ピクシブ百科事典

エンデヴァー

えんでゔぁー

エンデヴァーとは、『僕のヒーローアカデミア』の登場人物。
目次[非表示]

「いずれ貴様をも超えるヒーローにする。そうすべく……つくった仔だ」
「ヒーローだからさ」

プロフィール

誕生日8月8日(45歳)
身長195cm
好きなもの葛餅
CV稲田徹


概要

本名『轟炎司(とどろき えんじ)』。轟焦凍の実父。
事件解決数史上最多の異名を持つ燃焼系ヒーロー。ヒーロー事務所も経営している。
雄英高校卒業者の1人であるが、扱いはナンバー2ヒーローであり、ナンバー1のオールマイトに強い対抗意識を抱く。しかし自分の実力の限界から子に己の野望を達成させようと目論み、強力な『氷』の個性を持つ女性に個性婚を強いた結果、生まれた子供が焦凍である。

極めて強い上昇志向の持ち主で、性格も熱血かつ厳格。ただ、旧友やオールマイトの前では少々苛立ち易く大人気ない言動も見せる。
幼い焦凍に厳しい特訓を施し、制止する妻にも手を上げるなど、妻子への愛情は皆無に等しい。
そのせいで精神的に病んだ妻が焦凍に熱湯を浴びせた為、彼女を病院に隔離させたことがきっかけで、焦凍から強い憎悪を向けられるようになる。
世間でもそうした苛烈さから女性や子供からの受けが悪いため、彼を支持している層は20代~30代の男性に大きく偏っている。

こうした過去から焦凍は父を否定し、母親の個性のみを使うようになるが、「反抗期」として受け取っている。
雄英体育祭で焦凍がそれまで封じていた炎を発動した姿を見ると歓喜のあまり興奮し過ぎて観客に驚かれた。(プレゼント・マイクには「親バカ」と言われた)

焦凍に強い期待を寄せる一方で『仔』『最高傑作』と表現するので、本人には嫌悪感を抱かれている。しかし友達を救出に向かった息子の意思を尊重し応援を手配するなど、冷酷一辺倒の人間という訳でもなく、焦凍の精神面の些細な変化や成長に気づくと、無言で驚く描写が稀にみられる。

作者から「訳ありな過去があると言われていた」が、その過去は「厳しい研鑽を積んでもなお、オールマイトに絶対に勝てないと認めてしまった挫折感」に起因しているようだ。

その後、オールマイトオール・フォー・ワンとの戦いで力を出し尽くしヒーローを引退したことで、結果的にNo.1ヒーローの座を手に入れたが全く喜んでおらず、あくまで自力で彼を越えたかった気持ちもあった模様。

コスチュームは全身に炎を纏ったようなデザイン。
髭が燃えているのはわざとで、私服の時も同じ。

焦凍の上に三人の子供がいるが、自分が望んだ能力を持っていなかったので一般的に養育した。
長女は冬美。あと二人の息子がいる。髪色で兄二人はそれぞれ親の片方の色合いとなっているが、冬美は末っ子同様に母親と父親の髪が混じった独特な色合いをしている。焦凍と同じように髪色が個性を表しているなら、片方ずつしか使えないと思われる。

個性

『ヘルフレイム』
体に爆炎を纏い、放出することができる。炎系統で地上最強と言われる個性。

ヒーローアカデミアすまっしゅ!!

作中屈指の親バカ、そしてツンデレ
事務所の人間にも知れ渡っている程で、携帯電話の待ち受け画面が焦凍(入浴中)だったり、体育祭では周囲に迷惑をかける程に興奮しまくっていた。

職場体験で焦凍が来た際は当然テンションを上げていたが、有名なソバ屋を予約(しかも貸し切り)していたのに「そんな暇はない」と断られ、良いところを見せようと張り切るも空回りしている。
以降も、度々焦凍と仲良くしようと色々画策するが、外野の乱入や土壇場で素直になれないせいで、上手く行かずにいる。

ちなみに焦凍は本編同様に父親を嫌悪しているが、心の地雷では「お父さん大好き」である。

余談

実は雄英の教師として登場させるはずだったらしいが、学校側に力が偏り過ぎてしまうのでボツになった。そりゃそうだ。
奇しくも主人公の父親もエンデヴァー同様、炎系統の個性を使えるようだが関連性は不明。

関連イラスト

エンデヴァー
エンデヴァー


エンデヴァー落書き
今年もおめでとう


関連タグ

僕のヒーローアカデミア
轟家/轟焦凍 轟冬美
オールマイト

pixivに投稿された作品 pixivで「エンデヴァー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1056175

コメント