ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

バブルガムフェロー

ばぶるがむふぇろー

JRAの元競走馬・種牡馬。1995年最優秀3歳牡馬。主な勝鞍は1995年の朝日杯3歳ステークス、1996年の天皇賞(秋)。(1993~2010)
目次 [非表示]

'96年天皇賞(秋)。

挫折が教えてくれる道がある。

全治6ヶ月の悔しさは、エネルギーへと化けた。

世代の壁を破壊した馬、バブルガムフェロー。

わずか3歳で天皇賞を勝つなんて。

爆発が、世代を超える。天皇賞(秋)


概要

1993年4月11日生まれ。

現役時藤沢和雄厩舎所属。

サンデーサイレンス、母バブルカンパニー。

通算13戦7勝。


1995年デビュー。

同年は重賞初挑戦の朝日杯3歳ステークスで優勝し、最優秀3歳牡馬受賞。

イシノサンデーダンスインザダークロイヤルタッチ・本馬の4頭でサンデー四天王とも呼ばれた。


翌1996年のスプリングステークスを制した後に故障し、半年ほど休養。

東京優駿(日本ダービー)の出走を回避した。

復帰初戦の毎日王冠は3着に敗れる。

そして続く天皇賞(秋)は、有力馬が多い中で旧4歳馬として1937年のハツピーマイト以来59年ぶりの優勝を飾った。


当時の主戦騎手は岡部幸雄であったが、この時はタイキブリザードでのBCクラシック遠征中だったため、蛯名正義が騎乗。


1997年前半は、鳴尾記念1着、宝塚記念2着、毎日王冠1着。

連覇を狙った天皇賞(秋)は2着。

続くジャパンカップは3着で、これを最後に引退した。


現在の3歳馬が菊花賞に進まずに天皇賞(秋)を目指すローテーションを取ったことは当時としては珍しかった。

なお3歳馬で天皇賞(秋)を優勝したのは、現在シンボリクリスエス(2002年)、エフフォーリア(2021年)、イクイノックス(2022年)を含めて僅か5頭である。


引退後は種牡馬に転身。

そして2010年4月26日に肺炎のため17歳で亡くなった。


代表産駒と主な勝ち鞍

アッパレアッパレ(名古屋グランプリ)

アーリーロブスト(京成杯)

トシキャンディ(プロキオンステークス)


その他

死後の2013年、本文上記にある天皇賞(秋)のCMに起用された。

このCM内に「爆発が世代を超える」というフレーズがあり、奇しくもこの年の本レースで勝利したのは創作品の爆弾に関連する馬名を持つジャスタウェイであった。


関連項目

競走馬 競馬 JRA 96世代

関連記事

親記事

サンデー四天王 さんでーしてんのう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113096

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました