ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

エアシャカール

えあしゃかーる

1997年生まれの競走馬。2000年の皐月賞・菊花賞のクラシック二冠馬、2000年JRA賞最優秀4歳牡馬。
目次[非表示]

誘導

  1. 日本の競走馬。本項で解説する。
  2. ウマ娘プリティーダービー』にて1をモチーフとして登場するウマ娘。→ エアシャカール(ウマ娘)

2に関してはリンク先のタグを使用する事を推奨。

概要

生年月日1997年2月26日
死没2003年3月13日
英字表記Air Shakur
性別
毛色黒鹿毛
サンデーサイレンス
アイドリームドアドリーム
母の父ウェルデコレイティド
生産社台ファーム(北海道千歳市
馬主株式会社ラッキーフィールド
調教師森秀行(栗東
主戦騎手武豊蛯名正義
競走成績20戦4勝(海外遠征1戦0勝含む)
獲得賞金5億4505万円

※本記事の表記は旧馬齢表記(現在の表記より+1歳)を用いる。

生涯

名前は冠名のエアに、アメリカのMC2Pac」ことトゥパク・アマル・シャカールの名を採ったもの。シャカールはヒップホップ界に多大な影響を与えたがわずか25歳で凶弾に斃れた。本馬誕生の前年に亡くなったこの人物を偲んでの命名である。

姉のエアデジャヴーはGⅢクイーンステークスに勝ち、オークス2着などGⅠでは勝てないまでも善戦を繰り返した。そのエアデジャヴーの産駒に秋華賞馬エアメサイア、さらにその産駒にエアスピネル、エアウィンザーという重賞勝ち馬がいる。

4歳:「準三冠馬」の活躍

3~4歳時の主戦騎手は武豊
2000年皐月賞では、後団からレースを進めると3コーナーから追撃を開始。外回りの距離的ロスがありながらも直線でしっかり差し切り、牡馬クラシック一冠目を制した。

続く日本ダービーも皐月賞と同様に3角から外回りに仕掛け、最終直線で先頭に立つ。しかしその外から河内洋騎乗のアグネスフライトがすっ飛んできて、この2頭の一騎打ちとなった。この時のフジテレビ三宅正治アナウンサーの実況は名実況として知られる。

「エアシャカール!エアシャカール!豊だ!
 アグネス!河内の夢も飛んできている!
 エアシャカールか!エアシャカールか!
 それとも、アグネスか!アグネスか!
 河内の夢か!?豊の意地か!?どっちだぁーーーーっ!?

……結果は、ハナ7cmの差でアグネスフライトの勝利。エアシャカールは二冠目を逃した。

日本ダービー後は海外遠征を敢行。イギリスの名門GⅠキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスに挑戦したが、前年の凱旋門賞エルコンドルパサーを下したフランスの優駿モンジューの前に敗れ5着に。

3冠目の菊花賞は、エアシャカールの右にヨレる癖を把握した武が、外捲りのレースを展開した皐月・ダービーとは一転して内寄りにレースを展開。直線で馬の混んだ中からうまく抜け出して内ラチをガイドに走り、トーホウシデンの追撃をクビ差凌いで勝利。二冠目を獲得した。

結果的に、日本ダービーのあと7cmでエアシャカールは三冠馬になり損ねたことになり「準三冠馬」とも呼ばれた。

その後

……だが、その後が続かなかった。菊花賞後のジャパンカップ、この2000年にレース時点でGⅠ・GⅡ6戦全勝という「世紀末覇王」テイエムオペラオーに、一世代下を代表する二冠馬として挑みかかるが、なんと14着の惨敗。
(なおこのジャパンカップ、ダービー馬アグネスフライト13着、二冠馬エアシャカール14着、NHKマイルカップイーグルカフェ15着、オークスシルクプリマドンナ16着と、日本馬4歳勢が最下位から4頭で、2000年クラシック世代全体の評価は大暴落した。翌年以降、アグネスデジタルエイシンプレストンタップダンスシチーらマル外馬達が活躍し、世代の評価に面目を施すのを待つことになる。)

古馬時代はGⅡでの2着が最高で勝利することができず、2002年の有馬記念を最後に引退した。

種牡馬生活に入ってわずか3ヶ月の2003年3月、鹿に驚き柵を飛び越えようとし、骨折。
安楽死の措置が取られた。
結果、種牡馬としては4頭(全て牝馬)しか子孫を残す事が出来なかった。

その4頭の産駒のうち2頭が繁殖に上がったが、残念な事にもちろん現在父系エアシャカールの血を受け継いだ馬を見る事は出来ず、牝系についても地方競馬でごくわずかに母の父がエアシャカールという馬はいるが、2023年5月現在下級クラスを走り続けている状態でその血は後世に残りそうにない。

特徴

皐月賞や日本ダービーで見せた、距離ロスなど知るか!と言わんばかりの外からの豪快なマクりは非常に絵になるもので、本馬のハイライトと言える。

デビュー前からも武豊から「スペシャルウィークをこぢんまりさせたような印象だけど、将来重賞ぐらいは勝てる能力は確実に持っている」と評価されるほどのポテンシャルがあった反面、調教中にしょっちゅう騎手を振り落とそうとしたり激しい斜行癖を持っていたりとかなりの気性難のクセ馬として知られており、管理していた森秀行厩舎はじめ陣営や、どれだけ乗り難い馬でも乗りこなしてきた天才が尽力しても最後まで改善されなかったことが古馬時代以降の低迷の遠因としてつきまとうことになった。
特に斜行癖については様々な手を尽くしても再発してしまうため、武騎手でさえも(菊花賞トライアル重賞・神戸新聞杯出走時、途中で斜行癖が再発して3位になったことを受けて)「何でまっすぐ走ってくれないんでしょうか。気性面の成長が見られないですね。一体何を求めてるのか頭の中を見てみたいですよ」と辛辣に評価するほどであった(シャカールの没後、武騎手は社台ファーム代表・吉田照哉との対談で「サンデー産駒の良くないところが全部集まったような馬だったんです。とにかく真っ直ぐ走ってくれないし、乗りにくいことこの上なかったです」とも回想している)。森厩舎でもあまりの気性の悪さから誰も調教に乗りたがらず追い切りの乗り役をくじ引きで無理やり決めたとされる逸話もある。

関連項目

競馬 競走馬 二冠馬 00世代

他の「エア」の競走馬たち。いずれも馬主は東京鐵鋼社長・吉原毎文氏である。
エアグルーヴ(「女帝」、オークス・天皇賞秋、1997年度代表馬)
エアジハード(安田記念・マイルチャンピオンシップ)
エアメサイア(秋華賞)
エアエミネム(札幌記念・神戸新聞杯・オールカマー)

関連記事

親記事

二冠馬 にかんば

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1574402

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました