ピクシブ百科事典

死柄木弔

しがらきとむら

漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場する悪役キャラクターであり、ヴィラン連合のリーダー格。
目次[非表示]

「全部 オールマイトだ」

「俺と おまえたちの為だ」

「”個性”消してやるって人間がさぁ、”個性”に頼ってちゃいけねぇよな」

「次は 俺たちだ」

「よう 未来の王様がご帰還だ!」

プロフィール

個性崩壊
誕生日4月4日(20)
身長175cm
好きなものなし
CV内山昂輝


概要

”個性”を悪用する犯罪者集団・敵連合のリーダーを務める、病的な痩身の青年。
個性登録をしていない「裏の人間」であり、「死柄木弔」という名も偽名である。
社会からあぶれたはみ出し者、不良や犯罪者を惹きつける独特のカリスマ性の持ち主。「先生」曰く「次の自分になりうる歪みを持って生まれた男」。
本作におけるキーパーソンの一人であり、作中では緑谷達がヒーローとして日々成長していくように、それと並行して、死柄木もまた様々な経験から多くのことを学び、悪の指導者として成長していく様が描かれている。

人物像

『 さぁ…大暴れ競争だ  』


常に気怠げで冷めた態度を取っており、シニカルで軽薄な言動の真意は計り知れない。
苛立つとガリガリと首を掻く癖がある等、容貌と合わせ不気味な点が目立つが、戦闘中はしばしば解説役に回るなど、意外に饒舌な一面もある。

用意周到な奇策を用いて目的達成を狙う頭脳派で、台詞の端々から高い知性を匂わせる。
その一方で、犯罪をゲーム感覚で楽しんでいるかのような節があり、目的遂行と同時に「相手の嫌がること」を常に模索するなど、その思考回路からは幼稚で偏執的な本質を伺わせる。

ヒーローに対しては強い憎しみを抱いており、特にその象徴であるオールマイトは「社会のごみ」と辛辣に形容している。

組織内ではリーダーとして振舞っているが、その背後には「先生」と呼ばれる黒幕の存在が見え隠れする。
先生ことオール・フォー・ワンとはかなり深い関係にある様で、彼にとっての「先生」は、出久にとってのオールマイトかそれ以上の存在と思われる。

shopping mall


初期は物事が思い通りに進まないことに強い苛立ちを見せていたが、ステイン緑谷出久との対話を経た事で、オールマイトを否定することに己の原点を見出す。
以降は不安定ながら精神的に芯の通った様子を見せており、「現在(いま)を壊す」志を同じくする仲間を得て、徐々にだが確実に、強大な悪のカリスマへ向かって成長しつつある。
また、彼なりに連合メンバーのことは仲間として思うところがあるようで、彼らに対しては他と異なる表情を見せることが多い。

幼少期に後述の個性により、家族を殺めてしまうという陰惨な事故を起こしている。そのショックのせいか、AFOに拾ってもらう以前の記憶がほとんど思い出せない(いわゆる、心因性健忘)らしい。
記憶がないながらもその事故による心の傷と、AFOの教育により、精神が大きく歪められており、世の中のほとんどすべてに対して「苛立ち」と「嫌気」、そして強い破壊衝動を抱くという危険な人格が形成されることとなった。
ゆえに彼の行動指針や人生目標はこの「苛立ち」を軸にされている。神野編までの目標の「オールマイトやヒーロー社会を否定すること」も、インターン編でオーバーホールに宣言した「裏の支配者になる」も、どちらを達成しようと自身の「苛立ち」と破壊衝動は治まらないと気付いて以降、目標を再変更し、最終的に「世の中の息づくすべてを破壊しつくす」というさらに物騒でぶっとんだ目標を立てている。ただし仲間の意向は多少取り入れるつもりらしい。

身体能力は高く、イレイザーヘッド(相澤先生)の肘鉄を素手で受け、数十メートルの距離を一瞬で移動する。また戦闘経験も豊富らしく、対戦中に相澤の弱点を的確に分析してみせた。
更に最近は、連合の指導者としての試練として、「災害」と揶揄されるAFO直属の部下と、ろくに眠らず1ヶ月余り交戦するなど、常人離れした戦闘を行っている。

個性

個性の名称は「崩壊」。掌で触れた物を「粉々に崩す」ことが出来る
頑強な雄英高校のシェルター(雄英バリアー)も破壊しており、対象が生物か非生物かは関係なく、割と広範囲に通用する。

5本の指すべてが対象に触れることで個性が発動するが、死柄木自身にもオンオフを切り換える事はできず条件を満たせば強制的に発動してしまう。その為、常に指の1,2本を離して物を持つスタイルが癖になっている。

崩壊の侵食には多少のタイムラグがあり、一瞬で全体が崩れるような事は無いが、人体に数秒触れていれば触れた部分の皮膚をボロボロに崩せる。アニメ一期では触れた部分が白く石化するような色付けが為された。二期以降は茶色く錆びるような表現で統一されている。
しかし最近は、一瞬触れただけで全身を崩すような描写が増えている。いずれにしても恐ろしい個性である。

AFO曰く、親の遺伝子に左右されない「突然変異」の個性らしい。

原作第227話の戦闘にて、これまでにない新たな描写が。片手の一薙ぎで、束になって襲い掛かる敵数十人をまとめて塵にしてしまった。その光景を目の当たりにしたスピナーは、「触れていない人間にまで崩壊が伝播した」ように見えたらしい。

容姿

掌を模したマスクで顔の大部分を隠しているが、指の隙間から覗く目は、皺だらけの瞼と異様な眼光を具えており、本人の秘しがたい狂気を表現している。
ポケットの多い黒ベストに黒いズボン、オレンジに近い赤色のシューズを身に着ける。
「神野の悪夢」以降は服装が変化しており、黒コートを着用するようになっている。
その他にも上半身の各所に掌のような装飾を取り付けるが、これは彼にとっての戦闘服であるらしく、普段は顔面以外の掌を外している。なおこの掌は死柄木にとって特別な存在であり、顔面を覆う掌を「お父さん」と呼び、不用意に他人に触れられると激昂する様を見せている。前述した事故に関係があるようで、後に彼はそれらを「みんな」と呼んでいる。

死柄木さん



額から頬にかけて老人のような深い皺が刻まれているのが特徴。唇の回りはカサカサに乾いており、右口元にはホクロがある。右目と左口元には裂けた様な傷跡がある。こちらの傷は詳細不明だが、AFOに発見された時にはすでに負傷していた。
登場当時〜「神野の悪夢」まではミディアムぐらいの髪の長さであったが、それ以降は時期が進むごとに髪が伸びている。

正体

本名は、志村転弧(しむら てんこ)。
オールマイトの師匠にして7代目「ワン・フォー・オール」継承者・志村菜奈の孫に当たる。
菜奈は自身の旦那(すなわち死柄木の祖父)が何者かに殺害された事から、ヒーローの世界から遠ざけるために、自分の子(死柄木の親)を里子へ出した上に、オールマイトやグラントリノには「私にもしもの事があっても、あの子には関わらないでほしい」と釘を刺していた。

余談

・触れたものを崩壊させる能力、その能力で家族を殺めた過去、「嫌い」という感情を原動力にしている人物像、そしてなにより「転弧(テンコ)」という本名から、一部ファンの間では作者・堀越耕平のデビュー作『テンコ』の主人公のをモデルにしたキャラだと言われている。

関連イラスト

手手手4
平和の象徴を殺せ


「平和の象徴としての矜恃を少しでも」
ひだりて。



関連タグ

僕のヒーローアカデミア
ヴィラン連合 黒霧 脳無
相澤消太 緑谷出久 オールマイト
サイコパス アダルトチルドレン

関連記事

親記事

ヴィラン連合 ゔぃらんれんごう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「死柄木弔」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7082047

コメント