ピクシブ百科事典

オール・フォー・ワン

おーるふぉーわん

漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するキャラクターで、物語の最重要人物の一人。存在そのものが作品の中核に深く関わる為、記事内容は全てネタバレに相当する。
目次[非表示]

以下、ネタバレ注意














「もう大丈夫。僕がいる。」

概要

CV:大塚明夫

敵連合のブレーンであり、支援者であり、実質的な支配者。死柄木弔からは「先生」と呼ばれている。
死柄木や黒霧らに指示を出して雄英高校襲撃事件を起こさせたり、「ヒーロー殺し」ステインへ接触させている。
脳無も彼と「ドクター」と呼ばれる人物が生み出したものである。

性別が男性であることを除き一切が謎に包まれており、本名も不明であることから、彼の個性である『オール・フォー・ワン』の名で呼ばれている。
超常黎明期から生きており、オールマイト曰く「成長を止める個性の類」が要因と考えられている。その当時から『"悪"の支配者』として君臨し、計画的に人を動かし、思うままに悪行を積んでいった。

オールマイトの脇腹にある大怪我は彼が負わせたものであり、本編開始の5年前の戦いで一度は倒されたが、辛うじて逃げ延びていた。
No.59で判明した現在の姿は、大半が瘢痕で覆われている上、顔や首に生命維持の様なチューブが何本も繋がれている。

数々の事件を通して死柄木と敵連合を順調に成長させていったが、爆豪拉致事件でオールマイトを始めとしたプロヒーロー集団からの急襲によって、組織が壊滅の危機に晒された事で、死柄木達を守るために彼自身が遂に表へと現れる。
その時はドクロを模した金属質の漆黒のマスクを装着している。

死柄木との関係

オールマイトと同様、彼も表で活動出来ない状態であり、それゆえに同じく「後継者」を探していた。そして、その目に留まった人物こそが死柄木弔である。
彼を『次の〝僕〟』として導き成長させるために、敵連合を使って数々の事件を起こし、様々な経験を積ませている。
オールマイトが雄英高校緑谷出久を指導しているように、彼は死柄木に敵連合という名の学校で事件という名の授業を行っているのである。

なお、死柄木を選んだ理由は、一つは〝歪み〟を持っていたこと。そして何より、彼が先代『ワン・フォー・オール』継承者、志村菜奈の孫であること。オールマイトに対して並々ならぬ恨みを持つ彼は、嫌がらせとして死柄木を選んだのである。

個性

他者から〝個性〟を「奪い」己がものとし、ソレを他者に「与える」ことのできる個性

奪った個性は自らの中に留めておく事も可能で、さらに複数の個性を同時に発現させることもできる。どのようにして個性を奪い、与えるのかは、今現在不明である。
もっとも、遺伝子と深く結びついている個性を移動させるのは相応のリスクを伴っており、他者へ付与する場合は負荷に耐えきれず物言わぬ人形の様になってしまう事もあったという。

また、対象が既に別の個性を持っている場合、それぞれの個性が混ざり新たな個性へと変化する事がある。
「ワン・フォー・オール」もそうして生まれた個性の一つであり、彼が自身の弟に与えた「力をストックする個性」と、その弟が持っていた「〝個性〟を与えるだけの〝個性〟」が合わさって誕生したものである。
オールマイトはこの話を「正義はいつも悪より生まれ出ずる」と皮肉な言葉と共に語っている。

これまでに発現させた個性

名称不明
指先を白い線の入った黒い稲妻のような物に変化させ、攻撃や個性の強制発動に用いる。

転送
臭気を伴う黒い液体をゲートとして、対象の人物を転送する。
自分のもとに転送する場合には特に条件はないが、送り出す場合は自分と馴染み深い人物のもとにしか転送できない。転送距離はひどく短いとは言うものの、5km圏内は可能のようである。
この個性に対して、黒霧の個性を座標移動と言っていた為、ワープゲート系の個性にも分類が存在すると思われる。
また、僕のはまだ出来たてでねと意味有りげな発言もしている。

空気を押し出す』+『筋骨発条化』+『瞬発力×4』+『膂力増強×3
簡単に説明すると人間空気砲。オール・フォー・ワンのお気に入りの組み合わせの様である。
筋肉と骨を発条(バネ)化、瞬発力と筋力を増強する事でバネの性能を強化し、その力に乗せて空気を押し出す。
その威力は絶大で、直線状のビルを何棟も倒壊させながら、オールマイトを数百m先へ吹き飛ばすほど。脳無倉庫を襲撃したヒーロー達も、この攻撃で一掃されたものと思われる。

個性強制発動
その名の通り対象の個性を強制的に発動させる。
今のところ意識を失った人間に対してのみ使用している。

転送』+『衝撃反転
転送に、その対象となった人間が受けた衝撃を相手に反転する個性を合わせたもの。

筋骨発条化』+『瞬発力×4』+『膂力増強×3』+『増殖』+『肥大化』+『』+『エアウォーク』+『槍骨(そうこつ)
満身創痍のオールマイトを確実に殺すために、その時考え得る最高・最適の個性の組み合わせとして発現。ただただ殴ることだけに重点を置いている。
発現した右腕は本人の半身を超えるほどに肥大化し、何本もの腕であろう筋肉が見て取れる。発条化と槍骨によって、螺旋を描いた槍の様な骨がいくつも露わになっており、対象に当たるであろう拳表面部分には、重点的に金属の鋲が生成された。
もっとも、この攻撃の真の狙いは、相手が全力で迎撃した所を『衝撃反転』でカウンターして跳ね返す事にあった。

赤外線
周囲の赤外線を微かに感じ取る個性。
その顔からどのようにして周囲の状況を判断しているのか不明だったが、布ずれの音や空気の振動で相手の動きを、赤外線で相手の感情や空間把握の補助を行い、周囲の状況を確認していた。
つまり、目が見えていない状態で、オールマイトをあそこまで追い込んだのである。

激闘の末

そして死柄木たちを強引に逃した後は、オールマイトと激闘を繰り広げるも敗北。現在はステインと同じく、死刑すら生温い罪人たちが送られる特殊刑務所「タルタロス」に収容されている。

ただし、ヴィラン連合の当初の目的であるオールマイトの抹殺は、彼の中の残り火を消すという形で事実上達成され、さらに戦いの余波で広範囲の市街地が破壊され、ベストジーニストが重症を負わされ長期休業に追い込まれるなど、この戦いで発生した被害も甚大であるため、この一件は「神野の悪夢」と呼ばれ恐れられる事になる。

そして、ヴィラン連合の実働隊は全くの無傷であり、逃がされた死柄木は心の支えであり導き手である師を救うため、真のヴィラン連合のリーダーとして自らの足で歩み出す。

正義と悪の戦いは終わっておらず、次の世代へと引き継がれ、続く事になる。

関連イラスト

次は



関連項目

僕のヒーローアカデミア
ヴィラン連合
死柄木弔 オールマイト
絶対悪

pixivに投稿された作品 pixivで「オール・フォー・ワン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 25413

コメント