ピクシブ百科事典

トレセン学園

にほんうまむすめとれーにんぐせんたーがくえん

アプリゲーム『 ウマ娘 プリティーダービー 』とメディアミックス作品に登場する、競走ウマ娘を育成する学園。
目次[非表示]

Eclipse first, the rest nowhere. ――トレセン学園 スクール・モットー

概要

正式名称は「日本ウマ娘トレーニングセンター学園」。
現実世界で競走馬を調教する「トレーニング・センター」がモデルとなっている。
上記のスクール・モットーは実在した競走馬「エクリプス」に因んだ有名な諺で、「エクリプス1着。2着馬はなし。」を意訳し唯一抜きん出て並ぶ者なしと訳される(読みはエクリプス・ファースト・ザ・レスト・ノーウェア)。
ゲームアプリ版で育成ウマ娘を迎える「プリティーダービーガチャ」では、出走ゲートにこのフレーズが表示されていれば虹(SSR)確定の合図。

ジュエルにんじん


理事長は秋川やよい。理事長秘書に駿川たづな

国民的スポーツ・エンターテイメントとして位置付けられているトゥインクル・シリーズでの活躍を目指すウマ娘が集まる全寮制の中高一貫校である。東京都府中市に所在し、総生徒数は2000人弱。
入学には願書を直接提出する方法のほか、オグリキャップのように地方の学園からスカウトされ籍を移すケースもある。なお選手になる以外にも、サポートスタッフとしての知識を学べる研修コースも存在している。文武両道を掲げており、座学や学力考査に苦しめられる生徒も多い。
その華やかさとは裏腹に生徒も教職員も、地方では異次元レベル扱いされるようなエリートたちが鎬を削る戦場でもあり、結果を出せず学園を去ることになった者も数多く存在する。

トレーニング用のレーストラックや体育館はもちろん、カフェテリア図書室スポーツジム、レッスン用のダンススタジオ、飛び込み台付きの室内プール購買部、屋外ライブステージや観客席、各レースの申し込み窓口などの設備が充実している。中庭には空洞になっている大きな切り株があり、学園の生徒や職員が様々な思いを喚き散らす有名なスポットになっている。
校内は静かに走ることが校則で定められているが、アニメ版では廊下を自走やセグウェイで走行しても咎められる様子はなく、そこまで校則が厳しくないのか、生徒の奔放さに取締りが追いついていないのかは判然としない。
劇中での現在の生徒会長シンボリルドルフ。役員はエアグルーヴナリタブライアンが務めている。

大きくシニアクラスとジュニアクラスに分かれており、ジュニアクラスはさらに年少からA組、B組、C組に分けられている。シニアオープンクラスへの出走が認められるようになるのはC組から。
シリーズへ出走するには、学内に複数あるチームのいずれかに所属し、トレーナーの指導を仰ぐ必要がある。
関連作品も含めると、トレーナーからのスカウトに応じる、自主的に所属先を決める、応募者多数の場合は入部テストに合格するなどの様子が描かれている。
チームとして認定されるには5人以上のウマ娘の所属が必要という世界観の記述がされたこともある一方で、season2のチームカノープスのように4人以下のチームも存在する。

学業についてはウマ娘としてのレース知識などを学ぶ授業以外に、国数理社英の所謂5教科があることが「うまよん」で描かれている。テストも存在し、点数が悪ければ追試を受ける必要がある。また、夏休みなど長期休暇の際には宿題が出される。
一方、アプリ版の一コマ漫画においては飛び級で進学したので中等部の最年少であるニシノフラワーの、教科書より判り易くまとめられているというノートを涙ながらに見せて貰って崇める高等部のウマ娘が居たりするので、一部には中高交えた選択科目のような教科があるのかもしれない。

春(アプリ版では4月前半)には学園祭にあたるファン感謝祭を開催している。
アニメ版(OVA)では、各生徒が物産展や屋台や美容室等の模擬店やショー等を開いて学園外からのお客さん相手に商売している。また、駅伝や大食い大会などの大型イベントにはスイーツ食べ放題の副賞も用意されている。
アプリ版では、各種競技や模擬レース等を行うという体育祭に近い行事となっている。

シングレでURAが運営・管轄してる施設の一つであることが判明。

服飾関連

制服

🎁
ウマ


冬服は紫を、夏服は白を基調としたセーラー服。夏服はパフスリーブの半袖。胸元と尻尾の上に大きなリボンが付き、胸のスクールリボンの結び目には小さな蹄鉄があしらわれている。上着はあまり伸縮性がないらしく、ご飯をたくさん食べてお腹が膨れると裾が上がってしまい、ボテ腹をさらしてしまうことになる。
プリーツスカートの裾から覗くフリルは装飾というよりペチコートに近い。ゲーム内の3Dモデルではインナーとしてショートスパッツが採用されており、ライブシアターではダンス用の衣装としても活躍する。
足元はライン入りのオーバーニーと、こちらも蹄鉄型の金具がついたメリージェーン

トレーニングウェア

その視線の意味は
ペアストレッチ


赤地に白いラインの入った長袖のジャージ。トゥインクル・シリーズでは上着を羽織ってパドックへ出ていくため、登場頻度はかなり多い。

サイレンススズカ
センシティブな作品


体操服はシンプルな丸襟の半袖。体操服のボトムは元々が牡馬のウマ娘は短パン、牝馬のウマ娘はブルマとなっている。G1以外のレースには体操服で出走するため、競走ウマ娘にとっては第二の勝負服でもある。

水着

バクシンオーさん
合宿


セパレートタイプの指定水着(セパスク)。基本的には学内のプールでしか出番がないものの、夏場の海合宿ではトレーニングウェア同然の扱いとなる。こちらは体操服とは異なり、元々が牡馬と牝馬でも区別はされていないようである。

レインコート
フードにウマ耳用のポケットが付いた、膝丈の青いレインコート。胸元の2本のベルトがアクセントになっている。アニメ版では観客席のウマ娘たちが着用しており、学園内外を問わず流通しているものらしい。頭に乗せたショートケーキが雨で溶けても大丈夫。
ちなみに、デザインは別物ながらアパレルグッズとしてURAのロゴ入りレインポンチョが製作されている。

勝負服

無題
センシティブな作品


G1レース出走の際にウマ娘が纏う特注の一張羅で、平たく言うと彼女たちにとってのバフ装備となる。デザインにはモデルとなった競走馬の特徴や、騎乗した騎手の勝負服の色などが反映されている。
ウマ娘側がデビュー時に提出する書類に希望するイメージを書き、G1レースへの初出走が決まったタイミングで希望に沿った勝負服を運営組織(URA)が製作する。また、優秀な成績を収めたウマ娘に与えられるURA賞の副賞として新しい勝負服が支給される場合もある。
全国トップクラスの猛者が集う中央の中でも、G1を走れるのはほんの一握りであり、自分の勝負服を手に入れるということは競走ウマ娘にとって大きな名誉である。
見た目走りにくそうな勝負服もあるが、「ウマソウルパワー」により問題ないとされた作品もある。
勝負服ってスゴイよねというお話 - 電撃オンライン

道路を挟んで学園の真向かいに位置する。栗東寮と美浦寮の二つに大別され、基本的に二人で一部屋。概ね同世代のウマ娘が同室であるが、中等部と高等部の組み合わせの部屋割りも存在する。門限が決まっており、あまり帰りが遅くなると閉め出されてしまう。
寮長と生徒会長の許可を得れば寮を移ることも認められているようだが、寮同士が一応ライバル関係にあるため、そのような事例は珍しい。コミカライズ版では「寮対抗戦」の存在も言及されている。ちなみに美浦寮にはマンハッタンカフェに似た幽霊が出るという噂話がある。
あくまでウマ娘達のプライベート空間であるためトレーナーでも入場は基本的に禁止されている(ただしやむも得ない事情の場合、寮長権限で特別にOKが出る事もある)。また、ペットも禁止されているがこっそり飼っている ウマ娘もいる。
寮の名前は滋賀県の栗東トレセン、茨城県の美浦トレセンに由来し、寮生の振り分けはモデルとなった馬の所属先に準拠している。

クリスマス・イヴを迎えると、サンタクロースに扮した寮長が、管理している合鍵を使って寮生の部屋へ侵入し、プレゼントを配って回るというなかなかの重労働をこなすのが慣例となっているらしい(『うまよん』より)。
媒体によって所属する寮が異なるウマ娘もいる模様(『うまよん』では美浦、アプリ版では栗東寮生となっているセイウンスカイなど)。また、マルゼンスキーのように一人暮らしをしている生徒もいる(マルゼンスキー号は東京競馬場内の厩舎で現役時代を過ごしており、当時の美浦トレセンは建設中。開場したのは彼が引退した翌年の1978年である)。
(下記はゲームアプリ版のプロフィールによる。参照先

栗東寮

アグネスタキオンウイニングチケットエアシャカール
エイシンフラッシュエアグルーヴオグリキャップ
ゴールドシチーサイレンススズカスーパークリーク
スマートファルコンダイタクヘリオスタマモクロス
ナリタタイシンビワハヤヒデファインモーション
マチカネフクキタルメジロパーマーミホノブルボン
ヤエノムテキ

  • 中等部
アグネスデジタルイクノディクタスウオッカ
カレンチャンキタサンブラックキングヘイロー
サトノダイヤモンドスイープトウショウ
スペシャルウィークダイワスカーレット
テイエムオペラオートウカイテイオーナイスネイチャ
ニシノフラワーハルウララビコーペガサス
マーベラスサンデーマチカネタンホイザ
マヤノトップガンメイショウドトウメジロマックイーン
  • 学年不明
ゴールドシップ(※プロフィール上でも学年不詳

美浦寮

アイネスフウジンサクラバクシンオー
シンボリルドルフタイキシャトルマンハッタンカフェ
メジロドーベルメジロライアンライスシャワーシーキングザパール

  • 中等部
エルコンドルパサーグラスワンダーゼンノロブロイ
ツインターボユキノビジンセイウンスカイ
  • 学年不明
イナリワン(※『うまよん』では美浦寮生として登場)

部屋割り

※五十音順、現時点で判明しているもののみ

栗東寮美浦寮
アグネスタキオンアグネスデジタルアイネスフウジンメジロライアン
アドマイヤベガカレンチャンエルコンドルパサーグラスワンダー
イクノディクタスメジロマックイーンゼンノロブロイライスシャワー
ウイニングチケットトーセンジョーダンタイキシャトルメジロドーベル
ウオッカダイワスカーレットマンハッタンカフェユキノビジン
エアグルーヴファインモーション
エアシャカールメイショウドトウ
エイシンフラッシュスマートファルコン
オグリキャップタマモクロス
キングヘイローハルウララ
サイレンススズカスペシャルウィーク
スーパークリークナリタタイシン
テイエムオペラオービワハヤヒデ
トウカイテイオーマヤノトップガン
ナイスネイチャマーベラスサンデー
ニシノフラワーミホノブルボン

チーム

現実の競馬でいう「厩舎」に当たり、レース出場の活動母体にもなっている。トレーナーごとに数名の生徒を担当し、ウマ娘たちはチーム内で指導を受けて切磋琢磨しながらレースに備えていく。
トレセン学園に属するチームの名前には星の名前が使われており、アニメ版で学園最強とされるチームリギル、ゲームアプリ版で功績を打ち立てているチームシリウスなど、すべて一等星に由来している。

チームスピカ

ウマ娘らくがき(2枚)


アニメ版における中心となる、ギャグもシリアスもこなせるチーム。
『ウマ娘』シリーズではトレーナーとウマ娘の関係を明確に提示した最初のチームでもあり、ウマ娘本人の目標に寄り添う柔軟さと、限界越えまで追い込むハードなトレーニング、仲間との絆や夢の向こう側の景色まで、チームとしての在り方の一例が凝縮されている。アニメ版第1期での活躍によって、第2期では他のチームから目標として定められる。
なお、古株のゴールドシップと最後に加入したメジロマックイーンは、アプリ版ではシリウス所属として登場する。

メンバー


チームリギル

センシティブな作品


アニメ版のトレセン学園における「最強チーム」。
敏腕トレーナー・東条ハナの指導に忠実に従う統率の取れたチームで、スピカとは好対照の環境。トレセン学園の会長にして最強のウマ娘であるシンボリルドルフが所属しているのもこのチーム。臆せず世界とも渡り合う一方で、調整の中にレースでの敗北も織り込むシビアな側面も持つが、加入希望者は多く、高倍率の選抜試験をパスしなければ所属は叶わない。

メンバー


チームカノープス

カノープス


アニメ版第2期でめいっぱいに輝く中堅チーム。
いわゆる「善戦ホース」と呼ばれた、強烈な個性を放って重賞戦線を盛り上げた競走馬をモデルとするウマ娘たちが所属する。最後までGⅠタイトルに手の届かなかったメンバーばかりだが、GⅠ馬達に勝るとも劣らない人気を博した名脇役が揃っている。温厚な南坂トレーナーが自由過ぎるメンバーに翻弄されまくる姿も印象的。

メンバー


チームシリウス

メジロマックイーン・ゴールドシップ・ライスシャワー


アプリ版メインストーリーにおける、最も明るい一等星の名を冠した『ウマ娘』シリーズにおける秘蔵っ子。アニメ版ではスピカに所属しているゴールドシップとメジロマックイーンは、アプリ版ではシリウス所属として登場する。
ストーリー第3章までの時点で判明している所属ウマ娘は、全員サービス開始から実装されており、更に4人中3人がステイヤー(長距離走者)という共通点を持っている。
なお、エースとして籍を置いていたオグリキャップはプロローグでラストランとなり、現在ではチームを離脱している。在籍していたウマ娘たちもオグリ引退と共に移籍してしまい、唯一残ったメジロマックイーンを柱として新たにメンバーを集める事になった。

メンバー


関連タグ

ウマ娘プリティーダービー 学園 全寮制 学生寮
秋川やよい 駿川たづな 東条ハナ トレーナー(ウマ娘プリティーダービー)

外部リンク

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービー うまむすめぷりてぃーだーびー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「トレセン学園」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 109142

コメント