ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

青葉賞

あおばしょう

日本中央競馬会(JRA)の開催する重賞レース(GⅡ)。毎年ゴールデンウィークに東京競馬場芝2400mで行われる、日本ダービーのトライアル競走。トップ画像は2010年の勝ち馬ペルーサ。
目次 [非表示]

概要・沿革

日本中央競馬会(JRA)の開催する重賞レース(GⅡ)。

正式名称は「テレビ東京杯青葉賞」。

ゴールデンウィーク中の土曜日に行われるため、開催時期は毎年4月末~5月初旬。


1984年に4歳(現3歳)限定のオープン競走として創設。当初から東京優駿日本ダービー)のトライアル競走として設置されており、ダービー本番と同じ東京競馬場の芝2400mで行われる。

2着以内(創設当初は3着以内)に入った馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられる。

当然、ダービー本番と同様牝馬にも門戸は開かれているが、現在まで牝馬が青葉賞を制したことはない。


1994年GⅢに格上げされて重賞となったため、重賞としての施行回数はこの年が「第1回」となっている。


1984年:創設。東京競馬場・芝2400mの4歳馬(現3歳)限定オープン競走。3着以内に日本ダービー優先出走権付与。

1994年(第1回):GⅢに昇格。

2001年(第8回):GⅡに昇格。外国産馬の出走を解禁。

2010年(第17回):日本ダービーへの優先出走権を2着までに変更。


競走条件

出走資格: サラ系3歳


JRA所属馬(外国産馬含む)

地方競馬所属馬(後述)

外国調教馬(優先出走)

負担重量: 馬齢(牡・せん56kg、牝54kg)

優先出走権付与

東京優駿(日本ダービー)のステップ競走に指定されており、地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬(2頭まで)、およびJRAの2歳GI競走優勝馬に優先出走が認められているほか、JRAで行われる芝の3歳重賞競走優勝馬にも出走資格が与えられる。

JRA所属馬は、2着以内に東京優駿(日本ダービー)へ優先出走権が付与される。

ジンクス

当初から日本ダービーへのトライアルとして創設され、本番と同じ条件で行われる競走だが、現在まで青葉賞を勝って日本ダービーを制覇した馬はいないという、縁起のよくないジンクスがある。


平成以降の日本ダービー馬は、皐月賞から直行して勝った馬が圧倒的な割合であり、次いでNHKマイルカップから(タニノギムレットキングカメハメハディープスカイなど)、京都新聞杯から(アグネスフライトキズナロジャーバローズなど)のルートが多い。


青葉賞馬がダービー本戦を勝てていない理由は様々言われるが、ひとつはダービーの有力馬は皐月賞までに何らかの重賞を勝ち、ダービー出走枠確保に十分な収得賞金を既に積んでいる(わざわざトライアルに出る必要がない)ことが多いという理由が挙げられる。

また、青葉賞 ⇒ 日本ダービーの出走スケジュールを組む場合、栗東トレーニングセンター(滋賀県)所属の馬は1か月で東京へと2往復の輸送を行うことになり、この疲労やストレスは無視できない。2400mという、3歳馬にはスタミナ的に負担の大きいレースを中3週で続けることになる体力的な問題も一因ではと言われる。


これまでに青葉賞を制覇して日本ダービーに挑み、2着に入った馬はオープン競走時代を含めると7頭いる。(太字はGⅠ馬)

馬名青葉賞以外の主な勝鞍ダービーの勝ち馬
レオダーバン1991年菊花賞トウカイテイオー(無敗の二冠馬)
エアダブリン1994年ステイヤーズS・ダイヤモンドS(GⅢ)ナリタブライアン(三冠馬)
シンボリクリスエス2002年天皇賞(秋)連覇・有馬記念連覇などタニノギムレット
ゼンノロブロイ2003年天皇賞(秋)・ジャパンカップ有馬記念などネオユニヴァース(二冠馬)
アドマイヤメイン2006年毎日杯(GⅡ)メイショウサムソン(二冠馬)
ウインバリアシオン2011年日経賞(GⅡ)オルフェーヴル(三冠馬)
フェノーメノ2012年天皇賞(春)連覇などディープブリランテ

以上の通り、2002・2003年連続年度代表馬シンボリクリスエス、2004年の年度代表馬ゼンノロブロイオルフェーヴル被害者の会筆頭ウインバリアシオン、春天連覇のフェノーメノなどが出ている。

ダービーにこそ届いていないものの、決して「青葉賞勝ち馬は大成しない」とは限らない。むしろ敗北した相手も二冠馬・三冠馬といった歴史的優駿だったり、直後に怪我引退するほどダービーで激走してたりと、相手が悪すぎる一面もある。

そして2023年の青葉賞を勝ったスキルヴィングがダービーで入線後、急性心不全を起こして急死する(診断時点で死亡のため厳密には予後不良ではない)という最悪の形でジンクスが示されてしまった…。


果たして、今後ジンクスを打ち破り日本ダービーの戴冠を達成する青葉賞馬は現れるだろうか。


なお、日本ダービーのトライアル競走としてはもう一つ、青葉賞の次週に開催されるプリンシパルステークス(L・東京芝2000m)があり、こちらの勝ち馬にはダンスインザダークサイレンススズカルーラーシップなどがいるが、やはりこちらからもダービー馬は出ていない。


関連項目

競馬 JRA 重賞

関連記事

親記事

GⅡ じーつー

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5248

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました