ピクシブ百科事典

轟冷

とどろきれい

轟冷とは、週刊少年ジャンプ連載「僕のヒーローアカデミア」のキャラクターである。
目次[非表示]

概要

CV:根谷美智子
エンデヴァーの妻で、轟燈矢轟冬美轟夏雄轟焦凍の母親。
焦凍の右側の容姿同様の白髪に黒い瞳を持った女性で、氷を操る“個性”を持つ。
焦凍が五歳の時から、実に10年間に渡って入院生活をしている。

来歴

過去

 元々エンデヴァーとは恋愛結婚ではなく、自身の目的に適した“個性”を持つ彼女に目を付けたエンデヴァーと、彼の名声と金で丸め込まれた親族によって結婚させられた。末っ子の焦凍には優しく彼の純粋な夢であったヒーローになることを応援していたが、次第に自身の“個性”にしか興味のない夫の言動に疲れて精神的に疲弊していく。そして、電話を偶然聞かれて仕舞ったことと、焦凍が戸口から覗かせたのが左側であったことから、エンデヴァーの“個性”が発現した焦凍の左側に熱湯を浴びせて火傷を負わせてしまう。
 それにより夫によって強制的に入院させられた。

現在

 相変わらず入院をしており、冬美が洗濯物をするためなどで訪れに来ている様子。
 そして雄英体育祭後に自分を見つめ直した焦凍と数年ぶりに再会し、和解した。以降は焦凍が頻繫に見舞いに訪れている。小説版では親子の対話シーンが描写された。
 焦凍が寮生活を始めてからは仮免試験の補講もあり見舞いには来れていない様だが、筆まめに手紙を貰っているらしい。

 エンデヴァーこと夫の炎司とは連絡を取ってないが、炎司はお見舞いに来ているらしい。冷本人がまだ炎司を怖いと感じているのと医師の判断により面会はしてない。
 しかし、出会ったばかりの頃に一度だけ炎司に好きと伝えたことがある花がお見舞いの品として彼女の手に届いており、彼女は病室にその花を飾っている。
 それを踏まえて、夏雄から「No. 1になったあいつは過去にあったことを置き去りにしていくつもりじゃないか」と言われた時、冷は「そんなことはない、向き合おうとしている」と答えた。


関連タグ

僕のヒーローアカデミア

キャラクター

轟家エンデヴァー(父・轟炎司)、轟冷(母)、轟燈矢(長男)、轟冬美(長女)、轟夏雄(次男)、轟焦凍(三男)

その他

人妻  

pixivに投稿された作品 pixivで「轟冷」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 122157

コメント