ピクシブ百科事典

皐月賞

さつきしょう

中山競馬場芝2000mで行われる重賞(GⅠ)競走。牡馬クラシックの一冠目である。
目次[非表示]

施行条件

  • 競馬場:中山競馬場
  • 施行距離:芝2000m
  • 施行時期:4月中旬(3回中山競馬8日目)
  • 格付け:GⅠ
  • 出走資格:サラブレッド系3歳牡・牝
  • 最大出走可能頭数:18頭
  • 負担重量:牡馬57kg、牝馬55kg
  • 賞金:1着賞金1億1000万円

概要

創設は1939年。
イギリスのクラシック2000ギニーを手本に、「横濱農林省賞典4歳呼馬」の名称で創設された。
名の通り当初は横浜競馬場(現在は廃止)で施行され、1943年から横浜競馬場の閉鎖に伴い東京競馬場に移設。1949年に中山競馬場での開催となり「皐月賞」へと改称、翌年に芝2000mへと距離が変更され、現在に至る。

なお、4月中旬の開催なのに旧暦の5月を意味する「皐月」という名称であるため、ウマ娘プリティーダービーゴールドシップがゲーム内で「4月開催なのに皐月賞なのはかわいそう」と疑問を口にしたり、競馬初心者からもしばしば疑問を持たれるが、これは開催当時は4月末~5月上旬に開催されいた名残である。

東京優駿菊花賞と共に牡馬クラシック三冠を構成しており、本競走はその一冠目に位置付けられている。
中山競馬春の大一番であり、冬季からの3歳重賞は、その多くが皐月賞を意識し2000m前後の距離で施行されている。
三冠競走の中で最も距離が短いため、「もっとも速い馬が勝つ」と言われる。
なお、本競走で5着以内に入着した馬には日本ダービーへの優先出走権が与えられる。

レースの傾向としては本競走の次に日本ダービーではなくNHKマイルカップに向かうマイラータイプの先行馬がハイペースで飛ばすことが多く、しばしば人気薄の差し馬が激走して波乱の決着となる。一方で中山競馬場は直線が短く、後述のようにフルゲートが18頭のため、人気の差し馬が馬群を捌ききれずに敗れるケースも多発しており、一概に差し馬有利というわけでもない。
また。この時期の中山競馬は前年の9月から短いスパンで冬場に開催されるため馬場が荒れており、荒れた馬場を苦にしないパワーが求められる年度もある。(2012年など)

ちなみに、中山競馬場で開催されるGⅠではホープフルステークスのGⅠ昇格までの間、唯一18頭まで出走可能な競走であった。

代替開催

本競走は原則中山競馬場で施行されるが、諸事情によって東京競馬場で開催された例が何度か存在する。
それら代替開催の皐月賞を勝利した馬は、なぜか例外なく後も大レースを勝利している。

年数勝ち馬代替理由備考
1956年(第16回)ヘキラク改修工事後に安田記念・クモハタ記念を勝利
1963年(第23回)メイズイストライキ後に日本ダービーを制し二冠達成
1964年(第24回)シンザン改修工事後に東京優駿・菊花賞を制し史上2頭目の三冠馬となる
1974年(第34回)キタノカチドキストライキ後に菊花賞を制し二冠達成
1976年(第36回)トウショウボーイストライキ有馬記念と宝塚記念を制し、「天馬」と称される活躍を見せた
1988年(第48回)ヤエノムテキ改修工事後に天皇賞(秋)を制した
2011年(第71回)オルフェーヴル震災及び原発事故後に史上7頭目のクラシック三冠馬となる

主なステップレース

トライアル競走

レース名グレード施行競馬場と距離優先出走権付与条件
弥生賞ディープインパクト記念GⅡ中山競馬場芝2000m3着以内

トライアルの中でも、本競走と同条件で施行されるレースのため有力馬が集まりやすい。

スプリングステークスGⅡ中山競馬場芝1800m3着以内
弥生賞と比べ距離が短縮されているが、こちらも有力馬が集まる。
若葉ステークスOP阪神競馬場芝2000m2着以内
開催地以外の条件は本競走と同一。皐月賞トライアルの中で唯一関西圏で施行されるが、有力馬は上記の重賞を狙うためこちらにやってくる有力馬は少ない。

その他のステップレース

京成杯GⅢ中山競馬場芝2000m

皐月賞と全く同条件でのレースだが、施行時期が早いため朝日杯フューチュリティステークス及びホープフルステークスに出走した有力馬がここに出てくる事は少ない。

シンザン記念GⅢ京都競馬場芝外回り1600m
かつては施行時期の関係から京成杯に近い扱いを受けていたが、オルフェーヴルが出走(2着)した2011年以降、出世レースと目されるようになり、マイラータイプの馬がここを経由することが多い。
若駒ステークスOP京都競馬場芝内回り2000m
ディープインパクトの2戦目となって以来出世レースとして知られる一戦。2005年以降、このレースを経由して上記のトライアル競走を制した馬がこのレース以後のクラシックで中心的存在になりやすい。
きさらぎ賞GⅢ京都競馬場芝外回り1800m
栗東所属の有力馬が、関東圏での連戦を避けるために出走させるケースが多い。
共同通信杯GⅢ東京競馬場芝1800m
後の日本ダービーに向け東京競馬場での経験を積ませるために、この競走を使う陣営も居る。
すみれステークスOP阪神競馬場芝内回り2200m
開催時点で3歳馬の出走できるオープン以上の競走で最も距離が長く、好走例は少ないが長距離に適性のある馬がここからクラシック戦線に名乗りを上げるケースも多い。
毎日杯GⅢ阪神競馬場芝外回り1800m
皐月賞の前哨戦としては最も遅く施行されるため、「東上最終便」と言われるレースであるが、時期的な関係で日本ダービーNHKマイルカップに向かう馬もいる。

優勝馬

※☆は三冠達成、★は二冠達成

平成時代

年数(回次)馬名騎手備考
1989年(第49回)ドクタースパート的場均
1990年(第50回)ハクタイセイ南井克巳ハイセイコーとの父子制覇
1991年(第51回)トウカイテイオー安田隆行日本ダービーとの二冠
1992年(第52回)ミホノブルボン小島貞博トウカイテイオーに続く無敗の二冠
1993年(第53回)ナリタタイシン武豊武豊はこれが皐月賞初勝利
1994年(第54回)ナリタブライアン南井克巳史上5頭目の三冠馬
1995年(第55回)ジェニュイン岡部幸雄サンデーサイレンス産駒初の皐月賞馬
1996年(第56回)イシノサンデー四位洋文2021年現在、存命最高齢の皐月賞馬
1997年(第57回)サニーブライアン大西直宏低人気を覆し二冠達成
1998年(第58回)セイウンスカイ横山典弘菊花賞との二冠達成
1999年(第59回)テイエムオペラオー和田竜二GⅠ7勝を挙げて顕彰馬となる
2000年(第60回)エアシャカール武豊菊花賞との二冠
2001年(第61回)アグネスタキオン河内洋4戦無敗で皐月賞を勝つも屈腱炎のため引退
2002年(第62回)ノーリーズンブレット・ドイル
2003年(第63回)ネオユニヴァースM・デムーロ日本ダービーとの二冠
2004年(第64回)ダイワメジャーM.デムーロ後にGⅠ5勝
2005年(第65回)ディープインパクト武豊市場6頭目の三冠馬
2006年(第66回)メイショウサムソン石橋守日本ダービーとの二冠。後に天皇賞の春秋連覇も達成
2007年(第67回)ヴィクトリー田中勝春鞍上の田中はヤマニンゼファー以来15年ぶりのGⅠ勝利
2008年(第68回)キャプテントゥーレ川田将雅
2009年(第69回)アンライバルド岩田康誠ネオユニヴァースとの父仔制覇
2010年(第70回)ヴィクトワールピサ岩田康誠後に日本調教馬史上初のドバイワールドカップ制覇を成し遂げる。ネオユニヴァース産駒・岩田騎手共に2連覇の快記録
2011年(第71回)オルフェーヴル池添謙一後に史上7頭目のクラシック三冠馬となる。前述のとおり、東京競馬場での開催
2012年(第72回)ゴールドシップ内田博幸後に菊花賞有馬記念を制した。最後方から荒れた馬場の内側を通ってまくった際、ワープしたと形容された。父ステイゴールド×母父メジロマックイーンの配合が2連覇
2013年(第73回)ロゴタイプM・デムーロ1分58秒0のコースレコードを樹立
2014年(第74回)イスラボニータ蛯名正義騎手、調教師ともに初制覇
2015年(第75回)ドゥラメンテM・デムーロ後に日本ダービーとの二冠
2016年(第76回)ディーマジェスティ蛯名正義
2017年(第77回)アルアイン松山弘平1分57秒8でレースレコード更新 後に2019年の大阪杯を制覇
2018年(第78回)エポカドーロ戸崎圭太
2019年(第79回)サートゥルナーリアC・ルメールホープフルステークスからの直行で制覇 デビューからの4連勝で制覇


令和時代

年数(回次)馬名騎手備考
2020年(第80回)コントレイル福永祐一新型コロナウイルス感染拡大及び緊急事態宣言発令の為、無観客開催 2年続けてホープフルステークスからの直行 デビューからの4連勝で制覇 福永祐一騎手はクラシック完全制覇達成
2021年(第81回)エフフォーリア横山武史デビューからの4連勝で制覇 横山武史騎手はGⅠ初制覇


関連タグ

競馬 競走馬 中山競馬場 日本ダービー 菊花賞

関連記事

親記事

八大競走 はちだいきょうそう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「皐月賞」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「皐月賞」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 215979

コメント