ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

2014年2月5日生まれ。
父はキングカメハメハ、母はラドラーダ、母の父はシンボリクリスエス
馬名はスペイン語で「黄金の王」を意味する。(Ray de Oro)
全弟(両親が同じ)にレイエンダがいる。

経歴

2016年(2歳)

2016年10月9日の新馬戦でデビューし初勝利。
続く2戦目も勝利し、年末のホープフルステークス(この年までGⅡ、翌年からGⅠ)で重賞初勝利を挙げた。

2017年(3歳)

クラシックシーズンの2017年は、前哨戦を挟まず皐月賞に直行するがアルアインの5着に敗れ初黒星。


日本ダービーを勝利。2着はスワーヴリチャード
鞍上のクリストフ・ルメールはこれが日本ダービー初勝利であった。

秋シーズン初戦は神戸新聞杯(GⅡ)で、ダービー馬の貫禄を示して勝利。2着は菊花賞を勝利するキセキ
菊花賞には出走せず、ジャパンカップに出走するが、結果はシュヴァルグランの2着に敗れた。

ダービー制覇と古馬相手に2着と健闘したことが評価され、最優秀3歳牡馬を受賞した。

2018年(4歳)

年明け初戦は京都記念(GⅡ)。このレースのみルメールが騎乗停止になったためバルジューが騎乗したが、クリンチャーの3着に敗れた。

次走はドバイに渡りドバイシーマクラシックに挑むが気候が合わなかったのか4着に敗れた。

秋初戦のオールカマー(GⅡ)を勝利。ちなみに同日の神戸新聞杯ではワグネリアンが勝利して、同日の東西重賞で2頭のダービー馬が勝利するという珍しい事態となった。


大目標にしていた天皇賞(秋)は先行するキセキを捉え、後ろから追い込んできたサングレーザーを抑えてGⅠ2勝目を挙げた。
ジャパンカップには出走せず(ルメールがアーモンドアイを選んだことも理由)、有馬記念(ファン投票1位)へ出走。
天皇賞と同じくキセキが逃げを図りこれを捕まえたが、先に行ったブラストワンピースに追い付けず2着に敗れた。

天皇賞を勝利するなど安定した成績が評価され、最優秀4歳以上牡馬を受賞した。

2019年(5歳)

年明け初戦は2年連続の出走となったドバイシーマクラシックだったが、8頭立ての6着というまさかの結果に終わる。
国内初戦は宝塚記念(ファン投票は2位。1位はアーモンドアイだったが出走せず)。
リスグラシューの5着に敗れた。

関連イラスト

ウマ娘化

レイデオロ(ウマ娘)



関連タグ

競走馬

関連記事

親記事

競走馬 きょうそうば

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「レイデオロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 265

コメント