2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

誘導

2022年5月5日に実装告知がされたウマ娘プリティーダービーウマ娘のタグは、シンボリクリスエス(ウマ娘)
※ウマ娘正規実装前の物も混ざっていますが、ウマ娘に関してはこちらの誘導先のタグを使用することを推奨。

概要

2000年代初頭にJRAで活躍した競走馬で、種牡馬としても実績を残した。

1999年1月21日、ケンタッキー州アメリカ)生まれ。
クリスエス、母ティーケイ
ティーケイは和田孝弘シンボリ牧場社長)の持ち馬で、クリスエスは種牡馬として多くの活躍馬を出していた。シンボリクリスエスは日本でサンデーサイレンスに代わる種牡馬として活躍させるべく、和田がブリーディングを考えた。
最大出走体重540kgという黒鹿毛の大きな馬で、態度も堂々としていた。

同じシンボリ牧場所有のシンボリクリエンスとよく間違われた。
ニックネームは「ボリクリ」。

2001年に藤沢和雄厩舎に入厩。
堂々とした馬格に反して疲れの残りやすい体質であったこと、また、馬主から無事競走馬生活を終えることを最優先にと頼まれたため、藤沢調教師は調教・ローテーションにかなり気を遣っていたという。

JRAでの通算成績は15戦8勝。

2002年2003年と2年連続してJRA賞年度代表馬。シンボリ牧場の大先輩シンボリルドルフ(1984年、1985年)以来18年ぶりの快挙だった。
現役時代のライバルはタップダンスシチー(2勝2敗)、ヒシミラクル(1勝1敗)など。

種牡馬としてエピファネイアなど、ブルードメアサイアー(母の父)としてレイデオロ2017年東京優駿で優勝)、オジュウチョウサン中山グランドジャンプを5連覇)などを輩出。
エピファネイア産駒のデアリングタクト2020年に無敗の牝馬3冠を達成するなど、孫世代でも活躍馬が出ている。

2019年に種牡馬を引退し、千葉県のシンボリ牧場で余生を送った。
2020年12月8日、蹄葉炎のため、21歳で死亡。

JRA広告

ヒーロー列伝

漆黒の帝王
ヒーロー列伝No66≫

名馬の肖像

ここへきた理由
何故ここにいるのかと
問われた若者は
相手に吠えかかろうとする

練達の師が彼の肩に手を置く。
止まらなかった身震いが
自然とおさまっていく。

そうだ言葉ではなく
結果で教えてやればいい。
君がここへやってきた
たった一つの理由を。
(2019年天皇賞(秋)

戦績

2001年


2002年


2003年

  • 前年で引退、種牡馬入りの予定だったが、現役を続行することとなる。
  • 6月29日、宝塚記念に出走しヒシミラクルの5着。再び長い休養に入る。
  • 11月2日、休養明けで天皇賞(秋)に出走し連覇する。
  • 11月30日、ジャパンカップに出走しタップダンスシチーの3着。
  • 12月28日、引退レースとなる有馬記念に出走し勝利する。レコードタイム更新、有馬記念史上最大着差となる9馬身差での圧勝だった。


余談

2002年の青葉賞にて、それまで鞍上を務めていた岡部幸雄横山典弘のどちらも騎乗できないということになり、当時骨折明けだった武豊に騎乗を依頼。レースは無事快勝したのだが、レース後に武豊が言ったのが「良いですねこの馬!秋には絶対よくなりますよ!」。……実際、夏を越してからGI勝ちを連発しているので間違いはなかったのだが、シンボリクリスエスでダービーにも手が届くかも、と考えていた藤沢師は「秋かよ!」と内心ツッコミを入れていたという。
しかも当のダービーはその武豊が騎乗するタニノギムレットに差されて2着敗戦。
藤沢師にはこの敗戦が相当堪えたらしく、タニノギムレット陣営が次走に秋の神戸新聞杯を選んだと聞くや、シンボリクリスエスも同レースに使うと決定。預けていた外厩に神戸新聞杯に向けての仕上げ、調教のペースアップを指示したという。ところが、肝心のタニノギムレットが屈腱炎を発症してレースを前に引退。リベンジの機会は永遠に失われてしまった。
この記事の過去版含め、いくつかのメディアで「引退レースの有馬記念前に、藤沢師は珍しく強めの調教をかけた」という記載があるが、これについては冒頭に書いた通り、まず無事に種牡馬入りさせることが求められていたのに、わざわざ引退戦で強い調教をかけるようなことはしない……と藤沢師が自ら否定している。

関連タグ

競走馬 競馬 JRA ボリクリ ボリクリ耳

関連記事

親記事

02世代 にせんにせだい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 189934

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました