2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

2016年6月24日生まれ。生産は新ひだか町の飛野牧場。父ディープインパクト、母リトルブック、母父Librettist。
母リトルブックはイギリスからの輸入牝馬で、三冠牝馬ジェンティルドンナの母ドナブリーニの半妹であり、共に父父Danzig×母父Lyphard's Specialという血統。
ジェンティルドンナの父もディープインパクトなので、つまりロジャーバローズとジェンティルドンナは8分の7同じ血の従姉弟ということになる。

経歴


2歳


2018年8月に新潟競馬場の新馬戦でデビュー。そこで勝利するが、10月の紫菊賞(500万下)で2着と敗北してしまう。2歳はこの2戦で終える。

3歳


1月の福寿草特別(500万下)を勝利するが、スプリングステークスを7着と大敗する。クラシック1冠目の皐月賞に出走することは叶わなかったが、その後、京都新聞杯で2着となり、日本ダービーへ出走する。

日本ダービー

日本ダービーでは無敗で皐月賞を制したサートゥルナーリアが1番人気。ロジャーバローズは18頭中12番人気と全く期待されていなかったが、1枠1番という好枠順を引き当てた。
レース本番は本命サートゥルナーリアが出遅れるという荒れた始まりになったもののロジャーバローズは逃げ馬から少し離れた2番手につけることに成功する。
逃げたリオンリオンが1000mを57秒台という凄まじいハイペースで引っ張り、バラついた体勢で最終直線に向かった各馬たちの中、ロジャーバローズは早めに仕掛けてリオンリオンを捕らえ先頭に立つと、そのままダノンキングリーの追撃をクビ差退けて1着
ダービーレコードを0.6秒更新する2分22秒6というタイムでの決着となった。鞍上の浜中俊にとっても初のダービー制覇であった。

引退

ダービー後、秋は凱旋門賞への遠征が予定されていたが、8月になって屈腱炎を発症してしまう。
その数日前に父ディープインパクトが亡くなっていたこともあり、現役を引退、彼の後継種牡馬の一頭として種牡馬入りすることとなった。今後は産駒の活躍が期待される。

外部リンク



関連項目


関連記事

親記事

19世代 じゅうきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ロジャーバローズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2396

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました