ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スターブロッサム

すたーぶろっさむ

『ウマ娘プリティーダービー スターブロッサム』とは、ウマ娘・サクラローレルが抱く大志への道程を、競走馬・サクラローレル号が駆けた不撓不屈の軌跡をモチーフとして描くスピンオフの漫画作品。
目次 [非表示]

不屈の精神を携えて 世界を目指したウマ娘の新たな夢が 芽吹く


※ 正式タイトルは長大になるため、当記事では「スターブロッサム」表記とする。

概要

漫画:保谷伸 / 脚本:文殊咲 / 原作:Cygames

クロスコンテンツプロジェクト『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するウマ娘の一人、サクラローレルが、“遅咲きの桜”と呼ばれた競走馬サクラローレルが刻んだ不屈のストーリーを辿っていくコミカライズ作品である。公式略称は「スタブロ」。

サクラローレル号の現役時代にあたる1994~97年をメインに描くものと思われる。


集英社が運営する『少年ジャンプ+』『となりのヤングジャンプ』『ヤンジャン!』のウェブ漫画3媒体で2023年4月10日から同時連載。同日にはアプリ版にてサクラローレルが育成ウマ娘として実装されている。

ウマ娘 プリティーダービー スターブロッサム(第1話)- 少年ジャンプ+


登場人物

作中に登場するチーム名は、ゲーム版メインストーリーアニメ版同様、実在する星の名前が由来となっている。

チームアルケス

花開き、世界

「だから私は走り続けなきゃいけないんです」

明朗で礼儀正しいジュニア組のウマ娘。同年代の最強格・ナリタブライアンのライバルを目指し、「世界」の代名詞たる凱旋門賞の頂点に焦がれる情熱の持ち主。自らの志への直向きさは、“ガラスの脚”と成長途上の身体で負荷の強い走りをする危うさにも結びついている。


スタブロ

「一緒に行こう! パリロンシャンに!」

チームアルケスのサブトレーナー。フランスで「マダム」の薫陶を受けた若手だが、そそっかしいため生傷が絶えず、保健室の常連。チームメンバーが出走する朝日杯ジュニアステークスでナリタブライアンに声援を送るサクラローレルと出会い、翌日の模擬レースで目にした彼女の未完成で大胆な走りに強く惹きつけられる。


「レースを走るのはウマ娘です。我々はどこまでいってもウマ娘にはなれない。努力なんて当然ですよ」

チームアルケスの大黒柱にして椿の父親。ヨシノには「おやっさん」と呼ばれ慕われている。ベテランとしての実力も高く、未熟な娘達を時に厳しく、時には優しく支えている。公私はしっかり分けるタイプで椿を娘としてでなくサブトレーナーの一人として扱っている。


  • 桃さん

「発注を…間違えてしまって…」

チームアルケスのサブトレーナーである眼鏡を掛けた女性。一応椿の先輩に当たるが意外と見た目に反してドジな所があり、第6話ではニンジンの発注日を間違えてしまった。


  • 河瀬

アルケスのサブトレーナーにしてアマギのサポート係でもあり、アマギが遠征に4ヶ月程旅をするのに同行していた。アマギとの仲はすこぶる良かったらしく、2人で共に旅の途中写真撮影したり沢山のお土産を買ったりしていたようだ。


  • 猿野

チームアルケスのトレーナーの一人である、三白眼の女性。一応見習いではないのだが、悟郎の補佐的な役割。アルケスのトレーナーの中では椿を除いて一番背が低い。


サクラバクシンオー

「スプリンターズSで!ローレルさんの模範となるレースをご覧に入れてみせましょう!」

アルケスのエースにしてトレセン学園の学級委員長。ローレルと同じヴィクトリー倶楽部の門下生でもあり、彼女とは幼少期からの付き合い。アホの子ではあるが並外れた短距離走の素質を持ち、スプリンターズステークスを激走しGⅠウマ娘となった。


サクラチヨノオー

「困難な状況であるほど不屈の精神と忍耐で立ち向かう。ローレルさんはそういう方です」

格言をこよなく愛する、ローレルやバクシンオーと同じヴィクトリー倶楽部の門下生にしてアルケスの一員。『シンデレラグレイ』の彼女とは一応パラレルワールドの別人。年代を考えるとこの時代には史実のサクラチヨノオー号は引退しているのだが、本作では普通にチームメンバーとして参加している。


なお、劇中では既に日本ダービーを制覇したウマ娘として知られており、少なくとも『シンデレラグレイ』に近い出来事は既に体験していると思われる。アルケスの中でも常識人な方なのだが、故に良くも悪くも破天荒なバクシンやヨシノにしょっちゅう振り回されている。


no title

「気に入らねェ気に入らねェ あたしは口だけのヤツがいちばん気に入らねェんだ」

チームアルケスの一員であり、今の所アルケスメンバーでは唯一のオリジナルウマ娘。そのワイルドな見た目通りの野生児でパワフルな走りを得意としている。口も悪い野生児ではあるが、悟郎や椿のことは心から慕っている根は素直な子でもある。ナリタブライアンのライバルになると豪語したローレルと直接対決し、勝負の末なんだかんだチームメイトとして友人になった。元ネタはサクラエイコウオー号と思われるが、一応こちらの世界では「サクラ」ではないためかヴィクトリー倶楽部には所属していない。


アマギハピネスさん

「いるらしいじゃねぇか私らの世代にえらく強ぇウマ娘が。そいつとなら、きっと極上のレースができるだろ?」

どこに行くにも帽子を欠かさない寅さんじみた風貌のウマ娘。アルケスの正式なチームメンバーでもあり所属はローレルよりも早かったのだが、「極上の景色」を追い求めて各地を転々としていたため登場はアルケスメンバーの中でも遅かった。


根っからの旅行好きではあるが悟郎を「親父さん」と呼び、日々欠かさず彼に手紙を送り届けるマメな一面も(劇中の描写から、彼にお土産も多く買ってきていたことも示唆されている)。ヨシノとは犬猿の仲でしょっちゅう喧嘩を繰り返しているが、実力は認められている様子。


チームハダル

🌱

「言われるまでもない。全力で走って_叩き潰す」

後に5人目の「三冠ウマ娘」となる、怪物とまで称される程のポテンシャルを秘めた才女。ゲーム版と比べるとより鋭い目つきかつマッシブな体格で、立ちはだかる者を真っ向から捻り潰す。劇中ではすでにヨシノやシュガーと言った面々に畏敬の念を持たれており、同世代の中でも別格の存在として扱われている。ローレルからはいずれ彼女を倒したいと一方的なライバル心を抱かれている。


タイシン

チームハダルのメンバーにして、かつてビワハヤヒデ達とクラシックレースでしのぎを削ってきた「BNW」の一角。親友でもあるハヤヒデの妹たる後輩のブライアンには何やら思う所があるらしく…?


「あれ撤回していい?いいよ。本気出しちゃって」

チームハダルのトレーナーにしてブライアンの担当者。何故かアロハシャツを欠かさず身につけるチャラい女性だが、気性の荒いブライアンの手綱を上手く握りながら彼女の実力を引き出させる手腕は本物。ブライアンのことは妹のように溺愛している。


チームデネボラとその関係者

スノウインハザードさん

「あの子の走りじゃぼくに勝つのは不可能だよ」

大柄な体にフードを深く被った寒がりのウマ娘。姉に北米芝チャンピオンウマ娘を持つアメリカ育ちで、ヒシアマゾンとは幼少期から姉の元で暮らしてきた。実力があるばかりに勝ちへの執念や情熱が欠けていると評されており、ヒシアマからもその癖を危惧されている(故郷を離れたのも姉から「自分の殻を破ってこい」というアドバイスから)。ただ、負けても良いという訳でもないようで、劇中ではローレルに敵対心を抱く。

モデルはタイキブリザード号。


  • 石上勲

「ねぇボクってそんなに頼りにならないかな?」

チームデネボラを率いる男性トレーナー。勝利した担当に真っ先に称賛を送る気の良い男だがどこか頼りない一面も持っており、跳ねっ返りなスノウにはよく押され気味。


ヒシアマ姐さん!

「せっかく才能があるんだから、本気で走ってくれたらねぇ」

トレセン学園の美穂寮長を担う皆の姉貴分的存在。同じアメリカ育ちで幼少期からの付き合いがあるスノウのことが心配で、しょっちゅう話しかけに来ている模様。


チームアルデバラン

無題

ナリタブライアンの姉であるアルデバランの一員。妹の担当でもある阿武隈とはそれなりに仲が良いのかたまに会話もするらしい。


その他のウマ娘

ウマ娘 ラクガキまとめ

「__なりたい。私もお姉ちゃんたちみたいになりたい」

「シュガー」の名前通り、パフェが大好物な重賞未勝利ウマ娘。耳にはプリンの耳飾りを付けている。重賞で何度か活躍している姉達にコンプレックスを抱いており、ナリタブライアンに本気で勝とうとしているローレルを「自分とは違う世界に生きてる子」と思っているが、未勝利戦を通じてバイトも一緒に行う友人となった。モデルはシクレノンヴォルク号。


  • モンシュシュクレ

日経新春杯メジロパーマーに差し切り勝ちしたウマ娘。シュガーネイションの三姉妹の長姉。モデルはムッシュシェクル。


  • シュガーセーフティ

BNW皐月賞で3着になったウマ娘。シュガーネイションの三姉妹の次姉。モデルはシクレノンシェリフ。


ルドルフ

「“もっとも早いウマ娘が勝つ”皐月賞、いかなる一冠目になるのだろうか…」

トレセン学園の生徒会長にして、クラシック3冠・GⅠレース7勝もの偉大な快挙を成し遂げたレース界の重鎮。現役でも最強クラスの実力を持つビワハヤヒデが何かに追いやられていることを見抜いていた。


シリウス

第1話でゲスト出演したシンボリ家のウマ娘。劇中では凱旋門賞に出走するもサンダンスブレイズに惨敗する場面でフェードアウトしている。ゲーム版では中々見せない憔悴した表情が印象的だが、本作では一言も台詞がない。この凱旋門レースは椿とローレルが出会う数年前の話なので、本編では既に現役を退いていると思われる。


にゃんちゃんず

ほぼモブキャラではあるが、主人公のサクラローレルと同室相手として登場。同室相手とは関係も良好らしく、第10話では両者の会話も描かれている。


サムソンビッグ

マーベラスサンデー

センシティブな作品

風光る

ニシノフラワー



関連動画


関連タグ

ウマ娘プリティーダービー

94世代 サクラローレル(ウマ娘)

ウマ娘シンデレラグレイ

関連記事

親記事

ウマ娘プリティーダービーのメディアミックス一覧 うまむすめのめでぃあみっくすいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1152688

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました