ピクシブ百科事典

轟焦凍

とどろきしょうと

漫画『僕のヒーローアカデミア』の登場人物
目次[非表示]

「しっかりしろよ 大人だろ?」
「なりてえもんちゃんと見ろ‼︎」

「なりたい俺に なる為に」

プロフィール

クラス雄英高校1年A組15番(ヒーロー科)
個性半冷半燃
出身校凝山(こるさん)中学校
誕生日1月11日(15)
身長176cm
血液型O型
出身地静岡県あたり
好きなものそば(温かくないやつ)
ヒーローネーム(仮)ショート
CV梶裕貴 / 真堂圭(幼少期)


概要

緑谷出久のクラスメイトで、八百万百と同じく特待生で推薦入学。公式イケメン。
オッドアイに右が白髪・左が赤髪になっている左右非対称な姿が特徴。また、赤髪の下、左目を中心に火傷の痕がある。
クールで感情を表に出すことは少ないが、その内面にはNo1ヒーローへの強い情熱を秘めている。

人物像

冷静沈着で大人びた性格の少年。言動は少々不躾けで、馴染みの薄い他人や目上の人間に対してもストレートな言葉をぶつけることが多い。
入学当初はクラスメイトとほとんど会話することもない典型的な一匹狼(瀬呂曰く「初期ろき」)だったが、雄英体育祭を経て、徐々に周囲のクラスメイトと打ち解けていった。
素の性格は若干天然な部分があるようで、出久と飯田が負傷した事に対して「自分がハンドクラッシャー的な存在になっている」と責任を感じたり、学生寮の自室を即日で畳敷きの和室へ改装したり、ギャングオルカのダメ出しに生真面目に答えたりと、やや感性のズレた一面を垣間見せている。
また、小説版によると寝相がかなり悪いらしい。

事件解決数史上最多を誇る燃焼系ヒーロー「エンデヴァー」の息子であり、四兄妹の末っ子。
しかし家族関係はあまり良好ではなく、特に父親であるエンデヴァーに対しては激しい敵意を向けている。(これについては後述)。

入学時の体力テストでは八百万に次ぐ2位を記録。期末テストでは5位と、身体能力、頭脳、いずれの面でも非常に優れた成績を収めている。(ちなみに八百万はどちらも1位。)
ヴィラン襲撃のような想定外の事態にも動じず、冷静に状況を分析した上で迷いなく行動に移すなど、とっさの判断力も高い。
その一方で、過去の経験からか精神的に脆い面があり、一度心が乱れると自力では立て直せなくなってしまう。体育祭では緑谷戦以降調子を崩しており、また、仮免許試験では過去に確執のあった夜嵐イナサと衝突し、負傷した真堂揺を攻撃に巻き込みかけるという致命的なミスを犯してしまった。

出生


「おまえの左側が醜いと、母は俺に煮え湯を浴びせた」


実力・家柄共に優れた、ヒーローとなる素地を全て持って生まれたきた彼だが、その人生は決して幸福なものではなかった。
長らくNo2ヒーローに甘んじてきたエンデヴァーは、オールマイトを超えさせるため「都合の良い個性を持っていること」だけを理由にを選び、誕生したのが焦凍だった。
結果として強力で優れた2つの能力を持って生まれたものの、父親には道具扱いされ、遊ぶことや他の兄弟たちと関わることすら制限され、当時5歳だった焦凍が泣いても吐いても虐待に近い特訓を施し続けられた。止めようとしたものの逆に暴力を振るわれてだんだんと精神を病んでいった母親には、ある日熱湯を浴びせられて顔の左半分に火傷を負うことになる。(この時、「焦凍の左側が時折とても醜く思えてしまう」「育てられない、育ててはいけない」という内容の電話を廊下にいた焦凍に聞かれたこと、焦凍が戸口から覗かせたのが顔の左側だったこと、手元に熱湯が入ったヤカンがあったなど、複数の条件が重なった故の衝動的な事件だった)この事件で彼の母親はエンデヴァーによって精神病院に隔離され、それ以降、母を苦しめておかしくした父を強く恨むようになった。
そんな壮絶な幼少期を過ごした彼がヒーローを目指す理由はただ一つ。父親の炎の力を一切使うことなく、母の個性でNo1ヒーローになる事で、父であるエンデヴァーを「完全否定」することだった。



轟焦凍:オリジン



「君の!力じゃないか!」


しかし、雄英体育祭で出久と対決し、そのストレートな思いをぶつけられる中で、彼もまた自分の原点を思い出す。かつての母にかけられた「なりたい自分になっていい」という言葉と自分の本当の夢を思い出し、以降は「自分の力」として父の個性にも向き合うようになった。






体育祭以降



「たとえ望まれてなくたって、救け出す」


後に病院に入院している母に十年ぶりに会いに行き、再び母子関係は修復する。休みの日には母親の見舞いに行くようになった(なお、合宿前に1-Aメンバーで買い物をする計画が上がった際も「休日は見舞いだ」と断っている)。小説版にその様子が描かれているため、読むことをお勧めする。
仮免補講が始まってから、寮生活となったこともあり以前よりも見舞いに行ける頻度が少なくなったが、筆まめに手紙を送っている。

職業体験ではエンデヴァー事務所へ向かい、それまで見ようとしなかった父の「ヒーローとしての姿」に目を向けようとするなど改善傾向が見られた。
だが、長年の確執は根深く、仮免許試験では夜嵐イナサから父と同一視された事が切っ掛けで、前述したミスとそれに伴う不合格へと繋がり、同じく落ちた爆豪やイナサらと仮免補講を受けることとなった。
とはいえ、その後イナサやエンデヴァーはそれぞれ自分なりに彼に接しようと模索しており、轟の方も素っ気ない態度ではあるが拒絶はせずに接している。ただ、エンデヴァーからのメールは既読スルー。

個性

轟け


個性:『半冷半燃』
右で凍らせ左で燃やす温度も範囲も未知数!!作者公認の公式チートである。

その発動速度や範囲、威力は既に学生の範疇を遥かに超えており、作中では「ビルを一棟丸ごと凍らせる」、「ドームを超える高さの氷を瞬時に形成」などと、その規格外ぶりを遺憾なく発揮している。ピンポイントな氷結などの細かい制御も可能だが、長らく封じていた炎は氷に比べるとコントロールが甘い。

個性を片方だけ長時間使用すると体温に影響が出て、体の動きが鈍くなるという欠点がある。ただし炎と氷を適度に使い分けることでこの欠点を解消可能。父・エンデヴァーが個性婚にこだわっていたのはこの性質のためである。
また、林間合宿での圧縮訓練を経て、の同時使用も可能となった。

その一方で、相澤ステインからは「(個性が強力すぎるが故に)挙動が大雑把」であることが指摘されている。
比較的得意としている氷に関しても、「氷結で相手の動きを封じる」、「氷塊で道や壁を作る」といった単調な使い方に留まるシーンが多い。
また、その破壊力・殺傷能力の高さゆえに、狭い地形や保護対象のいる場面では個性をある程度セーブする必要があり、同じ雄英生やプロヒーロー相手には対応されるケースもある。
轟本人曰く、氷結で先手を取ることが身体に染み付いてしまっていて、炎を使えば有利になった場面でうまく対応できなかったこともある。

コスチュームは白のカッターシャツに白のズボンとシンプルで戦闘服としての特徴は少ない。は白のブーツ。また、背中に背負うような形で板状のアーマーのようなものがついている。また、左半身がで覆われたかのようなアーマー(もしくは個性による氷)で覆われている。ステイン編からコスチュームが変化し、全体的には紺色の、左側も使えるデザインになった。

なお、『空想科学読本』で有名な柳田理科雄氏は、『空想科学「理科」読本』(大和書房)にて「今まで創作物でぞんざいにされてきた『を奪って捨てる』ことが描写された数少ない低温系の能力描写」と、珍しく絶賛していた。

必殺技


穿天氷壁(がてんひょうへき)
氷結の能力を使い広範囲を一気に凍らせる技。圧倒的大質量の氷を作り出す。
初使用は体育祭。不意打ち気味に瀬呂が攻撃してきたのを物ともせず逆に拘束、相澤たち含むプロヒーローと会場全員の度肝を抜いた。


僕のヒーローアカデミアすまっしゅ!!

突っ込むこともなく、どちらかというとボケ担当…?。
半冷半燃を新感覚として好意的に感じた女子達に変な会が結成される他に、一部のヴィランに改心させる影響を与えた(本人は無自覚)。

本編と同様に父親を嫌悪しているが、体育祭の心の地雷では「お父さん大好き!!」と衝撃の本音が暴露され、真っ先に意気消沈し最初の犠牲者となった。
この回以降「父」のワードに敏感となり、「倒産」を「父さん」と聞き違えたり、ヒーローショーの出久と勝己の親子シーンでは感涙した。

関連イラスト

半冷半燃
ヒロアカログ


:オリジン
なりたい自分


無題
轟焦凍



関連タグ

僕のヒーローアカデミア
緑谷出久 爆豪勝己 飯田天哉 八百万百 オールマイト
轟家エンデヴァー(父・轟炎司)、轟冷(母)、轟燈矢(長男)、轟冬美(長女)、轟夏雄(次男)、轟焦凍(三男)

キレネンコ 間黒男:「顔と髪の色が違う事」で似ている
フレイザード:「ダイの大冒険」の敵幹部。同じく半冷半燃の存在。
黒神くじら/名瀬夭歌:「めだかボックス」の登場人物。同じく熱と冷気をあやつる。
オッドアイ

コンビ・グループタグ

路地裏組 奪還組

pixivに投稿された作品 pixivで「轟焦凍」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44557529

コメント