリアしたって? じゃあ オレの そだてたこいつと しょうぶしようぜ!」

楽天日本一の余談

2013年11月3日日本シリーズ第7戦の9回に田中がリリーフで登板したが、前日の夜に160球を投じるも敗戦投手となっていた。そんな状態で1日経過した程度では普通は投げることすら間々ならず、星野仙一監督の采配を含め物議を醸した。
本来であれば前日に投げた投手はベンチから外れるが、当日何故かベンチ入りしていた。これは星野氏が生前「田中が志願したためベンチ入りさせた」と説明していたが、田中本人の志願ではなく、田中の状態を確認した森山良二コーチが「1イニングなら投げられる」と伝え、それを星野氏が志願したと受け取ったことが事の真相とされている。ただ、本人の意志がなかったわけではなく、投げる心積もりはしていたという。当日のブルペン入りも監督の指示ではなく自ら行っていた。加えて、田中の登板自体も星野氏の独断ではなく、森山コーチによる登板の直訴があり、熟考に熟考を重ねた上でのことだったそうである。
この登板に対してファンは心配するどころか心待ちにしていたようで、田中がコールされると歓喜の渦からの登場曲『あとひとつ』の大合唱。
結果、ランナーを出したものの9回を抑えて胴上げ投手となり、伝説の男となった。

関連タグ

関連記事

親記事

東北楽天ゴールデンイーグルス とうほくらくてんごーるでんいーぐるす

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「田中将大」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました