ピクシブ百科事典

カレンブーケドール

かれんぶーけどーる

2016年生まれの日本の競走馬。主要勝鞍は2019年スイートピーステークス(L)。生涯戦績17戦2勝で重賞勝ち鞍こそないが、GⅠでの2着3回など重賞戦線で度々馬券に絡んだシルバーコレクターであり、約4億5000万円の賞金を獲得した。
目次[非表示]

プロフィール

生年月日2016年4月23日
欧字表記Curren Bouquetd'or
性別
毛色鹿毛
ディープインパクト
ソラリア
母の父スキャットダディ
生産社台ファーム(北海道千歳市
主戦騎手津村明秀、戸崎圭太など
戦績17戦2勝
獲得賞金4億5,805万円


父ディープインパクトはもはや説明不要。母ソラリアはエルダービー(チリのダービー)を勝ち、他にも芝、ダートのマイルを勝っている。
ソラリアの父であるスキャットダディは現役時代GⅠ2勝、種牡馬入り後は米国三冠を達成したジャスティファイなどを輩出している。

「カレン」の冠名通り、馬主はカレンチャンカレンミロティックカレンブラックヒルなどの鈴木隆司氏。
「ブーケドール」はフランス語で「黄金の花束」を意味する。

戦歴

2018年、美浦トレーニングセンター国枝栄厩舎からデビュー。3戦目の未勝利戦で勝ち上がりを果たす。

2019年オークスのトライアル戦であるリステッド競走・スイートピーステークスに勝利し、オークス本戦に駒を進める。
すると、オークス本戦では12番人気からラヴズオンリーユーのクビ差2着とあわや大番狂わせの大健闘。馬連25,140円の波乱を生み出し、一躍世代の注目牝馬に名乗りを上げる。

秋戦線では、秋華賞でもクロノジェネシスの2着。

さらに牡馬相手に挑んだジャパンカップでもスワーヴリチャードの2着と、1年間でGⅠ2着が3回

2020年以降も、たびたび馬券圏内に入りながらも、勝ちきれないレースが続く。
牝馬としてはスタミナが豊富で、2021年には天皇賞(春)へも出走して3着に入っている。

2021年10月31日、エフフォーリアコントレイルグランアレグリアの三つ巴決戦が行われた天皇賞(秋)でも、これら3頭に次ぐ4番人気に推されるが、道中3~4番手好位につけながら直線で失速し12着敗退。生涯初めて掲示板を外した。
レース後、左前脚繋靭帯損傷が発覚。
次走に予定していたジャパンカップを回避して回復を図っていたが、ダメージは重く、引退の決断が下された。
今後は生まれ故郷の社台ファームで繁殖に入る予定である。

シルバーコレクター振り

生涯戦績17戦2勝・重賞勝ち鞍なし。重賞での2着7回、3着2回

しかし走りの安定感は素晴らしく、2021年宝塚記念4着まで、16戦連続の掲示板入り。つまり、走ればほぼ確実に5着以内に与えられる本賞金を獲って帰ってくるという大変に馬主孝行な馬であり、その獲得賞金は最強の2勝馬と言われるサウンズオブアース(4億6,744万円)に匹敵する。
同世代でGⅠ2勝のワールドプレミア(4億5,594万円)を上回り、同じくGⅠ2勝の同馬主の馬カレンチャン(4億4,906万円)を超えて、冠名「カレン」の馬ではトップに躍り出る成績を残している。
ディープインパクト産駒の牝馬の中でも、並み居る重賞馬達の中10傑に入る賞金額である。

馬券派の競馬ファンにとっても、ワイドや三連複・単に大変心強い存在であったが、ここまで頑張っているのだから何とか重賞を勝ってほしいと願うファンは多かった。
果たせなかったその夢は、産駒たちに託すこととなった。

関連記事

競馬 競走馬



  • ステイゴールド:同じくなかなか勝ちきれないシルバーコレクターとして知られた馬。しかし、この馬は重賞未勝利時代に5億以上稼いでおり、引退レースで初GⅠを制覇した。
  • サウンズオブアース:同じく生涯戦績2勝の活躍馬。獲得賞金はわずかながらカレンブーケドールを上回り、また、この馬は勝ち鞍が条件戦のみである。
  • エタリオウ:こちらは通称「最強の1勝馬」。勝ち鞍は未勝利戦のみで、約2億円を稼いだ。

関連記事

親記事

19世代 じゅうきゅうせだい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「カレンブーケドール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「カレンブーケドール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6306

コメント