ピクシブ百科事典

ゴールドシップ

ごーるどしっぷ

2009年生まれの競走馬。GⅠ6勝、2012年JRA賞最優秀3歳牡馬。主な勝ち鞍は2012年の皐月賞・菊花賞・有馬記念、2013・14年の宝塚記念連覇、2015年の天皇賞(春)。またGII阪神大賞典を2013~15年と三連覇した。優れたパワーとスタミナを活かした末脚を武器に「不沈艦」の異名を取った優駿であると共に、レース内外で数々の珍騒動を起こして競馬ファンに話題を提供した。
目次[非表示]

誘導

  1. 日本の競走馬
  2. ウマ娘プリティーダービー』にて1をモチーフとして登場するウマ娘。→ゴールドシップ(ウマ娘)

当記事では1に関して解説をする。2に関してはリンク先のタグを使用する事を推奨。

概要

生年月日2009年3月6日
英字表記Gold Ship
性別
毛色芦毛
ステイゴールド
ポイントフラッグ
母の父メジロマックイーン
競走成績28戦13勝


通称「ゴルシ」。
父ステイゴールド×母の父メジロマックイーンのいわゆるステマ配合
「賢く癖の無い性格で長距離レースが得意だが、大柄なせいで若干体が弱いメジロマックイーン系列」と、「ずる賢くて人の言うことを聞かず気性は荒いが、小柄かつとにかく体が丈夫なステイゴールド」を掛け合わせる事で、バランスの良い子供を作らせることを目指した配合だが……詳細は後述するが合体事故を起こした結果生まれたのがこのゴールドシップである。

2012年に皐月賞菊花賞有馬記念を制しJRA賞最優秀3歳牡馬を受賞。
2013、14年宝塚記念では史上初の同レース連覇を成し遂げた。
2015年、天皇賞(春)の優勝を以てGIを6勝し、4年連続GI制覇(史上6頭目)も達成。GⅡ阪神大章典では同一重賞3連覇(史上5頭目)、皐月賞・菊花賞の二冠馬として26年ぶりの古馬GI制覇などもあった。同年11月の有馬記念を最後にレースから引退。
2016年シーズンから種牡馬となった。

特徴

威風堂々とした馬格と並外れた末脚を武器に、後方から凄まじい勢いで追い込み、スタミナ切れ知らずのレースを得意とした豪脚(通称ゴルシワープ)、そしてそんな勝利を帳消しにするヤンキーぶり・ネタ馬ぶりから愛された競走馬である。
大柄なのにとにかく身体が頑丈で、長距離レースが得意」と両親の身体的な長所を併せ持ったが、同時に「メジロマックイーン系列の頑固さとステイゴールドの気性の荒さ」を併せ持ってしまった。

まず「蹴癖注意」の赤い布(芦毛なので余計目立つ)が付けられているとおり、気に入らない相手なら人間でも馬でも蹴りかかるのは日常茶飯事、気分が乗らない時は騎手が押しても引いても動かず、興奮して騎手を振り落とす事も有れば、落ち着いていたかと思うとちょっとしたことで機嫌を悪くしてしまう。

とにかくこの気性難が曲者で、最たるものは「2015年の宝塚記念(120億円事件)」だろう。
前走でも嫌がっていたため目隠しでのゲート入りとなったことがかえって彼を興奮させたか、あるいは隣の馬が若干騒いだのに触発されたか、スタート直前にゲートで立ち上がり大きく出遅れた(ちなみにゴールドシップはこの際二度立ち上がっている。一度目はそれを慮ってゲート開放を遅らせており、落ち着いたとゲートを開放した瞬間もう一度立ち上がってしまったのである)
出遅れてもゴールドシップの末脚であればなんとかなりそうなものだが、騎手の横山典弘がいくら指示をしても一切言うことを聞かず、見るからに力を抜いた走りを続けた。一度やる気を失ったゴールドシップを動かすことは叶わず、圧倒的な1番人気ながら15着と大敗。約120億円の特大の馬券が一気に紙屑と化した……。ゴール後は横山にツッコミを入れられていたが、当のゴールドシップはしれっとした態度だった。一方で須貝調教師を前にすると顔を逸らしており、深く印象づけた。
潜在能力は素晴らしく、GI6勝という実績はそれを物語るのだが、とにかく気分屋で馬券の予想という点では困難極まりない馬だった。
しかしその強烈な個性と不思議な愛嬌はファンたちから愛された。先の120億円事件では当然怒り心頭の人間も居たが、その怒りはほぼゴルシに向けられ横山騎手はむしろ同情を誘い、更にその怒りも多くの競馬ファンから「ゴルシを信じる奴が悪い」と一蹴され、「やる時はやり、やらかす時はやらかす馬」と評された。
宝塚記念でやらかしておきながら同年の有馬記念のファン投票は総合1位で選出され、引退レースに臨む事が出来た。
尤も、ゲート難自体はルーラーシップブチコ等もっと酷い者もいたが。

2013天皇賞馬(秋)とゴールドシップ

ジャスタウェイも同じく須貝厩舎。同い年だが一緒に出走したレースは2012年の東京優駿と2014年の凱旋門賞と有馬記念だけ。
人や馬の好き嫌いもテンションの上下も激しいゴールドシップとウマが合う珍しい存在で、たいへん仲がいい。しかし性格は真逆で、例えるならゴールドシップは「天才暴走ヤンキー」、ジャスタウェイは「真面目優等生委員長」のようなタイプ。
なお、引退して種牡馬になってからも現在進行形でネタを提供し続けており、いまだ話題に事欠かない名(迷)馬として輝き続けている。

評価・強み

そのひょうきんな顔芸や素っ頓狂な行動などから脳筋ではないかと言われることもあるが、関係者からはほぼ一様に「ゴールドシップは(ズル)賢い」と言われる。例えば舌をベロベロ出す場面がよく取りざたされるが、どうやらゴールドシップは舌を出すこと=挑発、煽りであることを理解しているらしい。

また、とにかくそのスタミナの多さを補佐する馬体の頑丈さも有名。競走馬時代においては一切怪我とは無縁であった。
競走馬は小さすぎても困るが、大きすぎると脚部不安等の故障が発生しやすくなる傾向がある。本来ゴールドシップは程よいサイズの馬体で生まれることを期待されていた。しかし生まれた仔馬はステイゴールドの特徴を悪い意味で受け継いだ大型馬であり、これには関係者も頭を抱えたという。

元々メジロマックイーン血統の怪我のしやすさを克服するために頑丈なステイゴールドの血を入れたのだが、その目算自体は当たった。なんせゴールドシップは現役時代先の通りほとんど故障知らずで、大小問わずこれといった怪我をせずに現役を終えた。
引退後に馬体を検査すると競走馬とは思えないくらいの綺麗な健康体であったことから「実は現役時代はずっと手を抜いて走っていたのでは?」という疑惑が生まれるほどだった。

異名

人気馬だけに異名も多い。
現役時代からの最も一般的な通称・愛称は「ゴルシ」。ただし他馬(特にゴールドシチー)との区別のために「シップ」と呼ばれることも(それはそれでルーラーシップと被るが…)。
一方、馬券を買う立場からは予想困難極まりない馬であったため、白毛馬を差し置いて呆れ・諦めを込めて「白いの」とも呼ばれていた。
その他、以下のような異名で呼ばれていた。

後年この馬を紹介する時によく使われる二つ名はこれである。「不沈艦」は強さ・しぶとさ・頑強さなどを備えた存在に対して用いられるが、船に関する馬名と、これはもう負けた、と思われた展開からの逆転勝利(2012年皐月賞・有馬記念、2015年天皇賞春など)を度々見せたことから。
気性の荒さと気分屋であることに関するエピソードは枚挙に暇がない(しかも頭がよく人間の考えていることを分かっている節があり、簡単に丸め込めない)。結局、同じく暴れ馬で知られた父ステイゴールドの異名を見事に襲名することになってしまった。
ただ、ステイゴールド並びに他のステイゴールド産駒は文字通りの暴れ馬だがゴールドシップはメジロマックイーン由来の頑固な面が目立つという声も。
2つ由来があり、ひとつは白とピンクの鼻先によるもの。ゴールドシップのチャームポイントとして知られる。もうひとつは1着か5着しか取らない時期があったため。2012年2月の共同通信杯から、2013年10月の京都大賞典まで、10戦連続で1着か5着だった(特に2013年は1・5・1・5着)。
やっとジンクスが破られた2013年11月のジャパンカップ15着惨敗だったので、見事なオチがついたというか、もう笑うしかない。
白っぽい馬体に灰色~黒の斑点が細かく浮かぶ馬体からの連想。これはゴールドシップに限ったことではなく芦毛馬に普通のことで、幼い頃は灰色だが成長するごとにだんだん白くなっていく。よって若い頃の異名であり、種牡馬になった後はほぼ白馬になっている。

関連イラスト

ゴールドシップ
ゴールドシップ


グランプリゴルップ
阪神大賞典 3連覇 ゴルシ様


ごーるどしっぷ
ゴールドシップさん


ゴールドシップ 引退式
ゴールドシップまとめ2019


関連項目

JRA ゴルシ

外部リンク

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴールドシップ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7962982

コメント