ピクシブ百科事典

バブルガムフェロー

ばぶるがむふぇろー

JRAの元競走馬・種牡馬。1995年最優秀3歳牡馬。主な勝鞍は1995年の朝日杯3歳ステークス、1996年の天皇賞(秋)。(1993~2010)


'96年天皇賞(秋)。
挫折が教えてくれる道がある。
全治6ヶ月の悔しさは、エネルギーへと化けた。
世代の壁を破壊した馬、バブルガムフェロー。
わずか3歳で天皇賞を勝つなんて。
爆発が、世代を超える。天皇賞(秋)

生涯

1993年4月11日生まれ、父サンデーサイレンス母バブルカンパニー。通算13戦7勝。


1995年デビュー、朝日杯3歳ステークスでエイシンガイモンを下し最優秀3歳牡馬受賞。

1996年スプリングステークス(GⅡ)を制した後に故障し半年ほど休養、日本ダービーには出られなかった。

復帰初戦の毎日王冠(GⅡ)は3着に敗れるも、秋の天皇賞を4歳馬として1937年ハツピーマイト(顕彰馬クリフジの全兄)以来59年ぶりに制覇する。サクラローレルマーベラスサンデーマヤノトップガンらの古馬3強を撃破しての優勝であった。
しかし、最優秀4歳牡馬は菊花賞ダンスインザダークが受賞した。なお、ダンスインザダークやダービー馬フサイチコンコルドとは一度も対戦していない。


1997年宝塚記念はマーベラスサンデーの2着。
連覇を狙った秋の天皇賞は同期のオークスエアグルーヴに敗れ2着。
ジャパンカップピルサドスキー・エアグルーヴに次ぐ3着で、これを最後に引退した。

4歳馬(現表記3歳)が菊花賞に進まずに秋の天皇賞を目指すのは当時先鋭的で、今のローテーション選択の先駆けになった。
なお、3歳馬が秋の天皇賞を勝ったのは、後のシンボリクリスエス(2002年)を含めて僅か3頭しかいない。

主戦騎手の岡部幸雄タイキブリザードでBCクラシック遠征中だったため、代打での騎乗だったが蛯名正義は、この天皇賞がGⅠ初制覇のパートナーであった。

当時イシノサンデー・ダンスインザダーク・ロイヤルタッチ・本馬の4頭で、サンデー四天王と称された。

引退後は種牡馬となるも、2010年4月26日に肺炎のため17歳で死去。
サンデー四天王で一番多くGⅠを勝ったが、一番最初に死亡してしまった。

関連タグ

競走馬

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「バブルガムフェロー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 54

コメント