ピクシブ百科事典

緑谷出久

みどりやいずく

『緑谷出久』は、漫画『僕のヒーローアカデミア』の主人公で、ヒーローになることを夢見る少年である。個性を持って生まれてくる子供が多い中、無個性として生まれた主人公である。後に、ある人物から個性を引き継ぎ、物語が始まっていく。
目次[非表示]

「〝個性〟のない人間でも…あなたみたいになれますか?」
「君が、救けを求める顔してた」

プロフィール

クラス雄英高校1年A組18番(ヒーロー科)
個性(仮)ONE FOR ALL(ワン・フォー・オール)
出身校折寺(おるでら)中学校
誕生日7月15日(15歳)
身長166cm
血液型O型
出身地静岡県あたり
好きなものカツ丼
CV山下大輝(VOMIC、TVアニメ共通)


人物

本作の主人公緑がかった癖毛そばかすが特徴の少年。重度のヒーローオタクであり、色々なヒーローの細かな情報をまとめたノートを常に持ち歩いている。
普段はビビリの臆病者だが、助けを求める人を見ると後先かまわず飛び出してしまう性質。また戦闘時や緊急時には口調が少々荒くなり、自らの腕を犠牲にすることも厭わない胆力や正義心を見せる。

幼い頃からかっこいいヒーローに憧れ、ヒーローの登竜門として有名な雄英学園のヒーロー科への進学を目指していた。
しかし大部分が先天的に個性を持っており、何の個性もない人間は2〜3割程度しか存在しないこの世界にあって、彼は個性を持たずに生まれるという先天的ハンディキャップを持っている、いわゆる"無個性"と呼ばれる人間であった(特に出久達の世代では逆に異端とまでされている)。これに生来の性格も相まって幼い頃からいじめられっ子であり、雄英学園への合格は絶望的と周囲からバカにされ続けていた。
因みに両親は母親は「ものを引き寄せる」、父親は「火を吹く」(この人と共通の個性だが関連性は定かではない)という個性を持つ、この世界では「普通の人」である。ただし父親は現在のところは全く登場しておらず、幼少時や雄英高校に関する会話にすら一度も登場していない(単行本11巻によれば「海外へ単身赴任」中とのこと。キャラクターブックでは久(ひさし)という名前が公開されている)。更に海外でもどのような仕事をしているのかも明らかになっていない為、謎に包まれている。

憧れのヒーローであるオールマイトからも一度は夢を諦めるよう諭されたが、ヴィランに囚われた爆豪勝己を咄嗟に救けようとした正義感を見込まれて彼の"個性"を譲り受け、念願の雄英学園への入学を叶えた。

入学した後も基本的な性格は変わっておらず、ふきだしが「ブツブツ」で囲まれるほどの細かい一人分析を始めたり、 草食系全開な事を言い出してオールマイトから「ナンセンス界では他の追随を許さない」とまで言われている。
ただ、自分の境遇がオールマイトを始めとした人に恵まれたが故のものだという事を自覚しているため、それを無駄にしないためにも負けられないという思い、 そして何よりオールマイトのような最高のヒーローになりたいという思いを強く抱いており、その夢のためならどんな努力も厭わない克己心を持つ。
そうした性格からか(かっちゃんを除いた)クラスメイト全員との関係は良好で、クラス委員になった時も(かっちゃんを除いて)誰からも反対意見が出る事が無かった。
元々はあまり体力はない一方で学力は高く、クラスの中でも成績は優秀。

爆豪から付けられた「デク」という蔑称を快く思っていなかったが、お茶子から「頑張れって感じで好きだ」と言われてからは誉れ名として認識を改めるようになり(本人曰く「コペルニクス的転回」)、後に自信の仮ヒーローネームとして採用するに至った

また、母親同様とにかく泣き虫。
「涙腺がブチ切れてる」と称される通り、感動すると滝のように涙が溢れ出し、最近は涙が噴水のように上空に噴き出して体が地面にめり込むくらいに涙の量が増してきている。

反面、長らく無価値な存在として虐げられてきた影響か、自分自身の存在を命含めて重く思えないフシがあり、オールマイトのようになりたいという強すぎる憧れもあって、発展途上の学生の身でありながら己の身や状況を顧みず敵に突っ込んでしまう危うい面もはらんでいる。この傾向については度々叱責を受けているが、師共々「我が身を挺せずして何のヒーローか」と改善する気はやや薄め。
しかし、それによって負うケガや状況が深刻化してゆくにつれ、次第に「このままではいけない」とは考えるようになり、下記の「己を滅ぼさない戦い方」の構築へも繋がって行く。

そんな彼がいかにして「勝って」「守れる」最高のヒーローに成長して行くかが本作の見どころである。

個性

先述のとおり生来の個性を持たず、オールマイトから"力を育て、継承する個性"『ワン・フォー・オール』を譲り受ける。
より正確に言えば先代の継承者達が培ってきた筋力を「SMASH(スマッシュ)」の掛け声と共に解放するシンプルな増強型の個性であり、実質的には力が強くなるという以外の特殊性は一切ないが、オールマイトのように極めれば腕一本で天候を変え、実体のない敵や衝撃を吸収してしまう敵ですら力づくで倒してしまう事が出来るというレベルを上げて物理で殴ればいいをあり得ないレベルで体現している個性である。実際周囲からも「規格外」「派手で出来る事が多い」など評価は高い。

しかし出久自身の体の強度が追い付いていないので、全力で拳を振るえば腕がバッキバキに折れ、踏み込んで地を蹴れば足が砕けてしまう(本人曰く卵を電子レンジに入れて爆発したような感覚)。
そのためまずは当初は力の調節を覚える事が課題だったが、人間相手に無意識に加減して放ったのをきっかけに、体を破壊しない5%程度の出力で使えるようになった。
また最初はオールマイトの活躍が印象に強く焼き付きすぎていたせいでここ一番の切り札の様に扱っていたが、グラントリノとの訓練を通してOFAが切り札ではなく個性である事を再認識。全身に5%の『ワン・フォー・オール』をかけることで身体能力を継続的に強化する「フルカウル」を習得した。

林間合宿までは先代OFA所持者であるオールマイトの戦闘スタイルに倣ったパンチ主体の戦法を取っていたが、腕の負傷が限界に達しパンチ技を放てなくなった事で方向転換し、飯田発目のやり取りから着想を得た蹴り技主体の「シュートスタイル」を編み出した。

譲り受けた個性はパワー型だが、本人の戦闘スタイルは敵・味方・戦闘フィールドの状況を把握した上で適切な判断を下す、ある意味でTRPGの魔法使い型。元々無能力者だったがゆえか、戦略で勝つための分析ノートと戦略眼が、彼の戦闘スタイルのベースとなっている。

なお、譲渡の条件は所持者が譲渡の意志を持った状態で、相手に自分の体の一部を取り込ませる事(血や髪の毛など、DNAが取り込めればなんでもいい模様)。譲渡される側の意志は関係ないため無理やり押し付ける事も可能であるが、逆に譲渡する側にその意思がなければDNAを取り込まれても個性が奪われる事はない。

コスチューム

コスチュームはエメラルドグリーンを基調とし、白いラインが入ったシンプルなデザイン。これは母親の手作りであり、緑谷は母の気持ちが詰まったコスチュームを迷わず選んでいる。
頭部は憧れであるオールマイトをモチーフとした二本の触角のような角と笑顔を模した形状のマスク(そのため、オールマイトは彼のコスチューム姿を見て笑いを堪えていた)。
上述のノートに似たような姿の落書きが描かれており、これをもとに作成したと思われる。制作費は40,380円。

戦闘訓練で爆豪にコスチュームを破壊されたためしばらくは代わりに体操服を用いていたが、体育祭後からは新調されたコスチュームβ(ベータ)を着用。サポート会社の独断によりデザインや材質に変更が加えられ、濃緑を基調に黒のラインの入ったカラーリングに。オールマイトの触覚を模した頭巾はフードに、笑顔を模したマスクはメッシュから硬質な材質に変更された。
ちなみにこのコスチュームになって以降フードやマスクは降ろした状態がデフォルトになっているが、理由は不明。

シュートスタイルへの転向を契機に、腕への負担を抑える保護サポーター、つま先パーツをバネ仕掛けで射出し蹴りを強化する装甲「アイアンソール」を装着したコスチュームγ(ガンマ)を着用するようになった。

ヒーローアカデミアすまっしゅ!!

相手によってボケとツッコミを両立させている。
長い間ぼっちだったせいかチャリティに喜んで参加したり、密かに友達倍増計画を立てたりしている。また、Mの気があるらしくイジられるのが嬉しい。
常識人と思われるがヒーローに関わるとタカが外れたように暴走を起こす
カメラマン役を自ら志願しながらもクラスメイトではなくオールマイトのみを撮ったり、彼のネクタイを拾おうと必死になったりする。
ちなみに幼馴染の勝己を観察し過ぎるあまりストーカー化していた事が後々判明し(彼は友達の部類に入るらしい)、勝己取扱説明書も作成している。
逆転の個性を受けたときは恥じらう地味系巨乳少女になっていた。

関連イラスト

一番星
MY HERO ACADEMIA!!


MHAログ
hrak log


でく!
スマァァァァァァァッシュ!



関連タグ

僕のヒーローアカデミア
オールマイト
爆豪勝己 麗日お茶子 飯田天哉 轟焦凍
緑谷インコ

コンビ・グループタグ

緑茶飯 路地裏組

pixivに投稿された作品 pixivで「緑谷出久」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21667852

コメント