ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴
メロディーレーン
20

メロディーレーン

20

めろでぃーれーん

2016年生まれの日本の競走馬。主な勝ち鞍は2021年の古都ステークス(3勝クラス)。馬体重300kg台前半から中盤という飛び抜けた小型軽量のサラブレッドであり、JRAの最軽量出走・勝利記録などを複数塗り替えている。

プロフィール

名前メロディーレーン
欧字表記Melody Lane
性別
毛色鹿毛
誕生日2016年2月12日
オルフェーヴル
メーヴェ
母父Motivator(モティヴェーター)
馬主岡田牧雄(LEX PRO)
生産岡田スタッド(北海道新ひだか町)
厩舎森田直行(栗東)
主な騎手岩田望来横山和生幸英明菅原明良
戦績36戦4勝
獲得賞金8586万8000円

馬名は椿の品種名の一つに由来するもの。白地の花びらに赤い差し色が入る、八重咲きの椿である。

父は2011年クラシック三冠などGⅠ6勝にして、三冠馬随一の暴れん坊オルフェーヴル

メーヴェはオルフェと同い年イギリス出身の外国産馬で日本で現役を送り、22戦5勝でオープンまで進んでいる。

母父モティヴェーターは2005年の英エプソムダービー勝ち馬であり、さらにその父(母父父)は1999年凱旋門賞エルコンドルパサーを破って制覇したモンジューである。


半弟に菊花賞天皇賞(春)宝塚記念のGⅠ3勝馬タイトルホルダー(2018年生、父ドゥラメンテ)がいる。


母メーヴェは非常に受胎しにくい体質なのか不受胎5回以上死産1回と繁殖牝馬としてはもとより生物としても難儀な馬生を送っており、メーヴェの仔は長らくこの2頭だけであったが、2022年、ついにベンバトルとの仔を受胎、翌年3月28日に牝馬が無事に誕生した。

経歴

2016年生まれ。父にオルフェーヴル、母にメーヴェを持つ牝馬。

芝・ダート双方で活躍馬を輩出しているオルフェーヴルの血を引き、そのスタミナから注目を受けている。


それより何より話題となったのがその馬体の小ささである。父オルフェーヴルや祖父ステイゴールドは、やや小柄ながらよくある馬体の競走馬であった。

ところがメロディーレーンは、競走馬の平均体重470kgを大きく下回って最小時330kgの超小柄な馬である。

(ただ、父オルフェーヴルの全兄ドリームジャーニーは2006年の朝日杯FSで416kgという牡馬の最軽量GⅠ制覇を達成しており、馬体が小さくとも十分に競走馬として戦える血統背景は持っていたと言える。)


ここまで小さいとパワーが足りず斤量(騎手、馬具に重りを合わせた負担重量・ハンデ)の影響もモロに響いてくるようになり、殆どの競走馬は1勝もできないまま、下手をするとデビューすらままならないまま一生を終えるのだが、そんな中強力な心肺機能を武器に10戦目にしてようやく中央で勝ち星を挙げ、菊花賞で掲示板に入るなどの活躍が大きな反響を呼び、重賞未勝利の競走馬としては異例の人気を得ている。


出生

2016年2月12日、北海道新ひだか町の岡田スタッドで誕生。母メーヴェにとっては初産であったが、出産間近でも腹袋がさして大きくならずにいたため、「小さめの仔が生まれるのだろう」とは予測されていた。(馬の初産が小さめに生まれることはままあり、例えばドリームジャーニーも初仔である。)


ところが、あっという間の安産で生まれた牝馬は予想を超えて小さかった。生誕直後のサラブレッドの体重は平均で50~60kgであるが、しかしこの「メーヴェの2016」は20kgもなかったのではないかという。詳しく計ってはいないため本当は何kgあったかは不明だが、それでも人間が一人で持てたほど軽かったらしい。

競走馬どうこう以前に、このまま立ち上がれず産後直死を迎えるのでは……。牧場関係者が心配する中、生まれ落ちた小さな仔馬は元気に立ち上がり、その後の診察でも小さいこと以外馬体は健康そのものであった。


父オルフェーヴルも小さく生まれ、幼駒時の集団生活ではいじめを受けた時期もある。しかしメロディーレーンは相変わらず小さくはあったものの、中期育成拠点のえりも分場という2~3割の馬は一度挫折するという過酷な放牧地でも挫折しない等同期たちに体力で劣ることもなく、出生地岡田スタッド代表の岡田牧雄が代表となり共有馬主システム「LEX PRO」より母メーヴェを共有していた馬主限定で募集。満口にはならなかったが競走馬デビューの準備を進めることとなった。

  • この時メーヴェの共有を見送ったものの後の活躍から心残りにしていた山田弘氏(後のタイトルホルダーの馬主)も誘われたがあまりの馬体の小ささに「ちょっと、当歳じゃなくて1歳馬見せてよ」「これは競走馬にならないですよ」と回避。後に「自分の見る目のなさにガッカリ」と語っている。

2018年(2歳)

2018年、栗東トレーニングセンター・森田直行厩舎に入厩。

デビューに向けた調教の時期でも馬体重が300kg強しかなかったが、食欲は旺盛であったため、一時期デビューに向けたビルドアップを目指し、調教を止めて食トレを実施。結果、400kg程度まで馬多重を増やしたが(それでも軽いが、このくらいの牝馬は割といる)、ただの太っただけの体になってしまったという。

これではいかんと調教を再開すると、馬体重は元通りに減少。彼女にとっては、この軽さが自分に合っているらしい。


10月に迎えたデビュー戦(芝1600m)の馬体重はわずか336kgデカすぎと言われるGⅠ馬ヒシアケボノが580kg、それを越えるJRA最重量の600kg超という馬体を持つショーグンと比べると、6割にも満たぬ体躯しかない。結果は17頭中16番人気で10着に終わった。

2019年(3歳)

血統面を信じ距離を延長した3戦目の2000m戦で3着に好走すると、2019年6月の10戦目(芝2400m)で9馬身差の圧勝でようやく初勝利を遂げる。この時は340kgで、1972年にジャンヌダルクが記録したJRA最小馬体重勝利記録(350kg)を47年振りに更新した。


1走挟んだ後、自身の最小馬体重勝利記録を338kgに、さらに芝2600mのJRAレコードも更新する2勝目を挙げる。(後者はのちに別の馬に更新されている)


ここに至り陣営も菊花賞を意識し、200万円を払って追加登録を行い、抽選を潜り抜けて菊花賞に出走。12番人気ながら上がり最速タイの脚で追い込み、勝ち馬のワールドプレミアからわずか0.4秒差の5着と大健闘した。牝馬の菊花賞出走は1984年のグレード制導入以降史上3頭目、2009年ポルカマズルカ以来10年ぶりで、掲示板入りは1995年ダンスパートナー以来24年ぶりの事だった。

2020年(4歳)

2020年は重賞に相次いで挑み日経新春杯は9着、阪神大賞典で5着に入るものの天皇賞(春)は11着に終わった。なお昨年の菊花賞と、2020年天皇賞(春)出走時の馬体重340kgも、GⅠ最軽量出走記録である。その後は自己条件に戻って1走後、半年間休養する。

2021年(5歳)

2021年1月24日、復帰初戦の「海の中道特別」(2勝クラス・小倉芝2600m)で重馬場の中、前目に付けると最終直線で抜け出して久々の勝利を挙げる。この時は346kgで、特別競走の最軽量勝利記録を更新。またひとつ最軽量タイトルを増やした。


天皇賞(春)、宝塚記念11着を含む5戦後、4ヶ月の休養を経て10月31日の「古都ステークス」(3勝クラス・阪神芝3000m)で復帰。

354kgと(彼女としては)過去最高馬体重にビルドアップして臨んだメロディーレーンは、3番手先行でレースを進める。最終直線では逃げるタイセイモナークを捉えきり、1馬身差の勝利。見事にオープン入りを果たした。

牝馬としては97年嵐山Sのアドマイヤラピス以来24年ぶりとなるJRA芝3000m以上のレースでの勝利でもあった。

奇しくも一週間前には、全く同じコースで2歳下の半弟であるタイトルホルダー菊花賞を制しており、GⅠ馬の姉になったばかり。同じコースで見事勝利をつかんだ。

次走は有馬記念。収得賞金では特別登録17頭中最下位タイだったが、ファン投票(24位、登録馬中9番手)により、優先出走権を獲得。同レースにはタイトルホルダーも登録しており(ファン投票3位)、姉弟対決が実現することとなった。有馬記念のきょうだい同時出走は、第60回(2015年)のマリアライト・リアファル以来の事例である。

結果としては15着に終わるも(タイトルホルダーは5着)、出走馬体重352kgは有馬記念史上最軽量記録であった。

2022年(6歳)

2022年2月、ダイヤモンドステークスに出走するも勝負所で伸びを欠き13着に終わった。


5月、天皇賞(春)に3年連続となる出走。2度目の姉弟対決となり、弟が7馬身差の逃げ切り圧勝を決める中、自身も中団前目に付けて2年連続11着だった着順を9着に上げ、着順だけなら父を超えた。

同時出走したきょうだい馬が中央GⅠを勝利するのは94年ジャパンカップマーベラスクラウン(半兄グランドフロティラ)が制して以来、28年ぶり2回目の事だった。

  • 2022年天皇賞(春)では、オルフェーヴル産駒の一頭シルヴァーソニックがスタート直後いきなり鞍上の川田将雅騎手を落馬させてしまい、カラ馬のまま逃げるタイトルホルダーを追い続けそのまま2番目に入線するという珍事が起こった(カラ馬であるためシルヴァーソニックは失格)。そしてゴール後、外ラチに向かって走っていったシルヴァーソニックは、そのまま外ラチに激突して外ラチの向こう側に転倒し、同父同期のメロディーレーンが心配そうに見守る(ように見える)姿が話題になった。

(※イメージです。)


6月、ファン投票17位で優先出走権を獲得し、3度目のグランプリとなる宝塚記念に出走。フルゲート(1頭競走除外)の好メンバーが揃い、ハイペースとなって13着となったが、2戦連続3度目の共演となった弟がコースレコードでGⅠ連勝を決めた。


9月の母メーヴェも制した丹頂ステークスに向けて8月に帰厩、調整されていたが、追い切り後左前脚に球節炎が見つかり大事を取って再度放牧となった。


12月、ステイヤーズステークスに出走。358kgと過去最高馬体重で挑み、スタートから終始前目に付け11番人気ながら5着と重賞での自身3度目の掲示板に健闘した。(勝ち馬はシルヴァーソニック)

なお、これでJRA芝3000m以上の平地重賞全てに出走した初の牝馬となった。


2023年(7歳)

2023年2月4日、放牧先のノルマンディーファーム小野町にて、弟タイトルホルダーと調整を共にしている。


3月の阪神大賞典、女性騎手との初コンビとなる今村聖奈を鞍上に挑むも、前目に付けられず11着に終わった。


4月、改修工事が完了し3年ぶりに京都競馬場で行われる天皇賞(春)に4年連続の出走。4度目の共演となる弟タイトルホルダーと同枠に入った。グレード制導入以降GⅠできょうだい馬が同枠に入るのは3度目。

レースは心房細動で下がってきたアフリカンゴールドの影響を受ける等スムーズにいかず12着となった。さらに二周目4コーナーでタイトルホルダーがまさかの競走中止。幸い大事はなかったもののアクシデント多発のやや後味の悪いレースとなってしまった。


8月の札幌日経オープンを抽選で除外となったため、9月の丹頂ステークス(OP・札幌・芝2600m)に自己最高の360kgで出走。中団でレースを進めるも4コーナーで失速、直線で盛り返したが10着に終わった。


12月のステイヤーズステークスに358kgで出走。中団後方から上がり3位タイの脚で追い上げたが8着となった。


2024年(8歳)

弟が有馬記念で先に引退した明け8歳。陣営から今後繁殖入りを検討と発表される中、万葉ステークス(OP・京都・芝3000m)に358kgで出走。久々に岩田望来が騎乗予定だったが、52kgというハンデに乗ることができず、幸英明が鞍上となった。

レースは中団後方で脚を溜めると徐々にポジションを上げ、直線でやや前が狭くなるも、外に持ち出すと末脚を発揮。3着と古都ステークス以来の馬券内に入った。

1986年以降のJRA平地オープン、重賞で3着以内に入った8歳以上牝馬は史上4頭目で、JRA平地芝3000m以上の競走全てに出走した初の牝馬となった。


この結果を踏まえ、陣営は現役続行を決断した。


次走は阪神大賞典を目指していたが、一週前追い切り後に右前脚に痛みが出て回避。

その後、回復を確認できたため、天皇賞(春)に登録。しかし登録頭数が多く除外になってしまい、天皇賞(春)の連続出走は4で止まった。


しばらく長距離戦が無いため、次週のメトロポリタンステークス(L・東京・芝2400m)に出走。さすがに条件が合わず、ブービー7着となった。

その後プール調整で様子を見ていたが、脚元の疲れが解消しきらなかったため放牧となった。


特徴・戦法

周囲より明らかに小さい馬体が一番のトレードマークだが、顔にはノーザンテーストに似た左側に偏った派手な大作(額から鼻まで通る大きな白斑)があり、左前脚以外の3本の脚先が白い「三白」である。

左目のみ白目が見える「輪眼」で、父系からしっかり受け継いでいる。


長距離を得意とするステイヤータイプの馬には、メジロマックイーンゴールドシップキタサンブラックのように大きな馬体に大容量の燃料タンクを詰め込んだスタミナ無双タイプと、ライスシャワーマヤノトップガンのように小さめの馬体と走りの軽さでスタミナを温存する低燃費タイプに大きく分けられるが、メロディーレーンは後者の極端な例といえる。

ただ、小柄な割に心肺機能が強力で、レース後はすぐに息が入るという。


馬格の小ささから馬群に揉まれたり競り合い・接触などのコンタクトには不利なため、基本戦法は馬混みを避けて後方待機からの、直線での末脚一気勝負であったが、馬体の成長により2021年頃からは前目に付ける事が多くなっている。

小柄な為必然的に走法は細かく脚を動かすピッチ走法となり、直線でわっせわっせと脚を動かして先頭を目指す姿は人気ポイントのひとつ。

スタートが上手く、馬体の軽さを利して、脚元が沈みやすい重馬場への対応力もある。


左回りでは結果が出ておらず、苦手な模様。


軽さに加え、オルフェーヴルの頑丈さも継いでいるのか大きな怪我もなく、中一週のローテーションもこなしている。


鞍上はあまり固定されておらず、15人もの騎手が背中を経験している。

中でも岩田望来は最多となる10回騎乗し、3勝を挙げている。

また、減量を買われデビューから4戦(計5回)コンビを組んだ三津谷隼人(2021年引退)は、3戦目に3着に導いたことで、陣営に彼女の現役続行を決断させた。


軽量記録

・出走       330kg (2019年3月2日 3歳未勝利)※1位タイ

・2歳出走      336kg (2018年10月13日 2歳新馬)

・勝利       338kg (2019年9月28日 3歳上1勝クラス)

・特別競走勝利   346kg (2021年1月24日 海の中道特別)

・重賞出走     340kg (2019年10月20日)

・菊花賞出走    340kg (2019年10月20日)

・天皇賞(春)出走  340kg (2020年5月3日)

・宝塚記念出走   344kg (2021年6月27日)

・有馬記念出走   352kg (2021年12月26日)


人気

重賞未勝利ながらJRAから「GⅠ馬にも匹敵するほどのアイドルホース」と紹介されるなど非常に高い人気を集めている。

調教師が管理する専用instagramアカウントのフォロワーは4万人を超え、ぬいぐるみやカレンダーなど厩舎独自のグッズも展開されている。


2021年

京都競馬場主催の「アイドルホースオーディション」で1人1回10頭投票のSTEP1で2位に1000票差をつけて1位、上位10頭の中から1日1回1頭の最終STEP2ではヨシオにかわされるも2位に入り、アイドルホースぬいぐるみが製作された。


2022年

現役でありながら放牧中にファンと触れ合う「レーンちゃんに会えるツアー」が実施された。


故郷である北海道新ひだか町にある「静内エクリプスホテル」の名馬コンセプトルームプランの第5弾に現役馬では初となるメロディーレーンが選ばれた。ホテルには母と弟と共に写った巨大タペストリーも展示されている。


廣済堂出版から公式写真集「メロディーレーン写真集 小さくたって」が発売された。


2023年

「アイドルホースオーディション2023」にて過去にMサイズの製作実績のある馬が対象の「Sサイズ選抜」でメロディーレーンが1位となり、Sサイズのアイドルホースぬいぐるみが製作された。


余談

父がオルフェーヴル(祖父がステイゴールド)と聞くと心配されるのがその気性であるが、身体に見合って大人しくて人懐っこい性格で、厩舎スタッフから「ペットみたい」と言われるほどである。ただし、パドックなど馬場入り前後にイレ込む(テンションが上がる)癖があり、よくヘッドバンギングを披露している。


好きな食べ物は青草とニンジンで苦手な食べ物は配合飼料、燕麦。飼い葉は時間をかけてゆっくりと食べる。


調教師の森田直行はメロディーレーンを「娘のようなもの」と溺愛しており、3戦目の3着や初勝利時に涙を流し、長期放牧中に会いに行った際には200mほど先から「レーンちゃ~ん!」と走っていったという。ちなみにJRAで初めて調教助手を経ず厩務員から直接調教師となった人物でもある。


父の三冠達成の瞬間を実況し、父の大ファンでも知られる関西テレビアナウンサーの岡安譲は、メロディーレーンも推しと公言しており、GⅠの中継で「全国〇〇人のインスタフォロワーの皆さんお待たせしました」「今日もかわいいメロディーレーン」「私の夢…というか願いはメロディーレーンの無事完走です」等と実況したり、Youtubeでレース前の取材やメロディーレーンだけを追った実況を行ったりしている。


父の相棒である池添謙一は2021年の天皇賞(春)で一度だけ騎乗しているが、馬場入場後に頭を撫でたり、Twitterで「めちゃんこ可愛かった、白毛やったらリアル版マキバオーやん」とコメントを残したりとメロメロだった。


アメトーーク!」の絵心ない芸人で、川島明が競馬がテーマでお手本としてメロディーレーンを描いている。(理由は途中で馬が小さくなってしまったから)

また、「オンナの出口調査」では美尻ジムで「なりたい美尻ランキング」を調査した結果、人間やキャラクターに混じってメロディーレーンが2位になるという珍事が起きた。


よくメロディーレーンと比較される最重量馬ショーグンは、引退後阪神競馬場で誘導馬として勤務しており、そのどデカい馬格で来場者を楽しませている。よってメロディーレーンが阪神のレースに出走する時は、パドックで2頭が並ぶ姿を見られることがある。別の品種の馬じゃないのかというくらいの体格差である。


ファンからは愛着を込めて「ポニー」とあだ名されることもあるが、あまりに身体が小さすぎて実際に馬服などを着せる際にポニーサイズが検討された程であるとか。実際はポニーの定義から外れているが、割とポニーに近い体格ではある。


育成時代スタッフから「バウバウちゃん」と呼ばれていたというが由来は不明。

関連イラスト

関連タグ・リンク

公式Instagram

厩舎公式Twitter

カンテレ競馬Youtube特集リスト


JRA 競走馬 19世代 ステゴ一族

オルフェーヴル:父。

メーヴェ:母。

タイトルホルダー:半弟。こちらは馬体重400kg台後半という、競走馬としては平均的な馬体である。4度対戦。


モズベッロ 同厩の同い年で、2021年大阪杯の好走で雨乞いキャラが定着。有馬記念では同枠に入った。


シロニイ 対戦することが多かった2歳上の白毛の牡馬。


ディヴァインラヴ タイトルホルダーが勝った菊花賞で3着とグレード制導入後初の牝馬馬券内に入ったが、翌年春に引退、繁殖入りとなった。



バジガクモミジ (大井) 日本最小馬体重出走記録(310kg)を持つ1歳下の牝馬。


カリプソメロディ (高知) 2020年生まれの牝馬で初勝利はメロディーレーンの記録の1kg軽い337kg。オルフェーヴル産駒でシルヴァーソニックの姪でもある。


マイネルレオーネ 牡馬ながら最高馬体重414kgのステイゴールド産駒。J-GI競走でも好成績を誇り、一部の競馬ファンから「障害界のメロディーレーン」と呼ばれることもある。


ダークミラージュ 2歳時の馬体重が323kgと言われる史上初の1968年ニューヨーク三冠牝馬。


リトルワンダー 肩までの高さおよそ141.1cm(メロディーレーンの1歳時の肩までの高さは151cm)と言われる1840年英ダービー馬。


ケウ (川崎) 日本牝馬最高馬体重出走(602kg)・勝利(593kg)記録を持つメロディーレーンの対極のような存在。

プロフィール

名前メロディーレーン
欧字表記Melody Lane
性別
毛色鹿毛
誕生日2016年2月12日
オルフェーヴル
メーヴェ
母父Motivator(モティヴェーター)
馬主岡田牧雄(LEX PRO)
生産岡田スタッド(北海道新ひだか町)
厩舎森田直行(栗東)
主な騎手岩田望来横山和生幸英明菅原明良
戦績36戦4勝
獲得賞金8586万8000円

馬名は椿の品種名の一つに由来するもの。白地の花びらに赤い差し色が入る、八重咲きの椿である。

父は2011年クラシック三冠などGⅠ6勝にして、三冠馬随一の暴れん坊オルフェーヴル

メーヴェはオルフェと同い年イギリス出身の外国産馬で日本で現役を送り、22戦5勝でオープンまで進んでいる。

母父モティヴェーターは2005年の英エプソムダービー勝ち馬であり、さらにその父(母父父)は1999年凱旋門賞エルコンドルパサーを破って制覇したモンジューである。


半弟に菊花賞天皇賞(春)宝塚記念のGⅠ3勝馬タイトルホルダー(2018年生、父ドゥラメンテ)がいる。


母メーヴェは非常に受胎しにくい体質なのか不受胎5回以上死産1回と繁殖牝馬としてはもとより生物としても難儀な馬生を送っており、メーヴェの仔は長らくこの2頭だけであったが、2022年、ついにベンバトルとの仔を受胎、翌年3月28日に牝馬が無事に誕生した。

経歴

2016年生まれ。父にオルフェーヴル、母にメーヴェを持つ牝馬。

芝・ダート双方で活躍馬を輩出しているオルフェーヴルの血を引き、そのスタミナから注目を受けている。


それより何より話題となったのがその馬体の小ささである。父オルフェーヴルや祖父ステイゴールドは、やや小柄ながらよくある馬体の競走馬であった。

ところがメロディーレーンは、競走馬の平均体重470kgを大きく下回って最小時330kgの超小柄な馬である。

(ただ、父オルフェーヴルの全兄ドリームジャーニーは2006年の朝日杯FSで416kgという牡馬の最軽量GⅠ制覇を達成しており、馬体が小さくとも十分に競走馬として戦える血統背景は持っていたと言える。)


ここまで小さいとパワーが足りず斤量(騎手、馬具に重りを合わせた負担重量・ハンデ)の影響もモロに響いてくるようになり、殆どの競走馬は1勝もできないまま、下手をするとデビューすらままならないまま一生を終えるのだが、そんな中強力な心肺機能を武器に10戦目にしてようやく中央で勝ち星を挙げ、菊花賞で掲示板に入るなどの活躍が大きな反響を呼び、重賞未勝利の競走馬としては異例の人気を得ている。


出生

2016年2月12日、北海道新ひだか町の岡田スタッドで誕生。母メーヴェにとっては初産であったが、出産間近でも腹袋がさして大きくならずにいたため、「小さめの仔が生まれるのだろう」とは予測されていた。(馬の初産が小さめに生まれることはままあり、例えばドリームジャーニーも初仔である。)


ところが、あっという間の安産で生まれた牝馬は予想を超えて小さかった。生誕直後のサラブレッドの体重は平均で50~60kgであるが、しかしこの「メーヴェの2016」は20kgもなかったのではないかという。詳しく計ってはいないため本当は何kgあったかは不明だが、それでも人間が一人で持てたほど軽かったらしい。

競走馬どうこう以前に、このまま立ち上がれず産後直死を迎えるのでは……。牧場関係者が心配する中、生まれ落ちた小さな仔馬は元気に立ち上がり、その後の診察でも小さいこと以外馬体は健康そのものであった。


父オルフェーヴルも小さく生まれ、幼駒時の集団生活ではいじめを受けた時期もある。しかしメロディーレーンは相変わらず小さくはあったものの、中期育成拠点のえりも分場という2~3割の馬は一度挫折するという過酷な放牧地でも挫折しない等同期たちに体力で劣ることもなく、出生地岡田スタッド代表の岡田牧雄が代表となり共有馬主システム「LEX PRO」より母メーヴェを共有していた馬主限定で募集。満口にはならなかったが競走馬デビューの準備を進めることとなった。

  • この時メーヴェの共有を見送ったものの後の活躍から心残りにしていた山田弘氏(後のタイトルホルダーの馬主)も誘われたがあまりの馬体の小ささに「ちょっと、当歳じゃなくて1歳馬見せてよ」「これは競走馬にならないですよ」と回避。後に「自分の見る目のなさにガッカリ」と語っている。

2018年(2歳)

2018年、栗東トレーニングセンター・森田直行厩舎に入厩。

デビューに向けた調教の時期でも馬体重が300kg強しかなかったが、食欲は旺盛であったため、一時期デビューに向けたビルドアップを目指し、調教を止めて食トレを実施。結果、400kg程度まで馬多重を増やしたが(それでも軽いが、このくらいの牝馬は割といる)、ただの太っただけの体になってしまったという。

これではいかんと調教を再開すると、馬体重は元通りに減少。彼女にとっては、この軽さが自分に合っているらしい。


10月に迎えたデビュー戦(芝1600m)の馬体重はわずか336kgデカすぎと言われるGⅠ馬ヒシアケボノが580kg、それを越えるJRA最重量の600kg超という馬体を持つショーグンと比べると、6割にも満たぬ体躯しかない。結果は17頭中16番人気で10着に終わった。

2019年(3歳)

血統面を信じ距離を延長した3戦目の2000m戦で3着に好走すると、2019年6月の10戦目(芝2400m)で9馬身差の圧勝でようやく初勝利を遂げる。この時は340kgで、1972年にジャンヌダルクが記録したJRA最小馬体重勝利記録(350kg)を47年振りに更新した。


1走挟んだ後、自身の最小馬体重勝利記録を338kgに、さらに芝2600mのJRAレコードも更新する2勝目を挙げる。(後者はのちに別の馬に更新されている)


ここに至り陣営も菊花賞を意識し、200万円を払って追加登録を行い、抽選を潜り抜けて菊花賞に出走。12番人気ながら上がり最速タイの脚で追い込み、勝ち馬のワールドプレミアからわずか0.4秒差の5着と大健闘した。牝馬の菊花賞出走は1984年のグレード制導入以降史上3頭目、2009年ポルカマズルカ以来10年ぶりで、掲示板入りは1995年ダンスパートナー以来24年ぶりの事だった。

2020年(4歳)

2020年は重賞に相次いで挑み日経新春杯は9着、阪神大賞典で5着に入るものの天皇賞(春)は11着に終わった。なお昨年の菊花賞と、2020年天皇賞(春)出走時の馬体重340kgも、GⅠ最軽量出走記録である。その後は自己条件に戻って1走後、半年間休養する。

2021年(5歳)

2021年1月24日、復帰初戦の「海の中道特別」(2勝クラス・小倉芝2600m)で重馬場の中、前目に付けると最終直線で抜け出して久々の勝利を挙げる。この時は346kgで、特別競走の最軽量勝利記録を更新。またひとつ最軽量タイトルを増やした。


天皇賞(春)、宝塚記念11着を含む5戦後、4ヶ月の休養を経て10月31日の「古都ステークス」(3勝クラス・阪神芝3000m)で復帰。

354kgと(彼女としては)過去最高馬体重にビルドアップして臨んだメロディーレーンは、3番手先行でレースを進める。最終直線では逃げるタイセイモナークを捉えきり、1馬身差の勝利。見事にオープン入りを果たした。

牝馬としては97年嵐山Sのアドマイヤラピス以来24年ぶりとなるJRA芝3000m以上のレースでの勝利でもあった。

奇しくも一週間前には、全く同じコースで2歳下の半弟であるタイトルホルダー菊花賞を制しており、GⅠ馬の姉になったばかり。同じコースで見事勝利をつかんだ。

次走は有馬記念。収得賞金では特別登録17頭中最下位タイだったが、ファン投票(24位、登録馬中9番手)により、優先出走権を獲得。同レースにはタイトルホルダーも登録しており(ファン投票3位)、姉弟対決が実現することとなった。有馬記念のきょうだい同時出走は、第60回(2015年)のマリアライト・リアファル以来の事例である。

結果としては15着に終わるも(タイトルホルダーは5着)、出走馬体重352kgは有馬記念史上最軽量記録であった。

2022年(6歳)

2022年2月、ダイヤモンドステークスに出走するも勝負所で伸びを欠き13着に終わった。


5月、天皇賞(春)に3年連続となる出走。2度目の姉弟対決となり、弟が7馬身差の逃げ切り圧勝を決める中、自身も中団前目に付けて2年連続11着だった着順を9着に上げ、着順だけなら父を超えた。

同時出走したきょうだい馬が中央GⅠを勝利するのは94年ジャパンカップマーベラスクラウン(半兄グランドフロティラ)が制して以来、28年ぶり2回目の事だった。

  • 2022年天皇賞(春)では、オルフェーヴル産駒の一頭シルヴァーソニックがスタート直後いきなり鞍上の川田将雅騎手を落馬させてしまい、カラ馬のまま逃げるタイトルホルダーを追い続けそのまま2番目に入線するという珍事が起こった(カラ馬であるためシルヴァーソニックは失格)。そしてゴール後、外ラチに向かって走っていったシルヴァーソニックは、そのまま外ラチに激突して外ラチの向こう側に転倒し、同父同期のメロディーレーンが心配そうに見守る(ように見える)姿が話題になった。

(※イメージです。)


6月、ファン投票17位で優先出走権を獲得し、3度目のグランプリとなる宝塚記念に出走。フルゲート(1頭競走除外)の好メンバーが揃い、ハイペースとなって13着となったが、2戦連続3度目の共演となった弟がコースレコードでGⅠ連勝を決めた。


9月の母メーヴェも制した丹頂ステークスに向けて8月に帰厩、調整されていたが、追い切り後左前脚に球節炎が見つかり大事を取って再度放牧となった。


12月、ステイヤーズステークスに出走。358kgと過去最高馬体重で挑み、スタートから終始前目に付け11番人気ながら5着と重賞での自身3度目の掲示板に健闘した。(勝ち馬はシルヴァーソニック)

なお、これでJRA芝3000m以上の平地重賞全てに出走した初の牝馬となった。


2023年(7歳)

2023年2月4日、放牧先のノルマンディーファーム小野町にて、弟タイトルホルダーと調整を共にしている。


3月の阪神大賞典、女性騎手との初コンビとなる今村聖奈を鞍上に挑むも、前目に付けられず11着に終わった。


4月、改修工事が完了し3年ぶりに京都競馬場で行われる天皇賞(春)に4年連続の出走。4度目の共演となる弟タイトルホルダーと同枠に入った。グレード制導入以降GⅠできょうだい馬が同枠に入るのは3度目。

レースは心房細動で下がってきたアフリカンゴールドの影響を受ける等スムーズにいかず12着となった。さらに二周目4コーナーでタイトルホルダーがまさかの競走中止。幸い大事はなかったもののアクシデント多発のやや後味の悪いレースとなってしまった。


8月の札幌日経オープンを抽選で除外となったため、9月の丹頂ステークス(OP・札幌・芝2600m)に自己最高の360kgで出走。中団でレースを進めるも4コーナーで失速、直線で盛り返したが10着に終わった。


12月のステイヤーズステークスに358kgで出走。中団後方から上がり3位タイの脚で追い上げたが8着となった。


2024年(8歳)

弟が有馬記念で先に引退した明け8歳。陣営から今後繁殖入りを検討と発表される中、万葉ステークス(OP・京都・芝3000m)に358kgで出走。久々に岩田望来が騎乗予定だったが、52kgというハンデに乗ることができず、幸英明が鞍上となった。

レースは中団後方で脚を溜めると徐々にポジションを上げ、直線でやや前が狭くなるも、外に持ち出すと末脚を発揮。3着と古都ステークス以来の馬券内に入った。

1986年以降のJRA平地オープン、重賞で3着以内に入った8歳以上牝馬は史上4頭目で、JRA平地芝3000m以上の競走全てに出走した初の牝馬となった。


この結果を踏まえ、陣営は現役続行を決断した。


次走は阪神大賞典を目指していたが、一週前追い切り後に右前脚に痛みが出て回避。

その後、回復を確認できたため、天皇賞(春)に登録。しかし登録頭数が多く除外になってしまい、天皇賞(春)の連続出走は4で止まった。


しばらく長距離戦が無いため、次週のメトロポリタンステークス(L・東京・芝2400m)に出走。さすがに条件が合わず、ブービー7着となった。

その後プール調整で様子を見ていたが、脚元の疲れが解消しきらなかったため放牧となった。


特徴・戦法

周囲より明らかに小さい馬体が一番のトレードマークだが、顔にはノーザンテーストに似た左側に偏った派手な大作(額から鼻まで通る大きな白斑)があり、左前脚以外の3本の脚先が白い「三白」である。

左目のみ白目が見える「輪眼」で、父系からしっかり受け継いでいる。


長距離を得意とするステイヤータイプの馬には、メジロマックイーンゴールドシップキタサンブラックのように大きな馬体に大容量の燃料タンクを詰め込んだスタミナ無双タイプと、ライスシャワーマヤノトップガンのように小さめの馬体と走りの軽さでスタミナを温存する低燃費タイプに大きく分けられるが、メロディーレーンは後者の極端な例といえる。

ただ、小柄な割に心肺機能が強力で、レース後はすぐに息が入るという。


馬格の小ささから馬群に揉まれたり競り合い・接触などのコンタクトには不利なため、基本戦法は馬混みを避けて後方待機からの、直線での末脚一気勝負であったが、馬体の成長により2021年頃からは前目に付ける事が多くなっている。

小柄な為必然的に走法は細かく脚を動かすピッチ走法となり、直線でわっせわっせと脚を動かして先頭を目指す姿は人気ポイントのひとつ。

スタートが上手く、馬体の軽さを利して、脚元が沈みやすい重馬場への対応力もある。


左回りでは結果が出ておらず、苦手な模様。


軽さに加え、オルフェーヴルの頑丈さも継いでいるのか大きな怪我もなく、中一週のローテーションもこなしている。


鞍上はあまり固定されておらず、15人もの騎手が背中を経験している。

中でも岩田望来は最多となる10回騎乗し、3勝を挙げている。

また、減量を買われデビューから4戦(計5回)コンビを組んだ三津谷隼人(2021年引退)は、3戦目に3着に導いたことで、陣営に彼女の現役続行を決断させた。


軽量記録

・出走       330kg (2019年3月2日 3歳未勝利)※1位タイ

・2歳出走      336kg (2018年10月13日 2歳新馬)

・勝利       338kg (2019年9月28日 3歳上1勝クラス)

・特別競走勝利   346kg (2021年1月24日 海の中道特別)

・重賞出走     340kg (2019年10月20日)

・菊花賞出走    340kg (2019年10月20日)

・天皇賞(春)出走  340kg (2020年5月3日)

・宝塚記念出走   344kg (2021年6月27日)

・有馬記念出走   352kg (2021年12月26日)


人気

重賞未勝利ながらJRAから「GⅠ馬にも匹敵するほどのアイドルホース」と紹介されるなど非常に高い人気を集めている。

調教師が管理する専用instagramアカウントのフォロワーは4万人を超え、ぬいぐるみやカレンダーなど厩舎独自のグッズも展開されている。


2021年

京都競馬場主催の「アイドルホースオーディション」で1人1回10頭投票のSTEP1で2位に1000票差をつけて1位、上位10頭の中から1日1回1頭の最終STEP2ではヨシオにかわされるも2位に入り、アイドルホースぬいぐるみが製作された。


2022年

現役でありながら放牧中にファンと触れ合う「レーンちゃんに会えるツアー」が実施された。


故郷である北海道新ひだか町にある「静内エクリプスホテル」の名馬コンセプトルームプランの第5弾に現役馬では初となるメロディーレーンが選ばれた。ホテルには母と弟と共に写った巨大タペストリーも展示されている。


廣済堂出版から公式写真集「メロディーレーン写真集 小さくたって」が発売された。


2023年

「アイドルホースオーディション2023」にて過去にMサイズの製作実績のある馬が対象の「Sサイズ選抜」でメロディーレーンが1位となり、Sサイズのアイドルホースぬいぐるみが製作された。


余談

父がオルフェーヴル(祖父がステイゴールド)と聞くと心配されるのがその気性であるが、身体に見合って大人しくて人懐っこい性格で、厩舎スタッフから「ペットみたい」と言われるほどである。ただし、パドックなど馬場入り前後にイレ込む(テンションが上がる)癖があり、よくヘッドバンギングを披露している。


好きな食べ物は青草とニンジンで苦手な食べ物は配合飼料、燕麦。飼い葉は時間をかけてゆっくりと食べる。


調教師の森田直行はメロディーレーンを「娘のようなもの」と溺愛しており、3戦目の3着や初勝利時に涙を流し、長期放牧中に会いに行った際には200mほど先から「レーンちゃ~ん!」と走っていったという。ちなみにJRAで初めて調教助手を経ず厩務員から直接調教師となった人物でもある。


父の三冠達成の瞬間を実況し、父の大ファンでも知られる関西テレビアナウンサーの岡安譲は、メロディーレーンも推しと公言しており、GⅠの中継で「全国〇〇人のインスタフォロワーの皆さんお待たせしました」「今日もかわいいメロディーレーン」「私の夢…というか願いはメロディーレーンの無事完走です」等と実況したり、Youtubeでレース前の取材やメロディーレーンだけを追った実況を行ったりしている。


父の相棒である池添謙一は2021年の天皇賞(春)で一度だけ騎乗しているが、馬場入場後に頭を撫でたり、Twitterで「めちゃんこ可愛かった、白毛やったらリアル版マキバオーやん」とコメントを残したりとメロメロだった。


アメトーーク!」の絵心ない芸人で、川島明が競馬がテーマでお手本としてメロディーレーンを描いている。(理由は途中で馬が小さくなってしまったから)

また、「オンナの出口調査」では美尻ジムで「なりたい美尻ランキング」を調査した結果、人間やキャラクターに混じってメロディーレーンが2位になるという珍事が起きた。


よくメロディーレーンと比較される最重量馬ショーグンは、引退後阪神競馬場で誘導馬として勤務しており、そのどデカい馬格で来場者を楽しませている。よってメロディーレーンが阪神のレースに出走する時は、パドックで2頭が並ぶ姿を見られることがある。別の品種の馬じゃないのかというくらいの体格差である。


ファンからは愛着を込めて「ポニー」とあだ名されることもあるが、あまりに身体が小さすぎて実際に馬服などを着せる際にポニーサイズが検討された程であるとか。実際はポニーの定義から外れているが、割とポニーに近い体格ではある。


育成時代スタッフから「バウバウちゃん」と呼ばれていたというが由来は不明。

関連タグ・リンク

公式Instagram

厩舎公式Twitter

カンテレ競馬Youtube特集リスト


JRA 競走馬 19世代 ステゴ一族

オルフェーヴル:父。

メーヴェ:母。

タイトルホルダー:半弟。こちらは馬体重400kg台後半という、競走馬としては平均的な馬体である。4度対戦。


モズベッロ 同厩の同い年で、2021年大阪杯の好走で雨乞いキャラが定着。有馬記念では同枠に入った。


シロニイ 対戦することが多かった2歳上の白毛の牡馬。


ディヴァインラヴ タイトルホルダーが勝った菊花賞で3着とグレード制導入後初の牝馬馬券内に入ったが、翌年春に引退、繁殖入りとなった。



バジガクモミジ (大井) 日本最小馬体重出走記録(310kg)を持つ1歳下の牝馬。


カリプソメロディ (高知) 2020年生まれの牝馬で初勝利はメロディーレーンの記録の1kg軽い337kg。オルフェーヴル産駒でシルヴァーソニックの姪でもある。


マイネルレオーネ 牡馬ながら最高馬体重414kgのステイゴールド産駒。J-GI競走でも好成績を誇り、一部の競馬ファンから「障害界のメロディーレーン」と呼ばれることもある。


ダークミラージュ 2歳時の馬体重が323kgと言われる史上初の1968年ニューヨーク三冠牝馬。


リトルワンダー 肩までの高さおよそ141.1cm(メロディーレーンの1歳時の肩までの高さは151cm)と言われる1840年英ダービー馬。


ケウ (川崎) 日本牝馬最高馬体重出走(602kg)・勝利(593kg)記録を持つメロディーレーンの対極のような存在。

コメント

pixivに投稿されたイラスト

すべて見る

pixivに投稿された小説

  • ウマ娘~未勝利者の栄光~

    ~花揺らす新風~

    今回はオークス直後のお話です。ここから、彼女の世界が一気に広がっていきます。 めっちゃ寒いですが、体調に気を付けていきたいですね。 競馬の話題となりますと、注目していたヤマニンウルス、また勝ったようですね。マジ、ポテンシャルが高すぎる……。本気になったらどれだけ強いんでしょう。楽しみです。
  • ウマ娘IF 

    2019年菊花賞

    ウマ娘と史実を交えてゆるく描いてます。 現役の子がモデルなので、賛否あるかもしれませんが、ゆるく読んでいただけると助かります。 メロディーレーンは可愛いですよね。怪我早く治ってほしい所です。 彼女の10年ぶりの牝馬の菊花賞挑戦を入れ込む難しさに、ウオッカとスイープトウショウの扱いの難しさを実感しました。 ※描いた本人はモズベッロ推しです。
  • ウマ娘IF 

    2021年大阪杯

    えーーーと、何シリーズか書いてきましたが、読見続けていただいてありがとうございます。 もし、リクエスト頂ければ書ける子もいるかも知れません。 モズベッロ。良いですよね。 そういえば、ヴェローチェ×2の消息が発表されましたね。 信じて待っていた皆様、よく粘りました。 またソダシwithベェロの須貝トリオを見れそうですね。 余談ですが、須貝厩舎の最推しは今浪隆利厩務員です。
  • ウマ娘~未勝利者の栄光~

    ~胸を張って咲き誇れ~

    秋華賞直後の一休み回です。 アプリウマ娘のメインストーリー第2部が公開されましたね!いや泣かされましたわ……。それに、伝説のレースと称されるレースの場面がありましたね。ひょっとしたらアレ……カレンブーケドールらしき姿が映っていたのでは?
  • ウマ娘IF 

    2023年 天皇賞•春

     天皇賞・春。3年連続2着  怪我知らずの肉体と、不屈の闘志。  他馬の1.2倍はあろうかという広いストライド。  抜群の手応えで4角外目を上がっていく艶やかな青鹿毛。  レース時はディープボンドさんで、平時はプボ君。    休暇は大山山麓で隠遁生活を送る擬態のうまさ。  キャリアも晩年が見えてきましたが、無事の活躍を祈っております。      彼の魅力を書くには幼過ぎた。  
  • ウマ娘~未勝利者の栄光~

    ~プロローグ 種はまだ土の中~

    新しいウマ娘の二次創作シリーズを連載します。カレンブーケドールを主役に、史実を基に独自の解釈増し増しでお送りします。
  • ウマ娘~未勝利者の栄光~

    ~彩りの色~

    今回は新キャラ登場回です。今回登場のメロディーレーンは、未だに現役で力を見せてくれる魅力的な競走馬ですね。弟のタイトルホルダー引退後も、元気に走って欲しいと思います。 次回はオークス前のトレーニング回の予定です。
  • デアリングタクトがタイトルホルダーを温泉に誘うお話..

    完全に妄想になるので、そこはご了承ください
  • ウマ娘~未勝利者の栄光~

    ~咲き誇る君は美しい~

    秋華賞後のインターバル回です。 補足として、本作における勝馬投票券は、勝ったらウイニングライブの優良座席券になる。そんな設定で考えています。予想が当たれば、応援したウマ娘のライブをいい席で見られるってわけです。 さて、メインストーリー内でカレンブーケドールがウマ娘化する可能性が示唆されてしまったことで、焦っています。勿論実装は願ってもないですが、公式との解釈違いが怖いので、実装発表迄には完結させたいですね。

このタグがついたpixivの作品閲覧データ

おすすめ記事

pixivコミック 週間ランキング

  1. 1

    まつお

    読む
  2. 2

    原作:みなと 漫画:吉たか結衣 キャラクター原案:霧夢ラテ

    読む
  3. 3

    漫画:柑奈まち 原作:りったん,漫画:月結草 原作:花散ここ,漫画:こっこ 原作:有沢真尋,漫画:夜渡よる 原作:丹空舞,漫画:黒渕かしこ ネーム構成:薄灯森 原作:ミズメ

    読む

pixivision

カテゴリー