ピクシブ百科事典

目次[非表示]

『ヒーローが 暇を持て余す世の中にしたいんです』
『ヒーローが暇を持て余す社会 必ず手に入れてやる 俺の出せる最高速度で』

プロフィール

空を翔る正義の翼! 常に先を見据えた早すぎる男!!
全ては平穏な社会の為 表裏の仮面に隠れた葛藤
―――僕のヒーローアカデミア 公式キャラクターブック2 Ultra Analysisより

ヒーロー名ウィングヒーロー《ホークス
名前鷹見啓悟(たかみ けいご)
個性剛翼
誕生日12月28日(22)
身長172cm
血液型B型
出身地福岡県
好きなもの鶏肉
性格目聡く耳聡い
CV中村悠一

概要

ヒーロービルボードチャートJPでは3位→2位(下半期)。
背中に大きな翼を生やしたプロヒーローで福岡県を拠点に九州で活躍する地方ヒーローだが、出張や調査で全国的に活動している。

輝度の高い黄土色の髪、それに合わせたジャケット。黒のインナーと手袋。ゴーグルは薄く水色がかっている。羽根の色は紅。

人物

雄英高校卒業者ではないが、18歳でデビューしてその年の下半期にはビルボードチャートトップ10入りを果たし、10代でトップ10に食い込んだ唯一のヒーローとして知られ、世間から「速すぎる男」と呼ばれる。

「ヒーローが暇を持て余す世の中にしたいんです」とマイペースに活動中。本人としてはそこまでの上昇志向はなく、20~30位くらいで自由にやりたいのが本音らしい。

上のセリフと合わせるとまるで仕事をサボってるかのようだが、パトロール中はその自由で便利な個性を活用して個性犯罪の阻止から市民へのサポートまで、細やかかつ多方面に対応、速攻で解決していく。ファンサービスも気軽にやってくれる有能ぶり。
常闇曰く、彼のサイドキックたちはほぼ後処理係になっているらしい。

また、自身に上昇志向がないからといって、他人の向上心を無碍にする気や、第三者などの窮地を見て見ぬふりをするといった事もあまりなく、形はどうあれ、オールマイトに追いつこうと躍起になっていたエンデヴァーの事は慕っている。

表向きのヒーロー活動を続けつつ、下記の複雑な斥候行為もこなすなど、まだ若輩でありながら精神面も侮れないが、流石に時折表情に脆さなどを覗かせている時もある。

活躍

職場体験では、常闇を指名する。後日エンデヴァーとの会談の中で、職場体験の指名の時はNo.2の息子という肩書きに魅かれてにも指名を入れていたらしいが、今となっては仮免試験に落ちてブランドに傷が付いた轟より常闇に来てもらってよかったと話す。しかし本人に後輩指導をする気はないらしい。

インターンでも引き続き、常闇を受け入れた。

ヒーロービルボードチャートJP下半期発表では、オールマイトがいないチャート発表を節目と捉えていたが、一緒に舞台に上がった下の順位のヒーローたちが無難なことしか言わないため、それに呆れてか挑発的な態度でスピーチを行い、そのままエンデヴァーに繋げた。
発表後のエンデヴァーの楽屋で面会、発表での態度を怒られるが、怒られたこと自体はどこ吹く風といった風体。
以上に加えてあまり上昇志向がないところもエンデヴァーからは嫌われたが、その場でホークスからチームアップ要請・脳無の情報があると言い、それは無視できなかったエンデヴァーと福岡で話し合うこととなった。

福岡の焼き鳥屋の個室でのエンデヴァーとの会談の際に脳無の情報を話すが、実際のところ目撃情報の噂があるくらいのことで具体的な被害などは無いらしい。しかし、ホークスが調査した結果、全国的にそういう脳無の目撃情報らしき噂が出ており、作為的に誰かが社会不安を煽っていると推測。
そこでホークスとしてはエンデヴァーにその噂を調査してもらい、何もないなら何もないとエンデヴァーがそう発表して社会不安を取っ払い、頼れるリーダーになってくれ、というのが今回の依頼らしい。
そんな話をしていると、そこに何故か黒い脳無ハイエンドが突っ込んできて、エンデヴァーと共に交戦し、市民の避難やエンデヴァーのサポートに尽力する。

ハイエンド撃破後に荼毘と密会しており、ハイエンドの手引きをするなど敵連合に協力していたことが判明したが、実際はヒーロー公安委員会の依頼で敵連合への潜入を画策していたスパイだった。公安側からは視野が広く名誉名声に頓着がなく、連合に取り入る間の被害にも目を瞑れるからこそ適任と見込まれての依頼だった。

敵連合に潜入するため、敵連合への忠信を示すことを荼毘に要求され、復帰間近だったベストジーニストの死体?を引き渡した。

そして、誕生した超常解放戦線への加入が認められたが、スケプティックに盗聴器や小型カメラを翼に取り付けられ常時監視されて、暗号でしかヒーロー公安委員会へ情報を流せなくなった。
しかし、幼少期から公安に叩き込まれてきた持ち前の交渉術とトゥワイスと親しくなることで、超常解放戦線の全構成員などの必要な情報を収集していった。
そして、ヒーロー公安委員会や偶然を装って会ったエンデヴァーに集めた情報を流した。

個性

"個性"は『剛翼』
巨大な翼の1枚1枚の羽根を思いのままに操れる。
ただし背中の羽が減ると同時に飛行が不安定になる欠点がある。
羽はそれ自体を武器として使える程に固くしなやかで、作中では羽を弾丸のように発射する攻撃の他に、風切羽を二刀流のように操る戦闘スタイルを披露している。
また羽には振動を感じ取る機能があり、ホークスの視界に入らなくとも周囲の状況を鋭敏に読み取ることが可能。

「体の一部を切り離して利用する」タイプの"個性"は作品内でも少なからず登場しているが、彼の翼はその中でもずば抜けた性能を持っており、具体的には

  • 背中の翼により空を自由自在に飛び回る『飛行能力』。
  • 緑谷、爆豪、轟の3人を一瞬で置き去りにする『スピード』。
  • 一枚で人間一人を持ち運ぶことができる『パワー』。
  • 数百数千の羽を操り複数の作業を平行処理する『物量』。
  • 崩壊するビルの瓦礫の中から、76名もの人間を瞬時に無傷で救出する『精密性』。
  • 羽の周囲の僅かな振動で音や空間を正確に把握する『感知能力』。
  • ほぼ全ての羽を失っても数日で元通りに生え変わる『回復力』。
など、それら全てを兼ね備え、これほど高い汎用性を持った"個性"は他に類を見ない。

この"個性"によって少年時代には時速130kmの自動車の衝突事故の中から、被害にあった6人全員を救出することに成功しており、これが後にヒーロー公安委員会に見出されるきっかけとなった。

ほとんど弱点が無いようにも思えるが強いて言えば炎に弱く、羽が焦げると脆くなる上、操作性が大幅に低下してしまう。
また本人は「力押しに弱い」とも評しており、ハイエンドギガントマキアのような規格外のパワーとタフネスを持った敵には対抗する術がほとんど無い。
ホークス自身は「俺の背中やったら(人々を)安心させられん」と独り言を呟いており、自分の"個性"や、No.1ヒーローの在り方には彼なりに何か思うところがあるのかもしれない。


必殺技

  • 風見の羽
  • 風切


余談

  • 作者の補足によると元々は鳥の頭をした鳥人間で、過去作の漫画「逢魔ヶ刻動物園」のキャラクター・タカヒロを流用・再デザインする予定であったが、劇場版「2人の英雄」の製作中の時にアニメ側からタカヒロの登場を要望。それを作者が快諾したことにより翼の生えた人間に変えたとのこと。
  • 劇場版第2作「HEROES:RISING」のキービジュアルより、TVアニメより先駆けて登場することが判明している。まさしく速すぎる男の名に相応しい。12月5日に行われた完成披露イベントと同時に担当声優も発表された。


関連イラスト

No1とNo2
無題


無題
Hawks MHA Feather Blades



関連タグ

僕のヒーローアカデミア プロヒーロー
エンデヴァー 常闇踏陰
超常解放戦線 荼毘 トゥワイス
 九州

関連記事

親記事

プロヒーロー ぷろひーろー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ホークス(僕のヒーローアカデミア)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50733

コメント